つくば植物園にて_2022年5月(8) 熱帯資源植物温室でみた花の色々

 5月28日に訪れたつくば植物園で見た花を投稿しています。今回は、サバンナ温室と繋がっている熱帯資源植物温室に入ります。

パッシフロラ・キトリナ
トケイソウ科トケイソウ属の常緑蔓性低木。原産はグアテマラ、ホンジュラス
和名はキバナトケイソウ(黄花時計草)。花径は3~5cm
花弁が細いですが、しべの構造や副花冠はトケイソウの特徴を示しています
IMG_0693.JPG
IMG_0692.JPG

ヘリコニア・ロストラタ(ヘリコニア・ロストラータ)
オウムバナ科ヘリコニア属の常緑多年草。熱帯アメリカ原産
ロブスターのはさみのような、赤と黄色の苞が美しい
IMG_0689.JPG
花は苞の先端に白っぽく見えるもの。苞に比べると地味です
IMG_0690.JPG

ヤスミヌム・レックス(ヤスミヌム・レクス)
モクセイ科ソケイ属のツル性常緑小低木。原産はタイ
筒花の先が8裂し、花径は4~5cm(ソケイ属の中では最大)
ジャスミンの仲間ですが、香りはありません
IMG_0679.JPG

ソブラリア・クサントレウカ
ラン科ソブラリア属の多年草。メキシコやグアテマラ等に分布
花径は9~15cm。カトレアに似た大輪で芳香がありますが、短命です
IMG_0686.JPG

コンロンカ(崑崙花)
アカネ科コンロンカ属の蔓性常緑低木。熱帯アフリカ、アジア、太平洋
諸島原産。白い萼と黄色い花の対比が鮮やか。別名:ハンカチの花
IMG_0688.JPG

クフェア・ヒッソピフォリア
ミソハギ科タバコソウ属の常緑多年草または常緑低木(一年草扱い)
原産は中央アメリカ。和名はメキシコハナヤナギ。別名:クサミソハギ
普通見かけるのは淡赤紫の花ですが、これは白花種です
IMG_0681.JPG

バニラ・プラニフォリアの実
ラン科バニラ属の蔓性植物。原産はメキシコ、中央アメリカといわれる
実は茎と同じくらいの太さ。ここでは人工受粉で実をつけさせている
IMG_0683.JPG

ディクリプテラ・セリケア
キツネノマゴ科ヤンバルハグロソウ属の半常緑多年草。 初めて見ました
日本語のサイトが見当たらず、熱帯や亜熱帯地帯に分布しているらしい
同属に、メキシカン・ライオンズ・イヤーや、ヤンバルハグロソウがある
IMG_0699.JPG
IMG_0698.JPG

ペンタス
アカネ科ペンタス属の低木(多年草)。原産は熱帯東アフリカからイエメン
花が星形に5裂しているので、ギリシャ語の「5(Pente)」が名前の由来
別名:クササンタンカ(サンタンカに似ている草本だから)
IMG_0701.JPG
しべの先が二つに分かれていますね
IMG_0702.JPG

クルシア・ヒラリアナ
フクギ科クルシア属の常緑高木。原産はブラジル東部と北東部
他の植物に巻き付いて枯らしてしまう「締め殺しの木」の一種
雌雄異株で、これは雄株らしい。昨年は種名不詳となっていました
IMG_0708.JPG
IMG_0711.JPG

コスツス・クルビブラクテアツス
オオホザキアヤメ科(←ショウガ科)コスツス属の常緑多年草
原産はコスタリカ・パナマ。赤いのは苞で、黄色い部分がつぼみらしい
葉が渦巻き状に着くので、スパイラルジンジャーという別名がある
IMG_0703.JPG
IMG_0704.JPG
 2022年5月28日撮影。

(つづく)

この記事へのコメント

  • イッシー

    不思議ですよね~トケイソウ。
    何でこんな造形を神はおつくりになったんだろう?
    温室楽しいですね。
    2022年06月07日 12:56
  • もこ

