晩秋の箱根湿性花園にて(3) キク各種、ワレモコウ、マツムシソウ、カワラナデシコ、ノイバラの実、ノアザミ、タイアザミ、ヤマトリカブトなど

 11月10日に訪れた箱根湿性花園で見た花や紅葉を投稿しています。
 前回は紅葉・黄葉特集になってしまいましたが、今回は花を中心にします。
 キクの色々ですが、見分けには自信が無く、名札に最も近い花を撮りました。

ハマギク(浜菊)
キク科ハマギク属の多年草。一日本固有種日本固有種
茨城~青森の太平洋岸に自生する。花期は9~11月
なおさんから、ノジギク系ではとのご意見を頂きました。感謝
IMG_8096.JPG

ノジギク(野路菊)
キク科キク属の多年草。四国。九州の海岸や崖地に生える
牧野富太郎博士の命名。花期は10~11月。栽培菊の原種の一つ
IMG_8098.JPG

アシズリノジギク(足摺野路菊)
キク科キク属の多年草。四国の海岸や崖地に生える。花期は10~11月
なおさんから、ナカガワノギクらしいとのご意見を頂きました。感謝
IMG_8100.JPG

ナカガワノギク(那賀川野菊)
キク科キク属の多年草。那賀川の川岸岩上に生える。花期は10~11月
なおさんから、ノジキク系のようにも見えるとのご意見を頂きました。感謝
IMG_8102.JPG

ワレモコウ(吾亦紅)
バラ科ワレモコウ属の多年草。日本では、北海道から九州に分布
花期は7~10月。箱根にも自生あり
IMG_8110.JPG

マツムシソウ(松虫草)
スイカズラ科マツムシソウ属の越年草。北海道~九州に分布
日本固有種。花期は8~10月。箱根にも分布あり
IMG_8111.JPG

カワラナデシコ(河原撫子)
ナデシコ科ナデシコ属の多年草。日本では本州以西、四国、九州に広く分布
花期は7~10月
IMG_8114.JPG

サワヒヨドリ(沢鵯)の綿毛
キク科ヒヨドリバナ属の多年草。北海道~南西諸島の草原や湿地に生える
花期は8月中旬~9月中旬。箱根にも多い
IMG_8071.JPG

ノイバラ(野茨)の実
バラ科バラ属の落葉性のつる性低木。北海道~九州の林内に生える
花期は6月上旬~中旬。箱根にも多い
IMG_8073.JPG

ノアザミ(野薊)
バラ科アザミ属の多年草。本州~九州の山野に生える
花期は5~8月。箱根にも多い
IMG_8074.JPG

タイアザミ(大薊)
キク科アザミ属の多年草。ナンブアザミの変種。別名:トネアザミ
花期は8~11月。箱根にも多い
IMG_8103.JPG

ウド(独活)の実
ウコギ科タラノキ属の多年草。日本では北海道から本州、四国、九州に分布
花期は8~9月。径3mmほどの実をつける。箱根にも自生あり
IMG_8166.JPG

仙石原湿原植生復元区の散策路(既に落葉した樹が多い)
IMG_8173.JPG

仙石原湿原植生復元区から見た「仙石原のすすき草原」
丁度見頃の時期だったが、足場の悪い遊歩道なので、今回は断念
IMG_8168.JPG

仙石原湿原区から見た紅葉と、箱根の外輪山
(鉄塔のある山は丸岳。その右に乙女峠、長尾山と続く)
IMG_8172.JPG

オクトリカブト(奥鳥兜)の実
キンポウゲ科トリカブト属;の多年草。北海道(渡島)~本州(北部)に分布
花期は8月。箱根にはない
IMG_8177.JPG

ヤマトリカブト(山鳥兜)
キンポウゲ科トリカブト属の多年草。本州(東北~中部)に分布
花期は9~10月。箱根にも分布あり
IMG_8180.JPG
 11月10日撮影。

 次回は、企画展示の「秋の山野草展」で見た植物を紹介します。
(つづく)

この記事へのコメント

  • イッシー

    白の野菊は識別が難しそうですね。
    仙石原はススキが有名ですね。一度ススキだけですが
    撮りに行ったことがあります。
    2021年11月17日 12:57
  • 信徳

    ハマギク、ノジギク、アシズリノジギクの三つは見ても区別が
    良く分かりません。ナカガワノギクは花弁が多いように感じます。いずれにしても小菊はコギクになりそうです。
    家にあるコンギクとノコンギクの区別だけは分かるように芽出しから開花までチェックしたいと思います。少し進歩しなくっちゃ!
    2021年11月17日 13:16
  • nobara

