埼玉県花と緑の振興センターにて(2) 梅園にて②(入日の海、守の関、芳流閣、野梅、未開紅、翁、月影筋入、守の浦、養老、花香美、筑紫紅、月宮殿、八重松島、八重緑萼、小梅) & フクジュソウ

 2月10日、川口市安行にある「埼玉県花と緑の振興センター」に早咲きのウメの花などを撮りに行ってきました。
 今回は梅園で見たウメの色々、その2回目です。
 梅の木に添えられた真新しい名札には「バラ科アンズ(旧サクラ)属」としてありました。アンズ属からサクラ属になったと記憶しているのですが、再度変更になったようです。

梅園の様子です
IMG_5295.JPG

入日の海(いりひのうみ)
豊後性、淡淡紅、大輪。一重、2月上旬~3月中旬
IMG_5268.JPG

守の関(もりのせき)
詳細不明
IMG_5263.JPG

芳流閣(ほうりゅうかく)
野梅系・野梅性、白色、中~大輪、一重、野梅性では最大輪。芳流閣は、滝
沢馬琴の「南総里見八犬伝」に登場する架空の建築物で、物見やぐらを言う
IMG_5273.JPG

野梅(やばい)
詳細不明。これは原種系でしょうか
IMG_5276.JPG

未開紅(みかいこう)
野梅系・野梅性、紅、八重、抱え咲き、中輪
IMG_5282.JPG

(おきな)
野梅系・野梅性、白色・中輪、2月中旬~3月上旬
枝や葉に白斑が入る。盆栽にも利用される
IMG_5285.JPG

月影筋入(つきかげすじいり)
野梅系・青軸性、白、一重咲き、中輪
IMG_5287.JPG

守の浦(もりのうら)
淡桃、八重、中輪(23mm)
IMG_5293.JPG

養老(ようろう)
野梅系・野梅性、薄紅色、中輪、一重、群馬県でよく栽培される
IMG_5297.JPG

花香美(はなかみ)
野梅系・野梅性、薄紅色、中輪、八重、花も実(25g前後)も楽しめる
IMG_5304.JPG

筑紫紅(つくしこう)
野梅系・野梅性、薄紅色・中輪、八重咲き。抱え咲き。2月中旬~3月中旬
少し結実する。     梢が高くて、ピントが合いませんでした
IMG_5306.JPG

月宮殿(げっきゅうでん)
野梅系・野梅性、乳白、八重、抱え咲き、大輪
IMG_5309.JPG

フクジュソウ(福寿草)
梅の木の列と列の合間に植えられていました
IMG_5315.JPG

八重松島(やえまつしま)
野梅性、淡紅、大輪~中大輪、八重、花弁はわずかに白く縁取る
IMG_5318.JPG

八重緑萼(やえりょくがく)
八重咲き・中輪・白花。 野梅系青軸、野梅から変化した原種に近い花梅
IMG_5287.JPG

小梅(こうめ)
詳細不明。小さい実がなる梅のことらしい
IMG_5327.JPG
 2024年2月10日撮影。

(つづく)

この記事へのコメント

  • イッシー

    色んな品種名があるんですね~。
    多すぎて良く分からないというのが正直なところ。
    梅の里の住民なのにね~。笑
    2024年02月15日 12:39
  • もこ

    こんなに沢山の品種があるとは驚きです。
    とても覚えられない
    見分けられない( ^ω^)・・・
    綺麗なことはよくわかるもこです。
    2024年02月15日 14:33
  • river

    狩野幸之助著「ウメ」1924には339品種が載せられていますが今は2百数十種ぐらいでしょうか。野梅系が過半数を占めるようです。
    日本にはウメの原種の自生はありませんから「野梅」は中国の中部山岳地帯に自生する原種に近い品種ですね。枝は細く葉も小型なので盆栽に使われています。
    小梅は家に以前「甲州小梅」というのがありました。実は小型でカリカリ梅に利用していました。
    2024年02月15日 16:03
  • nobara

    名札の付いてる梅、ありがたいですね🌸
    そんなに頻繁に属が変わるのですか?
    バラ科アンズ属とは@@
    ウメ属でもよさそうですのにね。
    素人にはそこのところはよくわかりませんが。
    アンズは大好きなので嬉しいですが。
    豊後系などアンズそのモノですもんね。
    野梅系(やばいしょう)緋梅系(ひばいしょう)豊後系(ぶんごしょう)
    花梅は👆に分類されるんだそうですね。
    芳流閣は小金井公園の梅林にもあります。
    緑萼のお花が好きなんですよーーー
    小梅というと甲州系が有名です。カリカリ小梅も食べたい。
    フクジュソウは梅林に植えられてる事が多いです。
    府中の郷土の森でもそうです。相性がいいのかしら?
    2024年02月15日 17:57
  • 長さん

    🚩 イッシーさん、コメントありがとうございます。
    梅の園芸種は300数十種類あるといわれていましたが、今では絶えているものが沢山あるそうです。詳細不明と書いたものは、既にネットにも出てこない品種です。
    2024年02月15日 19:06
  • 長さん