    ヘリコニア・ロストラタ(ヘリコニア・ロストラータ)
    赤と黄色の苞が美しい花ですね
    色々珍しい花を楽しめる熱帯資源植物温室良いですね
    2022年06月07日 15:52
  • eko

    熱帯資源植物温室の植物たちも初見の花が多いです。
    キバナトケイソウは小さめの花でもしっかりトケイソウの姿をしていますね。こんな花姿を見るのは面白いです。
    ヘリコニア・ロストラタの赤と黄色のロブスターのはさみが綺麗です。花はほんと地味ですね。
    クルシア・ヒラリアナは「締め殺しの木」なんて物騒な名前がついていますね。
    2022年06月07日 17:47
  • river

    ヘリコニア・ロストラタはシンガポールの植物園下見たことがあります。まさにトロピカルな花ですね。
    コンロンカはしばらく栽培していたのですが枯れてしまいました。
    2022年06月07日 18:08
  • 信徳

    熱帯資源植物温室になると益々奇妙な花が多くなって来ます。
    見たものも有りますが殆どが初見です。
    黄色いトケイソウも面白いですね。トケイソウの蕊が反転すtることに興味を覚え一昨年シロバナのトケイソウを入手しました。昨年は咲きませんでしたが今年は蕾を沢山つけました、楽しみに開花を待ちます。
    2022年06月07日 19:15
  • 無名子

    こんばんは!
    熱帯の植物、首を傾げてしまうような
    珍妙な物が多いですよね。
    それだけに見ていて飽きません (^o^)
    2022年06月07日 19:36
  • なおさん

    キバナトケイソウは、以前昭和記念公園の花みどり文化センターで緑のカーテンをあれこれ展示した際に、植えられていたのを見たことがあります。

     ヘリコニアを初めて見たのは、改築前の新宿御苑の温室だったと思います。面白い植物ですよね。
     この頃は、コロナ渦もあり、温室に行く機会も減ってきました。温室よりも季節感を出すには野山に行くのが良いですが、野山に行くのもタイヘンですし、ひとそれぞれですよねえ。
    2022年06月07日 19:39
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    しべや副花冠の形が面白いトケイソウは平開する花が多い中で、これは筒花という変わり種なんですよ。
    2022年06月07日 20:52
  • コスモス

    パッシフロラ・キトリナは和名が黄花時計草ですか。
    確かに蕊の構造を見るとトケイソウだと思いますね。
    ロブスターのはさみのような赤と黄色の苞が熱帯ぽく派手ですね。
    やっと知っている名のコンロンカで登場。
    これはハンカチの花ですか。
    ペンタスの蕊は可愛いですね。
    2022年06月07日 20:54
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    ヘリコニア・ロストラタはカラフルな苞で、枯れるまでこの色が残るので、温室展示には向いています。
    季節を変えていくと、初めての花に出会える確率が高いので、温室は楽しいです。
    2022年06月07日 20:55
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    トケイソウはカラフルな苞や副花冠の目立つ花ですが、キバナトケイソウはほぼ一色で、変わり種です。
    ヘリコニアの苞はカラフルなんですが、とても扁平なんです。触った質感は厚手のボール紙を切り抜いてぶら下げたみたい。
    締め殺しの木だけに、属名も「殺しア」です(笑)。
    2022年06月07日 21:00
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ヘリコニア・ロストラタは花の咲いていない時期でも苞がカラフルなので、植物園向きですね。
    コンロンカ、やはり耐寒性が問題ですね。ウォーキングで見たコンロンカは2年でなくなりました。
    2022年06月07日 21:02
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    植物園側も、いつも同じ展示では飽きられてしまうのでは、と言うことで、時々初めて見る植物に出会いますよ。
    何時だったか、朝、トケイソウの前で15分ほど立って見ていたいたことがありますが、しべが反転するところは見る事が出来ませんでした。しかし、触れば反転するので、「やらせ」は簡単です(笑)。
    2022年06月07日 21:07
  • 長さん

