世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - (4) 日本大賞審査部門 トロフィー賞の作品紹介(その3)

 2月13日の午後、「世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - 」(2/07~14)を見に行ってきました。  日本大賞審査部門でトロフィー賞を受賞した作品の投稿、その3回目です。今回は、通路の右側に展示された作品の続きです。  なお、トロフィー賞の最高位は「日本大賞」、続いて、優秀賞、優良賞、奨励賞、トロフィー賞の順となります。 < 奨励賞 > パフィオペディルム・マーチャン エンペ…

続きを読む

埼玉県花と緑の振興センターにて(5) 東園にて②  ツバキの色々(綾川絞、白露錦、唐獅子、赤腰蓑、日本の誉、元日、玉川、太郎冠者)、ファレノプシス ‘キャサリン’ & セイヨウオキナグサなど

 2月10日、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。  今回はシリーズ最終回で、東園で見たツバキの紹介です。 ツバキ 綾川絞(あやかわしぼり) 濃い紅地に白斑、八重、牡丹咲き~獅子咲き、中輪(9cm) ツバキ 園芸種名不詳 ツバキ 白露錦(はくろにしき) 淡桃地、紅吹掛小絞、八重、抱咲き、中・大輪。江戸古種 …

続きを読む

世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - (3) 日本大賞審査部門 トロフィー賞の作品紹介(その2)

 2月13日の午後、「世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - 」(2/07~14)を見に行ってきました。  日本大賞審査部門でトロフィー賞を受賞した作品の投稿、その2回目です。今回は、通路の左側に展示された作品の続きと、右側に展示された作品の一部です。  なお、トロフィー賞の最高位は「日本大賞」、続いて、優秀賞、優良賞、奨励賞、トロフィー賞の順となります。 < 奨励賞 > リンコレ…

続きを読む

埼玉県花と緑の振興センターにて(4) 東園にて① マンゲツロウバイ、サザンカ(花大臣、富士の峰、勘次郎、マソティアーナ・ルブラ、大和錦、鳴海潟、七福神、紅雀、獅子頭)

 2月10日、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。  今回は、西園から一般道路を渡った先の東園で見た花などの紹介で、ロウバイとサザンカの色々です。 マンゲツロウバイ(満月蝋梅) ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木 ソシンロウバイから選抜された品種で、川口市内の園芸業者による命名 花弁が丸みを帯び、濃い黄色。枝が柔らかく、枝物として…

続きを読む

世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - (2) 日本大賞審査部門 トロフィー賞の作品紹介(その1)

 2月13日の午後、「世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - 」(2/07~14)を見に行ってきました。  今回から日本大賞審査部門でトロフィー賞を受賞した作品の投稿を始めます。作品の紹介は、通路の左側に展示された作品を手前から、その後、通路右側に展示された作品を手前からとします。  審査対象は、洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など、あらゆる蘭で、花や株そのものが審査されます(花以外の部位を鑑賞の対…

続きを読む

埼玉県花と緑の振興センターにて(3) 梅園にて③(八重冬至、簾の内、宮の浦、都錦、緋桜、鴇の羽重、寒衣、未開紅)、ツバキ & ヒメリュウキンカ、ローズマリー

 2月10日、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。  今回は梅園で見たウメの色々、その3回目です。 小高いところから見た梅園(近くを東京外環自動車道路が通っている) 振興センターの敷地は崖線の上まで続いています 八重冬至(やえとうじ) 野梅系・野梅性、白、八重、中輪。   今回、一番の花付き 簾の内(みす…

続きを読む

世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - (1) 「オーキッド・ゲート」から「幻想の蘭夜」へ & 「日本大賞2024受賞作品」

 2月13日の午後、行こうか行くまいかさんざ迷いましたが、意を決して「世界らん展2024 - 花と緑の祭典 - 」(2/07~14)を見に行ってきました。新型コロナの関係もあって、4年ぶりです。  会場は、東京ドームシティプリズムホールで、東京ドームと比べ、かなり狭くなっていました。当日券を買うのに60人ほどの列があり、入口に入るまでが数分、更に、日本大賞審査部門のトロフィー賞作品が並ぶエリア…