    ハマギク、ノジギク、アシズリノジギク、
    花のアップだけ見たら、判別不能ですね。
    辛うじてアシズリノジギクの葉は確認できました(^o^)丿
    ナカガワノギク(那珂川野菊)ですが
    徳島県の那賀川なら那賀川野菊、なんでしょうね。
    ノイバラの実はいいですね~ 欲しいです。
    いろいろ使えそうですもんね。
    ウドの実は落ちてしまったのが多いですね。
    湿性花園はすでに落葉してしまってましたか。
    仙石原のススキ、壮観ですね~キラキラ光ってますね。
    ミクミティさんがそこを歩かれたようです。
    2021年11月17日 13:19
  • なおさん

    今日はうちにいますので、この時間にお邪魔します。はじめのハマギクとあるのは、これはノジギク系のものかと思います。僕の記事のハマギクの花と見比べていただけると、違いが分かりますね。
     ナカガワノギクは苗を頂いて育てたことがありますが、川沿いに生えるので増水した際に水の抵抗を減らすために、葉が細長くなっています。個体差はあるかも知れませんが、アシズリノジギクとあるのがそれっぽく、ナカガワノギクとあるのはノジギク系のようにも見えます。アシズリノジギクはうちでも育てていますが、今咲いています。

     ハコネトリカブトというのもあるようですが、ヤマトリカブトやオクトリカブトをご覧になりましたか。カワラナデシコ、マツムシソウ、ワレモコウなど秋草の名残りも趣深いですね。
    2021年11月17日 13:50
  • river

    野菊の識別は難しいです。キク属のものやシオン属のものがあり名前だけでは分かりません。今日、赤城自然園でアワコガネギクとリュウノウギクを見てきましたがこれらは菊葉ですからすぐにキク属と分かりますが家にあるハコネギクやヤクシマノギクなどはキクと名前が付きますがシオン属です。ハマギクは花が違うようですがハマギク属ですね。
    2021年11月17日 16:55
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    箱根湿性花園、なんとか残花が楽しめたようですね。四国は足摺(高知)と那珂川(徳島)で特異なキク科の花が自生しているのですね(゚∀゚)
    晩秋の箱根路、懐かしいところ、見せて頂きました。
    2021年11月17日 17:01
  • eko

    キクは判別不能、コギクで通しています。
    ワレモコウやマツムシソウ、カワラナデシコがまだ見られるんですね。
    ノイバラの実は色々使えそうです。
    ノアザミやタイアザミなどアザミの判別も難しいです。
    トリカブトの実は初めて見ました。まだ咲いている種もあるんですね。
    仙石原のススキ草原は有名ですね。木々は落葉が始まって季節は冬に移っていきますね。
    2021年11月17日 17:30
  • 秋月夕香

    こんばんは。ほんとに菊の種類はよくわかりません。私の中では色わけしているくらいです。
    ここは紅葉もよくすすんでいますね。紅葉には遅いくらいですが、最近は又温かい日がつづいています。小さなお花もまだ元気ですね。
    2021年11月17日 20:43
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    キク科は似たものがたくさんあって、苦手です。
    仙石原のすすき草原に行ったことがありますか。昨年10月に行きましたが、16時過ぎ、日没時の逆光に輝くススキが良かったです。
    2021年11月17日 20:52
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    白い菊は私も苦手で、花だけでは図鑑も見てもよく分らない。ナカガワノギクは花弁が細く、枚数が多いようです。
    コンギクはノコンギクの選抜種でしたよね。
    2021年11月17日 20:56
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    キク科は苦手なので、困ります。
    仰る通り、ナカガワノギクは那賀川野菊と書くのが正しいのですが、湿性花園の名札は何故か那珂川になっていました。
    ノイバラの実、今年は少なかったようです。
    ウドの実は果軸だけが残っている状態もありましたよ。
    仙石原のすすき草原は昨年、ブログアップしたので、今年は無理しませんでした。
    2021年11月17日 21:01
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    キク科は苦手なので、検証もせずにアップしました。ご教示、ありがとうございます。
    ハコネトリカブトは駒ヶ岳に自生しているそうですが、この湿性花園では収集していないようです。
    カワラナデシコや、マツムシソウ、ワレモコウが残っているのは温暖化の影響もあるのでしょうか。
    2021年11月17日 21:08
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    この類いのキクの花は普段あまり見ないので、見分けはあきらめています。
    赤城自然園に行ってこられましたか。アップを楽しみにしています。
    2021年11月17日 21:11
  • 降魔成道

