秋の日光植物園にて(5) 園内の紅葉 & リュウノウギク、シラヤマギク、カキツバタ、シンワスレナグサ、ブナ林など

 11月4日からの1泊旅行の2日目、日光植物園に行ってきました。
 園内で見た花や実、紅葉などを投稿していますが、今回はその5回目です。


園内の紅葉(7) 大谷川沿い
NKP2211_166.JPG
NKP2211_165.JPG

リュウノウギク(竜脳菊)
キク科キク属の多年草。いわゆる野菊の一種。日本固有種
花期は10~11月。花径は2~2.5cm。名札がありました
NKP2211_169.JPG

シラヤマギク(白山菊)
riverさんとなおさんからご指摘があり、リュウノウギクに訂正します
NKP2211_173.JPG

園内の紅葉(8) 大谷川沿い
NKP2211_167.JPG
NKP2211_174.JPG

ガマズミ(莢蒾)の実
ガマズミ科ガマズミ属の落葉低木。実の径は3~5mm
NKP2211_176.JPG

ナンブアザミ(南部薊)の花後
キク科アザミ属の多年草。花期は8~10月
NKP2211_185.JPG

園内の紅葉(9)
NKP2211_186.JPG

カキツバタ(燕子花、杜若)
アヤメ科アヤメ属の多年草。愛知県の県花。準絶滅危惧(NT)
花期は5~6月なのに、なぜ今頃?
NKP2211_188.JPG

シンワスレナグサ(真勿忘草)
ムラサキ科ワスレナグサ属の多年草。ヨーロッパ原産
別名:ワスレナグサ。最近は増えすぎて、整理しているそうです
NKP2211_189.JPG
NKP2211_190.JPG

園内の紅葉(9) 通御橋と田母沢川
NKP2211_195.JPG
NKP2211_194.JPG
NKP2211_193.JPG

ブナ林
NKP2211_201.JPG
NKP2211_200.JPG

イヌブナ(犬橅)の黄葉
ブナ科ブナ属の落葉高木。日本のみに分布(岩手県花巻市以南、四国、九州)
名の由来はブナより材質が劣ることから。別名:クロブナ(樹皮の色から)
NKP2211_197.JPG
NKP2211_198.JPG
 2022年11月5日撮影。

 次回も、日光植物園で見た、花や紅葉を投稿します。
(つづく)

この記事へのコメント

  • river

    美しい紅葉が続きますね。
    リュウノウギクはこちらの山でもよく見かけます。アワコガネギクと同じ菊葉なのですぐに分かります。
    シラヤマギクは鋸歯のある長葉で花茎は茶褐色です。こちらの山ではごく普通に見られます。どうも雰囲気が違います。
    2022年11月20日 12:52
  • なおさん

    いい感じに色付いていますねえ。僕も昨日武蔵丘陵親臨公園のカエデ見本園など見てきました。もうばっちりのもありましたが、まだ緑のものも多く、見ごろは12月半ばころまで続きそうです。
     リュウノウギクはいいですよね。僕も昨日見ました。シラヤマギクは武蔵丘陵森林公園でもおなじみですが、茎が伸び、花は小ぶりですから、画像のはリュウノウギクかと見受けました。

     カキツバタの戻り花が見られるのも面白いです。シンワスレナグサもこの時期に咲くのがあるのですねえ。
    2022年11月20日 13:18
  • イッシー

    今日の写真も素敵ですね~。
    しっとりした紅葉の中で見られる草花も見事です。
    2022年11月20日 14:27
  • eko

    しっとりとした紅葉、本当に綺麗ですね。いい時期に行かれましたね。
    ノギク類の見分けは難しいですね。リュウノウギク可愛いです。
    カキツバタが咲いているとは驚きますね。シンワスレナグサが増えすぎて困るなんて贅沢な悩みですね。
    ブナ林は保護されて造られた林なんですね。自然林が伐採によって自然体形が崩れてしまうのは問題ですね。
    2022年11月20日 16:07
  • nobara

    大谷川沿いの紅葉??綺麗ですね。
    リュウノウギクは葉っぱで見分けられますね。
    香りが嗅げれば、いいのでしょうが。
    このガマズミ、少し寂しい感じです。
    先日四万で見たたオオミヤマガマズミは実がたわわでした。
    カキツバタ、結構この時期咲くようです。
    ほかでもそういう話が出ていました。
    この湿地? 勿忘草が群生していますよね。
    シンワスレナグサなんですね。
    新ではなく真なんですね。\(◎o◎)/
    ブナの林も楽しいですね。
    2022年11月20日 17:27
  • 信徳

    大谷川沿いの紅葉はシットリ感もあって本当に綺麗ですね。
    小菊では悩まない事にして小菊はコギクで行きましょう(笑)。
    カキツバタが何で今頃????
    ワスレナグサの外来種はシンワスレナグサと言うのでしょうか?
    2022年11月20日 19:02
  • 無名子