続きを読む

埼玉県花と緑の振興センターにて(2) 梅園にて②(入日の海、守の関、芳流閣、野梅、未開紅、翁、月影筋入、守の浦、養老、花香美、筑紫紅、月宮殿、八重松島、八重緑萼、小梅) & フクジュソウ

 2月10日、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。  今回は梅園で見たウメの色々、その2回目です。  梅の木に添えられた真新しい名札には「バラ科アンズ(旧サクラ)属」としてありました。アンズ属からサクラ属になったと記憶しているのですが、再度変更になったようです。 梅園の様子です 入日の海(いりひのうみ) 豊後性、淡淡紅、大…

続きを読む

埼玉県花と緑の振興センターにて(1) ウメ、ツバキ、フクジュソウ、サザンカ、ソシンロウバイ、シナマンサク & 梅園にて①(一重寒紅、紅冬至、紅鶴)

 ネタ切れ間近になってきたので、2月10日に、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。  早く到着しようと高速道路を選んだのですが、予想外の大渋滞で、10時50分頃やっと到着(想定より30分以上延着)。3連休の初日だったからでしょうか。センター事務所前の駐車場に車を止め、先ずは、事務所前の花木から撮影を開始しました。 ウメ ‘夫婦枝垂’ …

続きを読む

水戸市植物公園にて(5) 熱帯果樹温室で見た花など & 蟹蟹パーティ

 2月3日、2年ぶりに水戸市植物公園に行ってきました。  今回はシリーズ最終回で、観賞大温室とは別棟の「熱帯果樹温室」で見た花などを投稿します。 熱帯果樹温室の入口 内部の様子 サイパンレモン  初見です ミカン科ミカン属の常緑低木。和名はキクチレモン。中国で発見された メイヤーレモン(レモンとスイートオレンジの交雑種)の枝変わり品種 昭和15年、故菊池雄二氏が…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(10) フラワーデザインコンテスト(ブライダルブーケの部、フローラルアクセサリーの部)

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  今回は「フラワーデザインコンテスト」に出品された作品の中で、ブライダルブーケの部と、フローラルアクセサリーの部から優秀作品を紹介します。 ブライダルブーケの部 < 金賞 ・ 農林水産省農産局長賞 > 「想いを重ねて」  佐藤年子さん(栃木県) 喜びや悲…

続きを読む

水戸市植物公園にて(4) 観賞大温室で見た花(その4) & 人間ドック

 2月3日、2年ぶりに水戸市植物公園に行ってきました。  今回は、観賞大温室で見た花などの続きを投稿しています。 パボニア・インテルメディア アオイ科ヤノネボンテンカ属の常緑小低木。原産はブラジル 赤いのは苞。花弁はその中の暗紫色で、花柱が飛び出している ペトレア・ヴォルビリス クマツヅラ科ペトレア属の常緑つる性低木。西インド諸島~ブラジル北部原産 房状に咲く青紫の…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(9) フラワーデザインコンテスト(アレンジメントの部)

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  今回は「フラワーデザインコンテスト」に出品された作品の中から優秀作品を紹介します。出品部門は、アレンジメント、ブライダルブーケ、フローラルアクセサリーの三部門です。出品者は、関東東海地域1都11県の花のデザイナーで、皆さん、その道のプロフェッショナルですから、見事なも…

続きを読む

水戸市植物公園にて(3) 観賞大温室で見た花(その3)

 2月3日、2年ぶりに水戸市植物公園に行ってきました。  逆回りで歩いた、観賞大温室で見た花などの続きを投稿していますが、今回は「花の回廊」に入ります。 ツタスミレ(蔦菫) スミレ科スミレ属の常緑多年草。オーストラリア、マレー半島などに分布 別名:ツルスミレ、タスマニアビオラ。流通名:パンダスミレ 大好きな花なのでトップにしました ルリハナガサ(瑠璃花笠) キツネノマゴ…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(8) 花の品評会④ (続)切枝・切葉の部、観賞葉物の部、花苗の部、一般鉢物の部