    無名子さん、コメントありがとうございます。
    この植物園は温室が多いので、珍しい植物に出会える確率が高いです。屋根付だから、梅雨時でもOK。
    屋根付と言えば、井頭公園の花ちょう遊館も良いですよね。
    2022年06月07日 21:11
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    キバナトケイソウを緑のカーテンにしたのですか。見てみたかったです。
    ヘリコニアはカラフルな苞が長持ちするので、温室展示に向いていますね。
    そろそろコロナも下火になってきたので、自由に出かけられる様になるのが楽しみです。
    2022年06月07日 21:15
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    トケイソウ属には500種以上が存在していますが、漢字表記されるのは、紅花・・・、草・・・、矮鶏・・・、果物・・・、大長実果物・・・、穂咲き・・・、それに、黄花・・・ぐらいでしょう。
    ヘリコニア・ロストラタは苞がカラフルなので、温室の定番展示です。
    コンロンカは白い萼がハンカチみたいに見えますね。ハンカチの木というのもありますが、あれも白いのは苞ですね。
    2022年06月07日 21:26
  • nobara

    黄色の時計草、初めてかもです。
    時計草らしからぬ?雰囲気ですネ。
    黄色はビタミンカラーですからイイですね。
    ソブラリア・クサントレウカも蘭なんですね@@
    コンロンカも不思議な花です。
    黄色の花が可愛いです。ハンカチの花。う~~ん。
    白花のクフェア、お初です@@
    ペンタス、3色、我が家に仲間入りしました。
    案外に強い花です。
    スパイラルジンジャーですか?
    髪の毛がそばだってしまいました。
    ざわざわ~します(^o^)丿
    2022年06月07日 22:54
  • ロシアンブルー

    キバナトケイソウ、黄色い花を始めてみました。
    ロブスターのはさみにそっくりで面白いですね。
    かと思えば絞め殺すなんて言う植物もあって怖いですね。
    楽しくて珍しい植物に出会える熱帯資源植物園はワクワク
    しますね。
    2022年06月08日 00:23
  • ジュン

    トケイソウにもこのような種類があるのですね
    キバナトケイソウ普通のお庭では育たないのかしら
    スパイラルジンジャー
    これもジンジャーなのに我が家とは全然違います
    温室楽しいですね
    2022年06月08日 08:23
  • すーちん

    おはようございます
    絞め殺しの木とは
    人間社会と同じ
    生きていくのは大変^^
    2022年06月08日 08:27
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    キバナトケイソウは今年2度目の登場ですが、印象が薄かったですかね。
    ソブラリア・クサントレウカは草丈が2mにもなる大型の品種です。
    コンロンカ、たまに街中でも見かけますが、耐寒性がないので、冬は室内に取り込まないとなりません。
    クフェアは隣の温室に青紫の品種がありましたが、今回は省略です。
    ペンタスはウォーキングでもよく見かける花です。
    ジンジャーにも変ったものがありますね。
    2022年06月08日 09:32
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    キバナトケイソウは珍しいです。私はここと、とちぎ花センターでしか見たことがありません。温室は珍しい植物が色々あるので楽しいですよ。
    絞め殺しの木、花色もおどろおどろしいですよね。
    2022年06月08日 09:48
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    キバナトケイソウを屋外で見たことはないですが、耐寒温度は5℃までなので、秋から春先まで室内で管理すれば楽しめそうです。
    スパイラルジンジャー、変っていますね。葉が螺旋状に生えるようです。ショウガ科らしくないので、科名が変更になりました。
    2022年06月08日 09:53
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    絞め殺しの木の原産は原産はブラジル東部と北東部ですから、ジャングルの中ですね。そんな中での生存方法が他の植物を利用して上に伸びることだったのですね。
    2022年06月08日 09:56
  • ろこ

    トケイソウは本当にすごい!
    どうしてこのような姿になったのか?
    お花は知らないお花ばかりです。
    知っているのはペンタスぐらいです(=_=;)
    2022年06月10日 00:39
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    キバナトケイソウはトケイソウの中でも変った形をしています。黄色一色というのも珍しい。
    街中でペンタスやよく見かけますね。コンロンカやメキシコハナヤナギもたまに見かけますよ。
    2022年06月10日 09:45

この記事へのトラックバック