    こんばんは!
    色鮮やかな紅葉素敵ですね (^o^)
    ガマズミの赤い実も鮮やか、紅葉した葉と写そうと狙ってます。
    カキツバタの返り咲き、素敵ですね、得した気分です。
    2022年11月20日 19:04
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    殆ど人がいない園内で紅葉を見ながら散策するのは良い気分でした。
    シラヤマギクは名札の前で咲いていたので、確かめもしないでそのまま書いてしまいました。早速、リュウノウギクに訂正しました。ご指摘、ありがとうございました。
    2022年11月20日 21:05
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    冒頭の紅葉もやはり大谷川沿いの園路でした。
    武蔵丘陵森林公園のカエデ見本園も良いですよね。ライトアップも見に行ったことがありますよ。
    シラヤマギクは名札の前でした。菊には弱いのでそのまま載せましたが、やっちゃいましたね。ご指摘、ありがとうございます。
    カキツバタは返り咲きする性質があるんでしょうね。
    ここのシンワスレナグサ、いつ行っても咲いているんです。
    2022年11月20日 21:11
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    こんなに綺麗な紅葉が見られるのなら、見物人の多い東照宮なんかに行かなくて良かったですよ。
    2022年11月20日 21:13
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    混んでいる東照宮で紅葉を見るより、この静かな園内で紅葉を見た方がずっと良かったですよ。
    キク科は苦手なので、名札の通りに書いたら、失敗してしまいました。
    シンワスレナグサ、割合広い湿地帯で、良く日が当たる場所なので蔓延ってしまったようです。
    種の保護や環境保全も植物園の使命なんですね。
    2022年11月20日 21:27
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    今回の紅葉写真が一番綺麗だったかもね。
    シラヤマギクは名札の前だったので、確認もせずに載せてしまい、失敗しました。
    ガマズミは日当たりが悪いせいか、実も少ないし、小さいですね。
    カキツバタ、返り咲きする性質があるのですね。
    植物園のHPにはシンワスレナグサ(別名ワスレナグサ)としてありました。園芸種ではなく本物ですよと言うことらしいです。
    ブナ林の育成は植物園の使命を果たしていますね。
    2022年11月20日 21:35
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    1,2枚目の紅葉、これが一番綺麗だったかも。
    名札の前に咲いていたので、シラヤマギクとしましたが、確認すべきでした。
    カキツバタは返り咲きする性質があるらしいです。
    ここのシンワスレナグサは、園芸種ではなく、真の(本物の)という意味のようです。
    2022年11月20日 21:42
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    今回の紅葉が一番綺麗だったかも。
    ガマズミの実はちょっと貧弱ですね。日当たりが悪いせいか、紅葉もまだでした。
    カキツバタ、ちょっと驚きました。
    2022年11月20日 21:43
  • yoppy702

    今回の紅葉も素晴らしいなぁ…
    毎回思いますが、色がメッチャ綺麗です。
    それに、ここの木はデカイようなので、見ごたえがありますね。

    ナンブアザミの花後、イイですね。
    こんなん好きなんです。(^^ゞ
    カキツバタにビックリ。(^^)

    ブナ林、綺麗ですね。
    案内板見て、ビックリです。
    1973年に採った種を育苗して、定植して、今に至るってスゴイ作業ですね。
    それが、こんな立派なブナ林になるんやから、ご苦労されたんでしょうけど、報われたという感じですね。
    2022年11月21日 01:01
  • すーちん

    おはようございます
    ブナ林いいですねー
    都内でも
    昔は家の近くにブナ林が
    ありました
    2022年11月21日 08:31
  • 長さん

    yoppy702さん、コメントありがとうございます。
    この日光植物園は、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(通称「小石川植物園」)の分園で、1911年(明治44年)に現在地へ移転しました。ですから、塩那に樹木もそれなりに大きくなっています。
    カキツバタ、返り咲きする性質があるのでしょう。
    全国的に減っているブナ林、こういう形で、知ってもらうのは良いことですね。
    2022年11月21日 10:32
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    都内でもブナ林がありましたか。全国で、これに倣ってブナ林が復活されると良いですね。
    2022年11月21日 10:34
  • コスモス

    紅葉が綺麗ですね。
    白い菊は区別が難しいですね。
    カキツバタが咲いているとは珍しいですね。
    ワスレナグサは名前が気に入っていますが、
    最近は増えすぎて整理の対象ですか。
    2022年11月22日 10:49
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    シラヤマギクは名札の前だから、調べもせずに名前を書いちゃいました。
    カキツバタ、返り咲きする性質があるらしいです。
    カキツバタもそうですが、広い湿地で、日当たりが良いので、シンワスレナグサも繁殖には良い環境なのでしょう。
    2022年11月22日 12:11
  • ろこ

    素敵なもみじの風景と
    庭園のお写真が続いていますね。
    素敵です!
    紅葉の下に咲く草花たちも素敵です。
    2022年11月23日 23:57
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    ここは植物園ですから、庭園のように樹形などの整形はされていませんが、自然の紅葉と共に、秋の花があちこちで見られましたよ。
    2022年11月24日 09:22

この記事へのトラックバック