稲田、ヒマワリ、トウモロコシ、パンパスグラス、アメリカフヨウ、ヤナギハナガサ

 久しぶりに、江戸川近くの田園地帯に行ってみました。気温は30℃くらいですが、適度に風があり、とても爽やかでした。

 大型連休中に田植えが終わったので、2ヵ月ちょっと経った稲田です。風が吹き渡り、波紋のように白っぽくなっているのがお分かり頂けるでしょうか。


江戸川近くの稲田
F2207_175.JPG
F2207_176.JPG

 予想通り、背の高いヒマワリがいくつも咲いていました。品種は分りませんが、多分3種類です。

ヒマワリ1
F2207_160.JPG
F2207_163.JPG
ヒマワリ2
F2207_165.JPG
F2207_167.JPG
ヒマワリ3
F2207_168.JPG
F2207_169.JPG

トウモロコシ
雄花
F2207_172.JPG
雌花(髭しかみえませんが)
F2207_171.JPG

 帰り道、新築住宅の門前にパンパスグラスが・・・。個人宅では珍しい。


パンパスグラス
イネ科シロガネヨシ属の多年草。南米原産。和名はシロガネヨシ(白金葦)
雌雄異株で、花穂の白い雌株が好まれる
F2207_157.JPG
F2207_158.JPG

アメリカフヨウ(亜米利加芙蓉)
アオイ科フヨウ属の多年草。北アメリカ原産の改良種
草丈は1.5mほどで、花径は15~20cmくらい
アメリカフヨウの葉は幅広で切れ込みは浅い
F2207_154.JPG
風のお陰で、全開した写真が撮れた
F2207_153.JPG
こちらはピンクの花
F2207_156.JPG

ヤナギハナガサ(柳花笠)
クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草。南アメリカ原産の帰化植物
別名:三尺バーベナ、バーベナ・ボナリエンシス
F2207_177.JPG
F2207_180.JPG
 2022年7月10日撮影。

 都合により、コメント欄を閉じています。
 訪問が遅れることがあります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック