新宿御苑にて 2022年12月(1) 新宿門から温室へ

 12月20日、1年ぶりに新宿御苑の温室に行ってきました。主な目的は、温室の植物と新宿御苑のランコレクションを見るためでしたが、今回は新宿門から温室までの写真です。  なお、温室に入る前にカメラを寒い外気に晒したくないので、写真はスマホでの撮影です。 新宿門(このあたりはイチョウの黄葉がまだ残っていた) カエデの紅葉は、枯葉があるものの、透過光ではまだ綺麗に見える …

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(6) 特別企画「冬の華・サザンカ」展にて(カンツバキ群その2)

 12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の、特別企画「冬の華・サザンカ」(~来年1月29日まで)を見に行ってきました。  今回はカンツバキ群に分類されているサザンカの色々その2です。 カンツバキ群の展示(ビニールハウス内) カンツバキ群の特徴(再掲)  中部地方に古木が多い「獅子頭」(関東地方では「寒椿」と呼ばれます)がもとになって作られたもので、真冬に八重…

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(5) 特別企画「冬の華・サザンカ」展にて(カンツバキ群その1)

 12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の、特別企画「冬の華・サザンカ」(~来年1月29日まで)を見に行ってきました。  今回はカンツバキ群に分類されているサザンカの色々その1です。 展示の様子(東屋前) カンツバキ群の特徴(掲出のプレートから引用)  中部地方に古木が多い「獅子頭」(関東地方では「寒椿」と呼ばれます)がもとになって作られたもので、真冬に八重…

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(4) 特別企画「冬の華・サザンカ」展にて(サザンカ群その3)

 12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の、特別企画「冬の華・サザンカ」(~来年1月29日まで)を見に行ってきました。  サザンカは、東屋の周囲と、東屋の左手にあるビニールハウス内ての展示です。  今回もサザンカ群に分類されている江戸サザンカの続きと、同じく肥後サザンカです。 サザンカ群(再掲)  秋から冬にかけて、一重~二重の花を咲かせます。大輪花も多く、…

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(3) 特別企画「冬の華・サザンカ」展にて(サザンカ群その2)

 12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の、特別企画「冬の華・サザンカ」(~来年1月29日まで)を見に行ってきました。  サザンカは、東屋の周囲と、東屋の左手にあるビニールハウス内ての展示です。  今回もサザンカの内、サザンカ群に分類されている品種の紹介ですが、江戸サザンカや肥後サザンカも含みます。 サザンカ群(再掲)  秋から冬にかけて、一重~二重の花を咲…

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(2) 特別企画「冬の華・サザンカ」展にて(サザンカ群その1)

 12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の、特別企画「冬の華・サザンカ」(~来年1月29日まで)を見に行ってきました。  サザンカは、東屋の周囲と、東屋の左手にあるビニールハウス内ての展示です。  今回はサザンカの内、サザンカ群に分類されている品種の紹介ですが、その前に、植物苑で頂戴したチラシから「サザンカ各品種群の主な特徴」を纏めた表を紹介します。 サザンカ各品…

続きを読む

くらしの植物苑にて_2022年12月(1) 肥後菊の色々

 右目の白内障手術のため、しばらくご無沙汰しました。経過は良好とのことです。その間に、Biglobeからseesaaへの移行も無事終了しました。ついては、今回から投稿を再開いたしますので、よろしくお願いします。  手術前の12月10日、千葉県佐倉市にあるくらしの植物苑に、現在開催中の特別企画「冬の華・サザンカ」を見に行ってきました。  11月に古典菊を見に行ったときにはまだ未開花状態だっ…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて_2022年12月(その4) 温室の花たち(その3)など

 12月4日に夢の島熱帯植物館に行ってきました。  今回は温室で見た花の続きです。 木立性ベゴニア ‘ピンクフレックス’ シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の園芸種 セントポーリア イワタバコ科セントポーリア属の非耐寒性の多年草 原産はケニア南部とタンザニア北部の山地。和名はアフリカスミレ グズマニア パイナップル科グズマニア属の常緑多年草(着生植…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて_2022年12月(その3) 温室の花たち(その2) & 「クリスマスを彩る植物展」(その2)

