井頭公園の高山植物館にて_21年7月(4) エゾルリソウ、ミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリ、クロユリ、エゾノハナシノブ、キンロバイ、シコタンソウ、エゾフウロ、エゾトウウチソウ、レブンサイコ、レブンソウ、リシリヒナゲシ

 7月26日に訪れた、栃木県真岡市にある井頭公園の花ちょう遊館・高山植物館で見た花を紹介しています。今回はその4回目です。
 今回は北海道などに自生する品種を多く並べてみました。その中で、エゾトウウチソウやレブンサイコ、レブンソウは初めて見ました。


エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草)
ムラサキ科ハマベンケイソウ属の多年草。花期は7~8月。花径1~1.3cm
北海道(大雪、夕張、日高山系)の高山の礫地に生える
IMG_4242.JPG
IMG_4241.JPG

ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。花期は7~8月。花径2 cmほど
北海道~中部地方以北の亜高山帯~高山帯に分布する
IMG_4217.JPG
IMG_4218.JPG

ハクサンチドリ(白山千鳥)
ラン科ハクサンチドリ属の多年草。花期は6~8月。花径2cm
本州(中部地方以北)、北海道の亜高山帯~高山帯の草地に生える
IMG_4222_1.jpg

クロユリ(黒百合)
ユリ科バイモ属の多年草。花期は6~8月。花径は3cm
中部地方以北、北海道の高山帯の草地に生える。別名:エゾクロユリ
IMG_4226.JPG

エゾノハナシノブ(蝦夷花忍)
ハナシノブ科ハナシノブ属の多年草。花期は6~7月。花径1.1~1.2cm
北海道、青森県(白神山地)に分布。絶滅危惧II類(VU)、日本固有種
IMG_4228_1.jpg

キンロバイ(金露梅)
バラ科キンロバイ属の落葉小低木、花期は6~8月。花径2~2.5cm
日本では、北海道、本州、四国の亜高山帯から高山帯に分布
絶滅危惧II類(VU)
IMG_4231_1.jpg

シコタンソウ(色丹草)
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草。花期は7~8月。花径1~1.5cm
北海道、本州中部以北の高山の岩礫地、砂礫地、岩上に生育する
別名:レブンクモマグサ
IMG_4244.JPG

エゾフウロ(蝦夷風露)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。花期は6~8月。花径2.5~3cm
北海道、本州(東北地方)の低地~山地の草原に生える
IMG_4238.JPG
↓ 左下は花後の姿
IMG_4239.JPG

エゾトウウチソウ(蝦夷唐打草)
バラ科ワレモコウ属の多年草。花期は6~8月。花穂の長さは10~20cm
北海道の山地で、湿気のある岩場などに自生する、北海道固有種
絶滅危惧IA類(CR)。花穂はカライトソウに似ている
IMG_4249.JPG
IMG_4250.JPG

レブンサイコ(礼文柴胡)
セリ科ミシマサイコ属の多年草。花期は7~8月
北海道の高山帯の岩場や礫地、草原に見られる。絶滅危惧ⅠB類(EN)
IMG_4252.JPG
花が小さすぎて、ピントが合いません
IMG_4254.JPG

レブンソウ(礼文草)
マメ科オヤマノエンドウ属の多年草。花期は6~7月。花径2cm
北海道礼文島の固有種。桃岩展望台や桃岩歩道などで見られる
絶滅危惧IA類 (CR)
IMG_4256.JPG
IMG_4257.JPG

リシリヒナゲシ(利尻雛罌粟)
ケシ科ケシ属の多年草。花期は7~8月。花径2.5~3 cm
北海道利尻山の特産。別名:ミヤマヒナゲシ
IMG_4269.JPG
IMG_4270.JPG
 7月26日撮影。
(つづく)

この記事へのコメント

  • イッシー

    あの場所にこれだけ咲いているんですね~!
    行ったことのない人にはあそこの広さが想像つかないことでしょうね~。笑
    2021年08月16日 12:52
  • サヤ侍