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  「花の品評会」に出展された切り花や鉢物展示から、各部門ごとに特別賞コーナーと平台展示も含めて、優秀作品を紹介しています。今回はその4回目で、切枝・切葉の部の続きから紹介します。 花の品評会 (続)切枝・切葉の部 桜 「河津桜」 ピンク (神奈川県) < …

続きを読む

水戸市植物公園にて(2) 観賞大温室で見た花(その2)

 2月3日、2年ぶりに水戸市植物公園に行ってきました。  今回は、逆回りで歩いた、観賞大温室で見た花などの続きを投稿しています。 ドンベア・ウォリッキー(ドンベア・ワリッキー) アオイ科ドンベア属の非耐寒性常緑低木。原産はマダガスカル諸島 「花の滝」の向かい側で、一房だけ。ここの株は葉が大きいです タッカ・シャントリエリ ヤマノイモ科タッカ属の多年草。原産はインド北東部~…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(7) 花の品評会③ 洋らんの部、一般鉢物の部、切枝・切葉の部

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  「花の品評会」に出展された切り花や鉢物展示から、各部門ごとに特別賞コーナーと平台展示も含めて、優秀作品を紹介しています。今回はその3回目で、洋らんの部から紹介することとします。 花の品評会 洋らんの部 ファレノプシス 「CL909F」 白・赤 (埼玉県) …

続きを読む

水戸市植物公園にて(1) 屋外の花 & 観賞大温室で見た花(その1)

 2月3日、妻と2年ぶりに水戸市植物公園に行ってきました。  園のHPの展示・イベント案内で、この日から植物館でクリスマスローズ展が開かれると知って見に行ったのですが、窓口で「植物館がまだ工事中で、ここで行われる昨年11月から今年3月までの行事が全て中止」となったことを知りました(帰宅後、HPをチェックしたら、昨年9月付の工事中のお知らせをクリックし、更に画面内の記述をクリックしないと、諸行事…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(6) 花の品評会② (続)バラの部、球根切花の部、一般切花の部

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  「花の品評会」に出展された切り花や鉢物展示から、各部門ごとに特別賞コーナーと平台展示も含めて、優秀作品を紹介しています。今回はその2回目で、バラ部門の続きから紹介することとします。 10部門の品評会に出展された作品 一番奥まで、恐らく90m位だと思います …

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(5) 花の品評会① カーネーション、キク、バラ

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  今回から、会場スペースの6割くらいを使った「花の品評会」に出展された切り花や鉢物展示を紹介します。  関東東海地域1都11県の花の生産者が育てた自慢の切り花や鉢物等が約2,000点出品され、その品質と商品性を競います。出品部門は、カーネーション、キク、バラ、球根切花…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(4) ジャパンフラワーセレクション受賞品種③ & 日本種苗協会の展示

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  今回は、前回に引き続き、ジャパンフラワーセレクション受賞品種の続きと、一般社団法人日本種苗協会の展示を紹介しています。 ジャパンフラワーセレクション受賞品種紹介(ラスト) 一般財団法人日本花普及センターによると、このコンテストの受賞作品は、まだ流通量が少ない新し…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(3) ジャパンフラワーセレクション受賞品種②

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  今回は、前回に引き続き、ジャパンフラワーセレクション受賞品種の色々を紹介しています。 ジャパンフラワーセレクション受賞品種紹介(その2) キク「セイ リワインドサン」 2018年ジャパンデザイン特別賞     イノチオ精興園(株) バラ「ベ…

続きを読む

上野東照宮ぼたん苑にて(6) 冬ぼたんの色々(その6)

 1月18日、上野東照宮のぼたん苑に「冬ぼたん」を見に行ってきました。  前回に続き、苑内の風景と冬ぼたんの色々を投稿しています。意外に品種が多かったので、6回も続けてしまいましたが、今回が最終回です。これで高い入苑料の元が取れたかな(笑)。  なお、品種名の後に※が付いているものは、初見です。 藁ぼっちと五重塔 紀子の舞(きこのまい) ※ 中輪の千重咲き、黄色を含む白花で…