 12月4日に夢の島熱帯植物館に行ってきました。  今回は温室で見た花と、「クリスマスを彩る植物展」の続きを投稿します。サガリバナが落ちずに残っていたのはラッキーでした。 ブッソウゲ(仏桑花、扶桑花、仏桑華) アオイ科フヨウ属の熱帯性常緑低木。いわゆるハイビスカスの原種のひとつ 原産は中国南部ともインド洋諸島とも言われるが、よく分っていない ウナズキヒメフヨウ(頷き姫芙蓉)…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて_2022年12月(その2) 「クリスマスを彩る植物展」(その1) & 温室の花たち(その1)

 12月4日に夢の島熱帯植物館に行ってきました。  今回から、ロビーから温室へと続く通路に展示された「クリスマスを彩る植物展」(12月25日まで)で見た植物と、温室内の花などを投稿します。 「クリスマスを彩る植物展」(その1)  キャッチフレーズは、「クリスマスと名の付く植物から冬のガーデニングを彩る植物まで、冬の人気者が大集合」でした。 ポインセチア(トウダイグサ科) 熱帯植物…

続きを読む

夢の島熱帯植物館にて_2022年12月(その1) 屋外の花など

 12月に入り、ぐっと寒さを感じるようになったので、4日(土曜日)に夢の島熱帯植物館に行って、暖まってきました。  今回は新木場駅から徒歩で向かいましたので、昨年の東京オリンピックでアーチェリー場だった広場から、植物館の温室を撮ってみました。白い的が写っていますが、どこかの団体がアーチェリーの練習に来ていたようです。  受付を抜けると、前庭の東側にはハロウィーンのお化けカボチャがまだ残っ…

続きを読む

JOGA秋の洋らんフェア2022にて(5) 出展作品の色々(その3) カトレア類の色々

 11月25日、昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「2022年 JOGA秋の洋らんフェア」(11/25~27)を見に行ってきました。  今回はシリーズ最終回、カトレア類の色々を紹介します。 カトレア・トリアネ ‘タリモⅡ’  C. trianae 'TarimoⅡ' コロンビアの海抜1500~2000mの雲霧林に分布する着生種 大塚初枝さん カトレア・ワルケリア…

続きを読む

JOGA秋の洋らんフェア2022にて(4) 出展作品の色々(その2) & 遅咲きの十月桜

 11月25日、昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「2022年 JOGA秋の洋らんフェア」(11/25~27)を見に行ってきました。  今回も、平台展示の中で気になった花を紹介します。 展示の様子(外は明るいが、展示物は照明が殆ど効いていない) ロシオグロッサム・グランデ Rossioglossum grande 中米のチアパスからコスタリカまでの地域に自生する…

続きを読む

JOGA秋の洋らんフェア2022にて(3) 出展作品の色々(その1)

 11月25日、昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「2022年 JOGA秋の洋らんフェア」(11/25~27)を見に行ってきました。  今回は、平台展示の中で気になった花を紹介します。 展示の様子 東西の大きな窓は明るすぎで、展示物は暗く感じてしまう バンダ・セルレア  Vanda coerulea 和名はヒスイランで、青や網目模様の花が多いが、これはピンク…

続きを読む

JOGA秋の洋らんフェア2022にて(2) 優秀作品の紹介(その2) & メダル審査認定作品など

 11月25日、昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「2022年 JOGA秋の洋らんフェア」(11/25~27)を見に行ってきました。  今回は、優秀作品その2の紹介と、メダル審査認定作品などの紹介です。 < ホワイトリボン賞 ・ 中藤洋蘭園賞 > リンコレリオカトレア・インセクト ウイング Rlc. Insect Wing 'Jyunko' SBM/JOGA Rlc. …

続きを読む

JOGA秋の洋らんフェア2022にて(1) 優秀作品の紹介(その1)

 11月25日、昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「2022年 JOGA秋の洋らんフェア」(11/25~27)を見に行ってきました。 この日は快晴、正面奥が花みどり文化センター。ケヤキの紅葉が綺麗 洋らんフェアのチラシです(裏面=右側は来春の洋らん展告知) 洋らんフェア会場の入口です(いつもより奥まった所)  受付の女性に伺うと、今回の出展は例年の半分くら…

続きを読む

第44回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(4) 嵯峨菊、七本仕立て、巴錦、こけし仕立て、ダルマ仕立て、福助仕立て

 11月18日、湯島天神の菊まつりを今年も見に行ってきました(会期は11月1日から22日)。今回は、本殿裏回廊の左端に展示された嵯峨菊や七本仕立てなど、そして、本殿の右側や、夫婦坂の階段を上ったあたり に並べられた作品の紹介です。 嵯峨菊や七本仕立て 嵯峨菊 優等首席 文京区観光協会会長賞 嵯峨の誇 嵯峨菊 優等二席 たちばな 七本仕立 優等首席 農山漁村文化協会会長賞…

続きを読む

第44回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(3) 盆養の部(一文字、掴み、競技花、厚走り、厚物、太管、間管、細管)

 11月18日、湯島天神の菊まつりを今年も見に行ってきました(会期は11月1日から22日)。今回は、本殿裏の回廊に並べられた盆養(3本仕立て)の紹介です。 本堂裏の回廊には 盆養 が部門別に並べられていました 盆養 一文字・掴みの部 盆養・掴み 優等首席 冨山の雲 盆養・一文字 優等二席 岸の北極光 盆養 競技花の部 盆養・競技花・管物 優等首席 国華…

続きを読む

第44回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(2) 盆栽仕立て、切り花仕立てなど

 早いもので、今日から師走ですね。昨日、来年のカレンダーを買ってきました。  11月18日、湯島天神の菊まつりを今年も見に行ってきました(会期は11月1日から22日)。今回は、菊人形の左手(唐門を入った所)に展示された、盆栽仕立てや切り花仕立ての紹介です。 盆栽仕立て 地植え盆栽 優等首席 全日本菊花連盟会長賞 地植え盆栽 優等二席 石付き盆栽 優等首席 実行委員長…

続きを読む

第44回湯島天神菊まつり(文京菊まつり)にて(1) 盆庭、千輪咲き、懸崖、菊人形など

 11月18日、湯島天神の菊まつりが今年も開催中と知り、見に行ってきました(会期は11月1日から22日)。地下鉄千代田線湯島駅から近いのですが、坂道か階段を上らなくてはなりません。今年は男坂の階段を上りました。 天神石坂(別名:天神男坂) 社殿の正面にある銅鳥居(東京都指定有形文化財) 青銅製で寛文7年(1667年)に創建され、寛文11年(1671年)修理された 菊ま…

続きを読む

くらしの植物苑にて(7) 苑内で見た花(ノコンギク、ツワブキ、ヒイラギ、ツクバトリカブトなど)や実、紅葉(黄葉)など

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に行ってきました。  今回はシリーズ最終回で、苑内で見た花や実、紅葉(黄葉)などです。 ノコンギク(野紺菊) キク科シオン属の多年草。本州〜九州の山野で普通に見られる 花期は8〜11月。花径は約2.5cm ツワブキ(石蕗) キク科ツワブキ属の多年草。中部以西の本州、四国及び九州に分布 花期は10~12月、…

続きを読む

くらしの植物苑にて(6) サザンカの色々(2) カンツバキ群のサザンカ、カンツバキ & くらしに関連した花や実

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に行ってきました。  今回は前記事に続きサザンカの紹介ですが、カンツバキ群に分類されているサザンカの紹介です。後半は、苑内で見た花や紅葉です。 カンツバキ群の特徴(掲出のプレートから引用)  中部地方に古木が多い「獅子頭」(関東地方では「寒椿」と呼ばれます)がもとになって作られたもので、真冬に八重や獅子咲きなどの華やかな花を…

続きを読む

くらしの植物苑にて(5) サザンカの色々(1) サザンカ群のサザンカ

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に行ってきました。  古典菊の展示と共に、東屋の裏側にはサザンカが展示されていました。また、苑内でも何種類かのサザンカが咲いていました。  サザンカは、サザンカ群、カンツバキ群、ハルサザンカ群に分類されますが、今回はサザンカ群の紹介です。 サザンカ群の特徴(掲出のプレートから引用)  秋から冬にかけて、一重~二重の花を咲か…

