井頭公園の高山植物館にて_21年7月(8) キルシウム、アポイキキョウ、ゲラニウム、ビオラ・カルカラタ、ヤナギラン、メコノプシス、キレンゲショウマ、トリアシショウマ、クリンソウ、プリムラ・ポイソニー、サワギキョウ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその8回目です。
 キルシウム・エリオフォルムという、初めて見るアザミの仲間が咲いていました。日本で見ることができるのは多分ここだけでしょう。


キルシウム・エリオフォルム
キク科アザミ属の二年草。花期は7~9月
ピレネー山脈、アルプス山脈、アペニン山脈などのヨーロッパに分布
IMG_4375.JPG
IMG_4376.JPG

アポイキキョウ(アポイ桔梗)
キキョウ科キキョウ属の耐寒性多年草。北海道アポイ岳特産
草丈5~20cmの矮性キキョウで、アポイキキョウという名は俗称
IMG_4386.JPG

ゲラニウム・レナルディ
フウロソウ科ゲラニウム属の多年草。花期は5~7月。花径は4cmほど
コーカサス地方の山地に分布
IMG_4387.JPG

ゲラニウム・シルバティクム
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。花期は6~8月。ヨーロッパ原産。
IMG_4388.JPG

ゲラニウム・マクロリズム ‘ホワイトネス’
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。花期は7~8月
ヨーロッパ南部原産(ピンクの花)の園芸種
IMG_4431.JPG

ビオラ・カルカラタ
スミレ科スミレ属の多年草。花期は5~8月
アルプス中部の草原に分布。パンジーの原種の一つ
手前に花があり、正面からは撮れなかった
IMG_4392.JPG

ヤナギラン(柳蘭)
アカバナ科アカバナ属の多年草。花期は7~9月。花径3~4cm
高原のややしめった草地に生える。山で群生を見ると見事です
葉がヤナギに似て、花が蘭のように美しいことから名付けられた
IMG_4397.JPG
IMG_4398.JPG

メコノプシス・ベトニキフォリア
ケシ科メコノプシス属の多年草。中国雲南省北西部に分布。花期は6月
今回は白花にしか出会えず。「ヒマラヤの青いケシ」はこの種を指すが、
花色が本当に青いのはメコノプシス・グランディスです
IMG_4407.JPG
IMG_4408.JPG

キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)
アジサイ科キレンゲショウマ属の多年草。花期は8月。花径は0.7~1.3cm
本州(岐阜、奈良、島根、広島)、四国(徳島、愛媛、高知)、
九州(熊本、大分、宮崎)に自生
IMG_4441.JPG

トリアシショウマ(鳥足升麻)
ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。日本固有種。花期は7~8月
北海道、本州の中部地方以北の主に日本海側に分布
IMG_4423.JPG
IMG_4425.JPG

クリンソウ(九輪草)
サクラソウ科サクラソウ属の多年草。花期は4~6月
日本原産(北海道、本州、四国に分布)
IMG_4429.JPG

プリムラ・ポイソニー
サクラソウ科サクラソウ属の半常緑多年草。開花期は夏
中国(雲南省、四川省)の高地の牧草地などに分布。日本では珍しい
IMG_4434_1.jpg

サワギキョウ(沢桔梗)
キキョウ科ミゾカクシ属の多年草。花期は8~9月、有毒植物
北海道、本州、四国、九州の、山地の湿った草地や湿原などに自生
IMG_4438.JPG
IMG_4439.JPG
 7月26日撮影。
 他にも何種類か咲いていたのですが、ピンぼけ写真なので省略しました。
 高山植物館を出て、次は熱帯生態館に向かいます。
(つづく)

この記事へのコメント

  • イッシー

    私だったら、あれはアザミ、キキョウ、フウロソウ、で終わっちゃうんですが微妙な違いが分かるエキスパートにとっては愚かなやつってことになっちゃうんでしょうね。笑
    2021年08月24日 12:49
  • river

    アポイキキョウ、ヤナギラン、キレンゲショウマ、トリアシショウマ、クリンソウ、サワギキョウなどは良く見る花ですがその他は滅多に目にすることは出来ません。家にあるのはキレンゲショウマだけですがすでに花は終盤を迎えました。
    2021年08月24日 15:07
  • 信徳

    植物園で見られる山野草は自然で見られる期間の数倍の
    ものが一度に見られるのが良いですね。クリンソウからキレンゲショウマなど春から夏のものが見られますね。
    2021年08月24日 17:26
  • eko

    高山植物園は珍しい花も展示されて色々見られて良いですね。
    キルシウム・エリオフォルムは初めて見ました。日本のアザミより優しい感じがします。
    ゲラニウムも色々な種類がありますね。白花は初めて見ました。
    キレンゲショウマは一度も実物を見たことがないので見たいです。
    ヒマラヤの青いケシはこの種なんですか。白花なんですね。青花は見られなくて残念でしたね。
    2021年08月24日 18:28
  • なおさん

