井頭公園花ちょう遊館の高山植物館にて(5) ハクサンオミナエシ、ハクサンフウロ、トカチフウロ、ルリトラノオ、エゾトウウチソウ、カライトソウ、ナンブトラノオ、コマクサ

 7月20日に訪れた、栃木県井頭公園花ちょう遊館の高山植物館で見た花を投稿しています。
 冒頭のハクサンオミナエシは野反湖の付近で見て以来、2度目の出会いでした。記事末には、高山植物の女王と呼ばれるコマクサが登場します。


ハクサンオミナエシ(白山女郎花)
オミナエシ科オミナエシ属の多年草。花期は7~8月。花径5mm
東北地方から北陸地方の山地の岩場に生える。別名:コキンレイカ
普通のオミナエシと比べると小振り(草丈20~50cm)
IMG_5872.JPG
IMG_5875.JPG

ハクサンフウロ(白山風露)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。本州(中部地方以北)に分布
エゾフウロの変種。花期は7~8月。花径2.5~3cm。フウロは、夏、花についた
朝露が風に揺れる様を例えたもの。ハクサンは石川県と岐阜県にまたがる山
IMG_5858.JPG
IMG_5857.JPG

トカチフウロ(十勝風露)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。北海道~東北地方に分布
北海道の中央高地に多い。花期は6~8月。花径2.5~3cm
チシマフウロ(花色は淡紅紫色)の1品種で、花色が淡い(淡青紫色)
IMG_5894.JPG
IMG_5896.JPG

ルリトラノオ(瑠璃虎の尾)
オオバコ科ルリトラノオ属の多年草
岐阜県の揖斐川町(旧春日村)と滋賀県の伊吹山の山頂部に自生
花期は7月下旬~8月。別名:イブキルリトラノオ。絶滅危惧II類(VU)
IMG_5877.JPG
IMG_5880.JPG

シラタマノキ(白玉の木)の実
ツツジ科シラタマノキ属の常緑小低木。中部以北の亜高山帯以上に分布
別名:シロモノ(同属のアカモノの果実は赤く、これは白い果実だから)
花期は7~8月。花径は5mmほど。実の径は1cmほど
IMG_5883.JPG
IMG_5884.JPG

エゾトウウチソウ(蝦夷唐打草)
バラ科ワレモコウ属の多年草。花期は6~8月。花穂の長さは10~20cm
北海道の山地で、湿気のある岩場などに自生する、北海道固有種
絶滅危惧IA類(CR)。花穂はカライトソウに似ている
IMG_5890.JPG
IMG_5892.JPG

カライトソウ(唐糸草)
バラ科ワレモコウ属の耐寒性多年草。花期は7~9月。花穂の長さは4~10 cm
中部地方の日本海側(飛騨山脈北部、白山~滋賀県の三国山などに分布
我が家にある寄せ植えのカライトソウもまだ咲いています
IMG_5952.JPG
IMG_5953.JPG

ナンブトラノオ(南部虎の尾)
タデ科イブキトラノオ属の多年草。岩手県早池峰山の蛇紋岩地に特産
花期は7~8月、花穂は円柱形で、長さ1~3cmになる
IMG_5898.JPG
IMG_5900.JPG

コマクサ(駒草)
ケシ科コマクサ属の多年草。日本では北海道から中部地方の高山帯に分布
高山植物の女王と呼ばれる。別名:カラフトコマクサ(樺太駒草)
IMG_5903.JPG
IMG_5902.JPG
 2022年7月20日撮影。

(つづく)

この記事へのコメント

  • 信徳

    こんにちは!
    先日、池の平、高峰高原ではハクサンフウロは見ましたがトカチフウロ見たくても見れません、北海道に行かずに見れるのは良いですね。この時期でもコマクサが見れるのは驚きです。
    2022年07月27日 13:24
  • もこ

    伊吹山に8月行ったのですが
    ルリトラノオを見た記憶がありません
    忘れてしまったのかな?
    シラタマノキ可愛いです
    コマクサはまさしく高山植物の女王の貫禄ですね
    2022年07月27日 15:41
  • river

    ハクサンオミナエシは今年は鬼押出し園で見てブログ紹介しました。今回歩いた長七郎山でも以前であったことがありますが今回は見ませんでした。ハクサンフウロは地蔵岳のものを今日紹介しました。ナンブトラノオはイブキトラノオの花穂を短くしたような形ですね。
    2022年07月27日 17:13
  • 無門

    こんにちは

    山の雰囲気を出しての
    展示方法で
    感じが良いですね
    猛暑の時期に
    清々しさを感じます
    2022年07月27日 18:05
  • 無名子

    こんばんは!
    ハクサンフウロ、可愛いですね~
    ゲンノショウコを始めとするフウロソウ属みな可愛いですよね。
    里で見られるのはゲンノショウコとアメリカフウロぐらいですけど。
    コマクサ、高山植物の女王と呼ばれるだけに、
    ダントツの可愛らしさ、良いですね~ (^o^)
    2022年07月27日 19:35
  • eko