    キク科はとても難しいですね。私には全く見分けがつきませんでした。お山を散歩していると、トリカブトはよく見かけます。
    2021年11月17日 21:15
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    箱根は夜、だいぶ冷え込んできたそうですが、キクは沢山咲き残っていました。ただ、名札の近くまで他の品種が伸びてきているので、同定はあきらめました。
    当初、那珂川野菊と書きましたが、正確には那賀川野菊です。高地と徳島では地質が異なるので、その関係かも知れません。
    2021年11月17日 21:15
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    ekoさんもキク科が苦手ですか。
    ワレモコウやマツムシソウ、カワラナデシコ、アザミなどは、これが最期でしょうね。
    オクトリカブトの実は若いものと、既に実鞘が割れたものが両方見られました。ヤマトリカブトの花が残っていたのはラッキーでした。
    すすき草原は昨年歩いたので、今年はパスしました。
    2021年11月17日 21:21
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    キクは品種が多いし、似た花があるので、私にとっては最も苦手な植物です。いつも見ている品種なら分るのでしょうが・・・。
    箱根は夜冷え込んでいるとのことで、平地と比べるとかなり紅葉が早かったようです。
    2021年11月17日 21:27
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    キク科は、やはり苦手ですか。
    トリカブトは日本に約30種類、そのうち、東北地方には6種類が分布しているそうです。
    2021年11月17日 21:35
  • ロシアンブルー

    一般に野菊と言っている白い花の菊、どれもそっくりで
    正式の名前を聞いてもすぐ忘れてしまいます。
    箱根湿性花園の木々はもう葉が落ちてしまったようです
    が、赤く紅葉した木々も見られ綺麗ですね。
    2021年11月17日 21:45
  • 月奏曲

    菊が全部一緒に見える(;´Д`)
    サワヒヨドリの綿毛可愛いw

    あ~ススキ原がいい感じだったんですねぇ…
    あそこのススキ綺麗ですよねぇ…
    2021年11月17日 22:35
  • うふふ

    菊はみんな同じように見えて、見分けるのはお手上げです。
    なおさんの博識にはいつも驚かされますね。
    何度聞いても覚えられないので、私はみんな「小菊」で済ませているのです。
    遠くに白波が立つようにススキが見えますね。
    仙石原のススキを断念なさったとは残念。
    また次回ですね。
    2021年11月17日 22:52
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    白い菊、どれも同じに見えて困ります。
    既に落葉した木は樹種にもよるのでしょうが、北側に常緑樹がなく、風が強い場所だからかも知れません。
    2021年11月17日 22:55
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    キクが全部一緒に見える。私も同じです。
    綿毛が残っているのはサワヒヨドリだけでした。
    すすき草原は人の背丈以上に伸びたススキが逆行に揺れていると見事ですよね。昨年、記事にしました。
    2021年11月17日 22:58
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    キクの見分けは難しいですよね。なおさんは、昭和記念公園が実施した「緑花文化士」試験に合格され、植物にはかなり詳しい方です。
    仙石原のすすき草原は昨年見に行っているので、今回は足の具合も良くないこともあって、パスしました。
    2021年11月17日 23:04
  • ジュン

    仙石原のすすき草原
    丁度いい時期でしたが断念されて
    良かったのでは。
    菊・・・
    どれも同じに見えます
    区別が全然
    2021年11月18日 06:16
  • 寿々木

    ノジギクよく似てますね。葉で見分けるのでしょうか。ハマギクの花は大きいです。当地植物園に名札つきで咲いてました。
    2021年11月18日 08:09
  • すーちん

    おはようございます
    ハマギくは購入したばかりですが
    花がクッキリとしていて大きいです
    仙石原
    今頃も良いですねー
    2021年11月18日 08:44
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    仙石原のすすき草原の遊歩道は雨に削られ、石ころがゴロゴロしています。昨年、見に行ったので、今回は断念しました。
    キクは難しいです。
    2021年11月18日 09:22
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    今回撮ったキクはどれも似たような種類です。ハマギクではないのも承知ですが、これも植物園の実態なので、あえて投稿しました。
    2021年11月18日 09:25
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ハマギク、お買いになりましたか。それでは、この写真とは違うことがお分かりですよね。
    2021年11月18日 09:26

この記事へのトラックバック