    🚩 もこさん、コメントありがとうございます。
    ここには130種類の梅があって、そのうち早咲き種50だそうです。似たような花があるので、名札が取れてしまったら、専門家でも品種を確定するのは困難でしょうね。
    2024年02月15日 19:09
  • 長さん

    🚩 riverさん、コメントありがとうございます。
    狩野幸之助著「ウメ」をお持ちですか。それでは、色々な品種の詳細が分りますね。私はWEBで3つほど梅図鑑をブックマークしていますが、それに出てこない品種がいくつもあります。
    「甲州小梅」というのはWEBに出てきますが、それがこの「小梅」と同じものかどうかは分りませんでした。
    「甲州最小」という品種を取り上げているWEB図鑑はあります。
    2024年02月15日 19:27
  • 長さん

    🚩 nobaraさん、コメントありがとうございます。
    殆どの梅に名札が付いているのですが、無いものもありました。名札はあるものの、ネットで検索しても該当なしの品種もあります。
    ウメの分類は、このセンターのHPにはAGP体系ではアンズ属、エングラー体系ではサクラ属となっているんですがねー。
    ネットでは、甲州小梅という商品名が出てきますが、これが飲酒名なのかどうかはどこにも出てこないのですよ。甲州最小という品種名はあるそうなのですが・・・。
    ウメ(早咲きから遅咲きも含め)とフクジュソウ、開花期が同じだからじゃないですかね。
    2024年02月15日 21:58
  • なおさん

     梅も雅な名前があれこれ付いていますね。優しげな風情も良いものです。陰暦2月は梅見月とも呼ばれますが、日ごとに咲いて良い感じになってきますね。
    2024年02月15日 22:24
  • eko

    ウメの種類は膨大ですね。見覚えのある名前や初めて見る花、様々あります。
    私の好きな「花香美」が咲いていますね。「養老」は安八百梅園の開花標準木になっています。そろそろ見に行こうかと思っています。
    「守の浦」は初見ですが、いい花色ですね。
    2024年02月15日 22:53
  • ミキ

     ウメもたくさんの種類があるのですね。
    それぞれに立派な名前がついていますね。
    花も一輪一輪違っていて香りが届くようです。
    中でも素朴な風情の野梅が好きです。
    原種系で、もともとはこの花から
    品種改良されたのでしょうか。(^^♪
    2024年02月16日 00:01
  • yoppy702

    梅は、バラ科サクラ属(or スモモ属)と思ってました。
    Wikipediaにもサクラ属で載ってたので、そうやと思ってました。
    植物分類の属って良く変わるんですね。(^^ゞ
    梅は、130品種以上と書かれてましたので、さすが、知らない品種が多いです。
    入日の海って、綺麗な名前やし、花姿からイメージできますね。
    月影に筋入って品種もあるんですね。
    フクジュソウ、イイなぁ~(^^)
    毎年、見たい花なんですが、今年は、未だ、お目に掛ってません。
    2024年02月16日 00:20
  • すーちん

    おはようございます

    青空に映えますねー^^
    紅色も
    全体的にと部分的にと
    違いが面白いですね

    2024年02月16日 08:52
  • 長さん

    🚩 なおさん、コメントありがとうございます。
    ウメに品種名が付けられたのは江戸時代からなのでしょうね。
    花香美なんて、文字で書いてあるから良いですが、そうでなけらば鼻紙を連想してしまいます。
    2024年02月16日 11:58
  • 長さん

    🚩 ekoさん、コメントありがとうございます。
    「花香美」、お好きですか。花も香りも良いのですかね。
    「養老」は開花標準木になっていますか。遅咲き品種ですから、これが咲き出したら全ての品種が咲き揃うということなのですかね。
    2024年02月16日 12:04
  • 長さん

    🚩 ミキさん、コメントありがとうございます。
    多くの品種は江戸時代に作出されたようですから、当時の人達の感性で付けられた名前が多いのではないかと思います。
    ウメは中国から伝わってきたとされていますが、その渡来時期はよく分っていないそうです。品種改良は江戸時代から盛んに行われてきたそうですよ。
    2024年02月16日 12:11
  • 長さん

    🚩 yoppy702さん、コメントありがとうございます。
    ウメの分類方法が変わったのか、それとも、古い名札をそのままの内容で新しくしたのか、よく分りません。ここのHPにはAGPでバラ科サクラ属としてあるのですがねー。
    月影筋入りは、銘かと言われる月影の枝変りと思われます。
    フクジュソウは遅咲きの梅が咲く頃まで咲き続けるから、取り合わせた良いのでしょう。
    2024年02月16日 12:26
  • 長さん

    🚩 すーちんさん、コメントありがとうございます。
    この日は快晴だったので、花が綺麗に撮れましたよ。ただ、梢が高い品種もあって、持参のレンズでは上手く撮れないものがありました。
    2024年02月16日 12:29