    普通のオモナエシより小振りのハクサンオミナエシもあるんですね。
    ハクサンフウロは可愛いですね。フウロソウ属の花はどれも可愛いです。
    ルリトラノオの花色は綺麗ですね。コロナの感染者が拡大してきて伊吹山へは行こうかどうしようか思案中です。
    高山植物の女王様、コマクサは素敵です。
    2022年07月27日 20:34
  • nobara

    ハクサンオミナエシ、小ぶりなんですね。
    ハクサンの名前を冠したのって多いですよね。
    トカチフウロは初見です
    ルリトラノオ、八島湿原でも見る事がありました。
    シラタマノキ、道東のお山で見ました。
    白もかわいいですね。麦草だとコケモモになるんでしょうが。
    コマクサ、かわいいですね
    2022年07月27日 21:23
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ハクサンフウロをご覧になりましたか。トカチフウロは中部地方には自生地がないですからね。
    コマクサの花期は7~8月ですから、普通に育てても今頃咲かせるのは難しくないと思いますよ。
    2022年07月27日 21:27
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    伊吹山でルリトラノオがご覧になれませんでしたか。伊吹山ドライブウェイのHPには写真が載っているので、自生しているのは確かなようですよ。
    コマクサの自生地ではフェンスで囲ってあったりしますから、間近に見られて良かったです。
    2022年07月27日 21:34
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ハクサンオミナエシの記事、記憶しています。
    ハクサンフウロは花色に濃淡があるようですね。この植物園ではピンクが濃かったです。
    イブキトラノオは伊吹山で見たことがありますが、確かにナンブトラノオより花穂が長いですね。
    2022年07月27日 21:42
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    この植物館は狭いですから、壁面に高原の風景が書いてあると視野が広がる気がします。外は暑かったですが、ここは別世界でしたよ。
    2022年07月27日 21:44
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    ハクサンフウロ、ここのは少し色が濃かったです。フウロソウ属は花色に濃淡が出やすいのでしょうか。
    コマクサの自生地は大抵近寄れないように保護されていますが、ここは手が届く所ですからまじまじと見てきました。
    2022年07月27日 21:47
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ハクサンオミナエシ、花の大きさは同じくらいですが、草丈が低いですね。
    フウロソウの仲間、お好きですか。
    昔、伊吹山に登った事がありますが、山頂付近は濃いガスで、ルリトラノオの花を見るどころではなかったです。イブキトラノオは見ましたが・・・。
    山ならマスクなしでも登れると思いますが・・・。
    2022年07月27日 21:53
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ハクサンオミナエシ、草丈が低いですが、花は同じ大きさでした。白山とか伊吹と名の付く植物は多いですね。
    トカチフウロはココで初めて見ました。
    八島湿原でルリトラノオをご覧になりましたか。自生地ではないので、植えたものですかね。
    シラタマノキ、北海道でご覧になりましたか。私は若い頃、草津白根で見た記憶がありますコケモモは属が違いますね。
    コマクサが間近で見られたのですから、良かったです。
    2022年07月27日 22:08
  • なおさん

    自生地で現地の様子を見る、というのが1番楽しいのですが、諸事情で手軽に山の花を楽しみたい、蝦夷地や高山に行くのはムリ、というひとにはありがたい施設ですよねえ。僕もあちこちガタがきはじめて、もうハードな登山はよした方が良さそうです。

     シラタマノキの実はサロメチール臭がするそうですが、園内の実は採れませんし、山でも採れないところが多いので、なかなか確かめようがないですね。
    2022年07月27日 22:35
  • ジュン

    知らないお花ばかりですが
    どれも可愛いです
    ルリトラノオ綺麗な色です
    流石に「高山植物の女王」のコマクサ
    美しいです
    2022年07月28日 06:32
  • すーちん

    おはようございます
    トラノオといっても
    花の形はそれぞれですね
    園芸種のコマクサ
    細々と咲きます^^
    2022年07月28日 07:48
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    シラタマノキの実はサリチル酸の匂いがしますか。知りませんでした。若い頃は、会社の山行会に所属していて、先輩に連れられて山(といっても本格的登山ではない)に連れて行ってもらいました。先輩から山の花や実は採ってはいけないと指導されていたので、見るだけでした。
    2022年07月28日 09:59
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    山で見る花はルリトラノオのような花色は少ないので、嬉しくなりますよ。
    コマクサを間近に見られるのは、こうした植物園ならではですね。
    2022年07月28日 10:03
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    長い花穂を持つ野草にはトラノオと名が付けられたものがいくつもありますね。
    コマクサを育てていらっしゃいますか。今年は暑いから置き場に困りますね。
    2022年07月28日 10:08
  • ロシアンブルー

    高山植物はどれも魅力的な植物です。そう簡単に見られる
    ことないですからありがたいです。
    お馴染みのハクサンフウロ、山で見かけると風に小刻みに
    揺れる姿を思い出しました。
    何といってもコマクサ、丈は短いけれど存在感のある植物ですね。
    2022年07月28日 10:08
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    ここには日本で咲いている高山植物以外にも、海外の高山植物が咲いており、最盛期には100種類くらいが咲くそうです。
    ハクサンフウロやコマクサを山でご覧になりましたか。現地で見るのが一番ですね。
    2022年07月28日 12:15

この記事へのトラックバック