    毎年少なくとも3,4回は行っていた井頭温泉、ここ2年行っておりません。孫らが来ると井頭のプールも行きました。でも花より団子でここは知りませんでした(^^;;
    2021年08月16日 14:01
  • river

    ミヤマキンポウゲはウマノアシガタと同じように見えます。赤城山にはアカギキンポウゲというのがあります。
    ハクサンチドリは尾瀬の冨士見小屋の付近でたくさん見ました。他の山でも見ました。
    クロユリは2回ほど栽培を試みましたが3年目で球根がバラバラになってしまいました。中部山岳のものより北海道産が栽培しやすいと言うのですが夏の暑さに耐えられませんでした。
    エゾトウウチソウは確かにカライトソウに似ていますね。
    キンロバイは尾瀬の至仏山で咲いています。
    2021年08月16日 14:04
  • 信徳

    レブンソウ、リシリヒナゲシなどが真岡で見られるんですね。
    以前真岡にはSLを追って4~5回行ってましたがこんな高山植物が見られるとは知りませんでした、ああ!損したようで残念です(笑)。
    2021年08月16日 15:46
  • eko

    北海道の礼文島や利尻島の固有種も見られるとは素敵ですね。現地までは遠いのでなかなか行けないので良いですね。
    シコタンソウ、可愛いです。
    クロユリは2度ほど乗鞍岳で買ってきたことがあります。環境が違うので駄目とは分かっていても「絶対咲きます」というお店の人の言葉を信じて、1回だけは咲きました。でもそれっきりです。2回も同じ過ちをするなんて、球根を見ると買いたくなってしまって(苦笑)
    2021年08月16日 16:56
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    観賞路を歩くだけなら1分かかるかかからないくらいですから、花の多さには驚きますよね。あと、4,5回位いけそうです。
    2021年08月16日 16:58
  • 長さん

    サヤ侍さん、コメントありがとうございます。
    井頭公園をご存じでしたか。プールのある場所から見ると、池を挟んで反対側、右手奥ですから、ご存じではなかったのも頷けます。
    2021年08月16日 17:01
  • 秋月夕香

    こんばんは。クロユリはひさしぶりにみました。
    小さい頃山奥で一人で見たクロユリと同じです。もう昔々のお話なので記憶はあいましですが、色はこの画像と同じ色でした。
    クロユリといっても真っ黒じゃない~それが小さい頃の思い出です。北海道の礼文島は、親戚が昔コンブ漁をしていました。
    道内はいきましたが、焼尻島など、親戚のゆかりのある島にはいっていません。寒いのに色々お花はさいているのですね。
    2021年08月16日 17:08
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ミヤマキンポウゲはウマノアシガタと同属だけに、花は良く似ています。アカギキンポウゲはウマノアシガタの変種だそうですね。
    ハクサンチドリは分布域が広いですね。池の平湿原や栂池、白馬五竜などで見たことがあります。
    クロユリは夏の暑さが問題でしたか。
    エゾトウウチソウは名札が無ければ、カライトソウと思ったでしょう。
    2021年08月16日 17:11
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ここはイッシーさんのブログで紹介されていたので、昨年初めて行きました。スペースは狭いですが、素晴らしい植物園なので、真岡鉄道のSLを採りに行かれる機会があったら、是非ここにもお立ち寄り下さい。
    2021年08月16日 17:16
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    利尻・礼文に花を見に行くとしたら、ツアーに参加するのが一番ですが、花の時期は一人10万円はしますからね。
    高山植物を自宅で育てるのは簡単ではないです。冬は良いでしょうが、夏の暑さが問題ですね。
    2021年08月16日 17:24
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    クロユリはお子さんの時にご覧になりましたか。どちらのご出身ですか?
    高山植物は緯度が上がると次第に低いところでも咲くようになります。利尻・礼文では海岸で高山植物が咲いていますよ。
    2021年08月16日 17:34
  • なおさん