続きを読む

くらしの植物苑にて(4) 古典菊の色々(その4) 奥州菊、肥後菊 & サフラン、ミナロバータ

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。今回は、奥州菊と肥後菊の紹介です。 奥州菊(大掴み)とは(苑のリーフレットから引用)  江戸時代の末頃から、奥州八戸地方で盛んに栽培された大菊の系統です。  外側の管状の走り弁を周囲に長く伸ばし、内側の花弁は両手できつく掴んだように巻き、何段にも力強く盛り上がって咲きます。厚物の変化系で、大…

続きを読む

くらしの植物苑にて(3) 古典菊の色々(その3) 丁字菊、江戸菊

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。今回は、丁字菊や江戸菊の紹介です。 丁字菊とは(苑のリーフレットから引用)  江戸時代に盛んに栽培されていた菊で、外周に平弁の舌状花が伸び、中心の筒状花の花弁が大きく発達して盛り上がって咲きます。この盛り上がった形が、香料の丁字(クローブ。フトモモ科の植物)の花に似ていることから名づけられまし…

続きを読む

くらしの植物苑にて(2) 古典菊の色々(その2) 嵯峨菊②、伊勢菊 & 食用菊

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。  今回の前半は嵯峨菊の続きで、くらしの植物苑で作出した嵯峨菊を紹介します。そして、後半は、伊勢菊の紹介です。 黄金のかがやき(歴嵯-2) 歴嵯-3(実生) 錦糸卵(歴嵯-4) 佐倉の彗星(歴嵯-5) 愛の点滅(歴嵯-6) 歴嵯ー14 …

続きを読む

くらしの植物苑にて(1) 古典菊の色々(その1) 嵯峨菊①

 11月12日、佐倉市にある国立歴史民俗博物館のくらしの植物苑に古典菊などを見に行ってきました。この日は土曜日だったためか、一般道は渋滞が多く、片道3時間近くかかってしまいました。  見に行くのが昨年より12日早かったためか、肥後菊は殆ど咲いていませんでしたが、嵯峨菊、江戸菊、伊勢菊、奥州菊、丁字菊の5種類と、苑内の植物などを撮ってきました。最近、花撮影用に、中古のマクロ・ズームレンズを入手し…

続きを読む

龍王峡にて 虹見の滝と峡谷の紅葉

 11月5日、日光植物園を出た後、日塩もみじライン(国道19号線)を走ることも考えたのですが、その手前にある龍王峡に立寄って帰ることにしました。龍王峡に行ったのは2014年の秋でしたから、8年ぶりです。  11月16日の記事で、カメラが故障してサブカメラで撮影したと書きましたが、サブカメラのバッテリーも無くなってしまい、この記事の写真は全てiPhonで撮ったものです。 龍王峡パーキングに…

続きを読む

秋の日光植物園にて(6) 紅葉の色々 & 花(アキノキリンソウ、ノコンギグ、マルバノキ)

 11月4日からの1泊旅行の2日目、日光植物園に行ってきました。  園内で見た花や実、紅葉などを投稿していますが、今回はその最終回です。  通御橋からは敷地の北側の散策路を通って、出口に向かいました。 ドウダンツツジ(灯台躑躅)の紅葉 ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木。年数ものの2株です 太陽が顔を出したので、見事な紅葉でした カエデの紅葉 樹種は不明 実験室前の芝生…

続きを読む

秋の日光植物園にて(5) 園内の紅葉 & リュウノウギク、シラヤマギク、カキツバタ、シンワスレナグサ、ブナ林など

 11月4日からの1泊旅行の2日目、日光植物園に行ってきました。  園内で見た花や実、紅葉などを投稿していますが、今回はその5回目です。 園内の紅葉(7) 大谷川沿い リュウノウギク(竜脳菊) キク科キク属の多年草。いわゆる野菊の一種。日本固有種 花期は10~11月。花径は2~2.5cm。名札がありました シラヤマギク(白山菊) riverさんとなおさんから…

続きを読む