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(2) 産地紹介コーナー、花の装飾展示、ジャパンフラワーセレクション受賞品種①

 1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。  当番県の茨城県による特別展示「いばらき花街道」に続いて、産地紹介コーナーに入りました。ここには、関東東海地域11の都府県による、特産の花やオリジナル品種、花のイベントなどが紹介されています。  昨年までは、広い展示会場の壁際でしたが、今回は半分のスペースに減らされて…

続きを読む

上野東照宮ぼたん苑にて(5) 冬ぼたんの色々(その5)

 1月18日、上野東照宮のぼたん苑に「冬ぼたん」を見に行ってきました。  前回に続き、苑内の風景と冬ぼたんの色々を投稿します。なお、品種名の後に※が付いているものは、初見です。  今回で最終回にするつもりでしたが、まだ紹介したい品種があるので、もう1回続きます。 藁ぼっちを被った冬ボタンと、上野東照宮の五重塔 オーロラ ※ カタカナ名だが、日本で作出された品種。詳細不明 …

続きを読む

第72回「関東東海花の展覧会」にて(1) 展覧会の概要と特別展示「いばらき花街道」

 今朝の地震、いきなり縦揺れでビックリしましたよ。震源は東京湾の地下80Kmだそうで、こちらは震度3でした。  1月27日、池袋サンシャインシティで開催された第72回「関東東海花の展覧会」(1/26~28)を今年も見に行ってきました。会場で開催される「フラワーアレンジメント教室」に参加する妻と一緒です。  この展覧会は、花に対する理解を深め、一層の花の消費拡大を図ることを目的として、関東…

続きを読む

上野東照宮ぼたん苑にて(4) 冬ぼたんの色々(その4)

 1月18日、上野東照宮のぼたん苑に「冬ぼたん」を見に行ってきました。  前回に続き、苑内の風景と冬ぼたんの色々を投稿します。なお、品種名の後に※が付いているものは、初見です。 苑内の装飾です(ボタンの生花、竹と松、そして、ネコヤナギのようです) 藁ぼっちを被った冬ぼたん オモトや水仙にも藁ぼっち 社(やしろ) 詳細不明 千代の舞(ちよのまい) …

続きを読む

サンシャインシティ世界のらん展2024(第63回全日本蘭協会洋らん展)にて(8) 特別展示「カタセタム属と仲間たち」

 1月6日、池袋サンシャインシティで開催された世界のらん展2024(第63回全日本蘭協会洋らん展)を見に行ってきました。  今回は、会場入口を入って正面奥に展示された、特別展示「カタセタム属とその仲間たち ~タケノコ蘭のイロハから最新状況まで」を紹介します。 タケノコ蘭(Catasetinae)とは  落葉したバルブ(茎が大きくふくらんでいる部位)がタケノコに似ていることからタケノコ蘭…

続きを読む

上野東照宮ぼたん苑にて(3) 冬ぼたんの色々(その3)

 1月18日、上野東照宮のぼたん苑に「冬ぼたん」を見に行ってきました。  前回に続き、苑内の風景と冬ぼたんの色々を投稿します。なお、品種名の後に※が付いているものは、初見です。 ぼたん苑から。塀と灯篭越しに上野東照宮の五重塔が見えます 花 魁(おいらん) ※ 松本農園作出。花魁の簪をイメージした命名 花付が非常に良い千重・中輪の抱え咲き。樹高が低いコンパクトな品種 …

続きを読む

サンシャインシティ世界のらん展2024(第63回全日本蘭協会洋らん展)にて(7) 平台展示作品から

 1月6日、池袋サンシャインシティで開催された世界のらん展2024(第63回全日本蘭協会洋らん展)を見に行ってきました。  今回も、平台に展示された作品の中から、ちょっと気になった作品を紹介します。 平台展示の様子(全日本蘭協会会員の皆さんの出展作品) デンドロビウム・ファーメリ ペタロイド アルバム ‘ヘシング’ Den. farmeri fma. petaloid-album…

続きを読む