    礼文や利尻の最果ての島の花まで労せずして見られるのは、スバラシイですねえ。僕は蝦夷地は未踏の地ですので、裏山しいことです。
     ハクサンチドリは池ノ平湿原で見たことがあります。キンロバイは父が生前鉢植えで育てていましたし、南アルプス北岳で自生のを見ました。良いですねえ。
    2021年08月16日 20:09
  • nobara

    エゾルリソウって、プルモナリアみたいですね。
    青紫のグラデーションが綺麗ですね~~?
    ハクサンチドリには今年は出逢えなかったです
    エゾハナシノブもきれいですよね。
    阿蘇野草園にはハナシノブが咲く頃は
    ハナシノブコンサートが開かれていました。
    微妙にエゾと違うんですよね。
    シコタンソウの蕊の先の赤い葯が可愛いです。
    エゾトウウチソウはカライトソウかと思いました。
    リシリとつく花も独特の花世界ですね。
    2021年08月16日 20:25
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    利尻や礼文に行くにはお金も日にちもかかりますから、本当にありがたい植物園です。
    ハクサンチドリは私も池の平湿原で見たことがあります。
    自生のキンロバイは見たことが無いですが、昨年、ウォーキング中に見ました。今年は見かけなかったので、夏越しが難しかったようです。
    2021年08月16日 21:43
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    エゾルリソウはプルモナリアと同じムラサキ科ですね。赤紫が青紫に変わっていくのも同様です。
    ハクサンチドリ、信州の山でも見られますよね。
    エゾノハナシノブは花が咲き始めで、ちょっと残念でした。
    シコタンソウの葯は白ですが、花弁の先端に不規則に入る赤い斑が可愛いです。
    エゾトウウチソウは名札が無ければカライトソウと間違えたと思います。
    2021年08月16日 22:01
  • 月奏曲

    北海道シリーズだw

    レブンサイコ、レブンソウ、リシリヒナゲシは初めて見ました、それぞれちょっとずつ変わってるような?

    レブンサイコはこれ黄色い小さいのが一つ一つお花なのかしらん?

    レブンソウはもうちょっと大きかったら見映えの良いお花になりそうですね、ちょっと小さいのが残念
    2021年08月16日 22:20
  • 降魔成道

    だいたい見慣れている花ばかりで、何か嬉しい感じがします。ただハクサンチドリなど、見慣れているのとちょっと違う感じがしました。山で自然に咲いているのと、平地で咲いている環境の違いが影響しているのでしょうかね。山には平地に咲いている植物の高山型変種がたくさん存在しますが、逆に高山植物を平地に植えると平地型変種ができるのでしょうか。よく分かりませんが。
    2021年08月16日 22:30
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    レブンサイコは5枚の総苞に囲まれた黄色(紫色もある)の星形が花です。このような咲き方を複散形花序と言うそうです。
    レブンソウは小さい花ですね。昔、礼文島に行ったことがありますが、これらの花には出会えませんでした。
    2021年08月16日 23:09
  • 長さん

    降魔さん、コメントありがとうございます。
    やはり、自然の中で見る花とは雰囲気が違って見えるでしょうね。ハクサンチドリは何ヶ所かで見たことがありますが、もっと花穂が伸びてい手、花もたくさん付いていました。
    高山植物を平地に移植するとどうなるのか分りませんが、緯度が高くなると次第に低いところで咲くようになりますね。
    2021年08月16日 23:14
  • ロシアンブルー

    こんなにも多くの高山植物がみられるのは良いですね。
    北海道で見られる植物を井頭公園で見られ嬉しいですね。
    クロユリも丁度見頃でしたね。
    レブンサイコの花も面白いですね。
    2021年08月16日 23:31
  • ろこ

    申し訳ありません
    全く意味のないコメントが入ってしまいました。

    利尻・礼文に旅行した時に見たお花がたくさんで
    なつかしく思い出しています。
    ブログを初めて間もなくの頃で、載せたのを思い出します。
    ミヤマキンポウゲ、ハクサンチドリ、クロユリ、
    シコタンソウ、エゾフウロ、レブンソウ、リシリヒナゲシなど懐かしいです。
    エゾトウウチソウ、は見ませんでした。
    レブンサイコも見ていません。可愛らしいお花で、見たかったな!!!
    2021年08月17日 00:52
  • 秋月夕香