    アザミはスコットランドの国花ということですから、欧州でもお馴染みの花なのですね。
     アポイギキョウは以前種子をいただいて播いて育てた事があります。冬に播いて、次の夏には咲くほどで、ダブル咲きや絞りなど出ることもあり、面白いですね。
     ヤナギランは美ヶ原で大群生を見たことがありますし、志賀高原や霧ヶ峰、尾瀬、池ノ平などあちこちで見たのを懐かしくおもいだしますね。
    2021年08月24日 19:40
  • 降魔成道

    井頭公園の高山植物館には外国の高山植物もたくさんあるのですね。海外の山ではアラスカのデナリを登ったことがありますが、雪と氷ばかりで花は咲いていませんでした。山頂は断念して標高5000mほどのところで引き返しましたが。サワギキョウは鳥海山にも咲いてますよ。今度写真に収めてこようと思います。
    2021年08月24日 20:37
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    いやー、それが普通じゃないですか。私だって、名札がないと分らないものがたくさんありますから。
    2021年08月24日 21:06
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    今回の在来種は山や高原を歩く人にとってはお馴染みですが、外国産のものとなると、植物園でしか見る事が出来ないものが殆どですね。
    2021年08月24日 21:09
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    この植物館は展示の密度が濃いので、狭いスペースにもかかわらず、植物園並みの品種が揃っています。ブロガーにはありがたい施設ですよ。
    2021年08月24日 21:12
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    高山植物は普通の植物苑でも品揃えがそう多くはありませんから、ここは貴重です。
    キルシウム・エリオフォルム、花は優しい感じですが、やはり萼のトゲは痛かった(笑)。
    フウロソウ属(ゲラニウム属)は品種が多いです。
    キレンゲショウマ、岐阜県も自生地に含まれているので、どこかで出会えると良いですね。
    ヒマラヤの青いケシ、ここは3回目ですが、まだお目にかかれません。
    2021年08月24日 21:25
  • nobara

    ゲラニウム・レナルディ、魅力的ですね。
    ゲラニウム・マクロリズム ‘ホワイトネス’も
    胡蝶みたいでかわいいですね。白がいいですね。
    ビオラ・カルカラタ、原種ですか?
    素朴な感じもイイですね(*^-゚)⌒☆
    ヤナギランは美しいのにパイオニア植物なんですよね。
    花の咲く場所が結構、移動しますよね。
    キレンゲショウマ、心当たりに参りましたが、見られず
    今年は諦めました。9月に予約してましたが(最終チャンス?)
    やはり無理みたいでキャンセルしました。
    なんだか~季節が?混乱します(^o^)丿
    なんでも有り?なんですね。
    2021年08月24日 21:27
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    アザミはスコットランドの国花でしたか。キルシウム・エリオフォルムはヨーロッパ割合広い範囲に自生があるようです。
    アポイキキョウは色違いなどの遺伝子を持っているようですね。
    ヤナギランは群生していると綺麗ですよね。
    2021年08月24日 21:30
  • 月奏曲

    普通にアザミにキキョウとしか見えないw
    あ~確かに【ヒマラヤの青いケシ】の色違いですね

    ゲラニウム・マクロリズム ‘ホワイトネス’…何気にこういう花も園芸種にするんだ
    2021年08月24日 21:33
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    この高山植物館は在来種限定と言うことではないらしく、外国産のものも多く展示がありました。
    高山植物といえども、雪や氷で閉ざされる期間は咲くことが出来ませんね。
    鳥海山のサワギキョウ、9月でも咲いていると思いますよ。
    2021年08月24日 21:33
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    フウロソウ好きなnobaraさんですから、ゲラニウムの色々にも魅力を感じて頂けましたか。
    原種のビオラ、正面から撮りたかったのですが、これ1輪だったもので・・・。
    ヤナギラン、群生しているところがありますが、そう言えば、分布に偏りがありますよね。
    キレンゲショウマ、出会えなかったとは残念ですね。緊急事態宣言も拡大するようだし、9月12日で解除になるとも思えないし、困ったものです。
    ここは年間で花が見られるというのがウリですから、春の花も咲いていました。
    2021年08月24日 21:45
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ヒマラヤの青いケシ、本物はこれだというのですが、やはり青い花を見たいですよね。箱根湿性花園では今年5月、2年ぶりに花が展示されたそうですが、来年はどうなることやら。
    2021年08月24日 21:49
  • 秋月夕香

    おはようございます。長さんのおかげでたくさんのお花にあえています。メコノプシス・ベトニキフォリア~白のけしもステキですね。メコノプシス・グランディス~今年はまだあいにいっていません。がもうおそいかもしれませんね。いつも7月終わりからです。サワギキョウも高山植物、めったにお目にかかれません。有難うございます~♫
    2021年08月25日 06:51
  • すーちん

    おはようございます
    黄色のレンゲショウマ
    群生してるところ
    カメラマン凄いでしょうね^^
    2021年08月25日 07:52
  • mina

    こんにちわ
    キルシウム・エリオフォルム、珍しいですね
    初めて見ました
    ふんわりとしていてこの辺で見るアザミとは
    また違って素敵ですね
    穏やかな感じがします
    ビオラ・カルカラタは綺麗な色ですね
    蒸し暑い日を忘れられそうです
    2021年08月25日 08:32
  • コスモス

    高山植物はいいですね。
    一昨年に見たヤナギランの群生は見事でした。
    メコノプシス・ベトニキフォリアの白花は、ぱっと見シュウメイギクに似ている気がしました。
    キレンゲショウマはこれくらいしか開かないんですよね。
    クリンソウがまだ咲いているとは!!
    よく見るサワギキョウはこの色ですか。
    私は馬場花木園で見るピンクのしか見たことないんです。
    2021年08月25日 09:13
  • ロシアンブルー

    ゲラニュームは外国原産も見られて良いですねピンク系も良い
    ですが白すてきですね。
    ヒマラヤのケシはやっぱりブルーですね。
    トリアシショーマ、花形が鳥足に似ていますが。
    サワギキョウが綺麗に咲いてますね。
    2021年08月25日 09:47
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    青い花の「ヒマラヤの青いケシ」は5月下旬から7月くらいですので、屋外で見られる時期は終わりましたね。
    サワギキョウは高原にでも行かないと自生は見られないで方。
    2021年08月25日 10:07
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    キレンゲショウマ、都内だと高尾山あたりですかね。7月始めに咲き始めるようですが、まだ咲いているでしょうか。
    2021年08月25日 10:11
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    ヨーロッパにもアザミ属は多いようです。ドイツアザミ何というのを聞いたことがあります。スコットランドの国花にもなっているそうです。
    ビオラ・カルカラタ、正面から撮れれば良かったのですが・・・。
    2021年08月25日 10:16
  • 寿々木

    高山植物楽しませてもらいました。カナディアンロッキーをツアーで歩いた時、自生のヤナギランに出会いました。この場所から列車が山のトンネルの出口と入り口から見えたのを思い出しました。トンネルが短く、列車が長いせいでしょう・・・
    上高地温泉ホテル前の花壇にも、人の背丈ほどに伸びた柳ランが咲きます。
    2021年08月25日 10:29
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    一昨年に見たヤナギランの群生は入笠山でしたっけ。私も2015年に御所平峠登山口の付近や入笠すずらん山野草公園で見ましたよ。
    メコノプシス、シュウメイギクに似ていますか。シュウメイギクは花弁に見える部分が萼片なので、厚みがありますが、メコノプシスの花弁は薄いです。
    キレンゲショウマは平開しませんね。湿度があるとこの程度ですが、乾燥しているとこんなに開かないとか。
    クリンソウ、やはり花は痛んでいました。
    サワギキョウの自生種の花はこの色です。赤やピンク、白などの花が咲く品種は、正確には宿根ロベリアで、在来種ではありません。
    2021年08月25日 10:42
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    ゲラニウムは品種が多いですね。
    ヒマラヤの青いケシ、昨年は咲いていたのですが、今回は残念でした。
    トリアシショウマの名の由来は、花や枝ぶりが鳥の足に似ていると言われていますが、枝が3本に分枝し、葉が3枚ずつつく様子を鳥の足に見立てたというのが正解らしいです。
    2021年08月25日 10:53
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    カナディアンロッキーのツアーでヤナギランに逢いましたか。この植物はパイオニア植物だそうですね。
    上高地温泉ホテル前の花壇にも咲いていましたか。20年くらい前なので、私はもう記憶にないです。
    2021年08月25日 10:57
  • ジュン

    貴重なお花が見られたのですね
    キレンゲショウマ
    見たいお花です
    2021年08月25日 11:01
  • 無門

    こんにちは

    高山植物はそれだけで
    すずしい感覚になりますね
    南アルプスでは
    ヤナギランの保存活動も
    やっていますね
    2021年08月25日 11:03
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    貴重、かつ、希少な高山植物が見られました。
    キレンゲショウマ、自生地が少ないですから、植物園が頼りです。
    2021年08月25日 13:42
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    温室でも室温が高くないので、高山植物も涼しげに見えますね。
    南アルプスではヤナギランが減少気味ですか。
    2021年08月25日 13:43

この記事へのトラックバック