    おはようございます。私は奈良県の宇陀市の出身です。
    今は市ですが、生まれた時は郡でした、田舎ですよ。
    カブト虫、セミそれから山百合、秋には栗をとりに兄のうしろをついていきました。山は平気でしたが今は一部国立公園になったり、山はなかなか行けずとおくなりました。いつもありがとうございます。
    2021年08月17日 06:39
  • 寿々木

    珍しい花が並びましたね。礼文草、礼文島でもなかなか出会えません。泊まった宿の花壇で見ましたが・・
    2021年08月17日 08:36
  • すーちん

    おはようございます
    レブンいサイコですか
    可愛いですね
    どういう風に咲いてるのか^^
    2021年08月17日 08:52
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    北海道には何度も行っていますが、やはりこういう高山植物は山に行かないと見る事は出来ませんから、ありがたい植物園です。
    クロユリは千畳敷カールに行ったときに見たことがあります。
    レブンサイコ、変わった咲き方ですよね。
    2021年08月17日 09:27
  • 長さん

    ろこさん、コメントありがとうございます。
    利尻・礼文に行かれましたか。シーズンにはいろいろな高山植物が見られますよね。多くの花がご覧になれたようで、良かったですね。
    私たち夫婦も在職中に行きましたが、時期がちょっと遅くて花の種類も少なく、しかも雨が降ったりで、散々でした。
    もう一つのコメントは削除しておきました。
    2021年08月17日 09:34
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    ご出身は宇陀市でしたか。子供の頃に故郷の山でクロユリをご覧になったのですか?クロユリの分布域は中部地方の山までで、奈良県はそれに含まれていないのですが・・・。
    2021年08月17日 09:43
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    レブンソウを宿屋の花壇でご覧になりましたか。
    私も在職中に利尻・礼文に行きましたが、8月だったので見る事は出来ませんでした。桃岩のあたりでは雨で、散々でしたよ。
    2021年08月17日 09:46
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    レブンサイコ、面白い咲き方ですね。5枚の総苞片の中から何本もの花茎が出て、ごく小さな5弁の花を咲かせています。
    2021年08月17日 09:50
  • ジュン

    北海道のお花・・・
    名前も北海道らしいのが多いですね
    黒百合見たいです
    2021年08月17日 10:50
  • うふふ

    栃木県で礼文島など北海道のお花が見られるのですから、植物館はありがたいですね。
    山野草のクモマグサは大好きなお花ですが、レブンが付くとずいぶん印象が変わりますね。
    でも可愛らしさはどちらも同じです。
    レブンソウも名前は聞いていましたがまだ会ってことがありません。ぜひ見てみたいお花です。
    2021年08月17日 11:23
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    高山植物は北海道位の高緯度になると低い山でも咲くようになります。そのためかどうか分りませんが、北海道では変種が多いようです。
    クロユリは山で見たい花ですね。
    2021年08月17日 11:59
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    この植物館には在来種だけでなく、海外の高山植物も集められています。連載の後半で紹介します。
    レブンクモマグサは別名ですが、普通見かけるクモマグサは花弁が丸いですよね。チシマクモマグサも花弁が丸いです。
    レブンソウ、現地に行ったときは時期が遅く、見る事が出来ませんでした。
    2021年08月17日 12:06
  • 秋月夕香

    こんばんは。そうでしたか。でも私たちの小さい頃はクロユリの歌が流行していました。
    私はひとりで学校の裏山に続く道を奥へ奥へすすんで、山をいくつも超えていき、ちょうどその下の谷でみつけました。あの大きさ、色、確かにクロユリでした。たった一凛でしたが、はっきりとおぼえています。
    そのころは写真機などない時代でした。
    2021年08月17日 19:34
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    山奥で咲いていたのは確かにクロユリでしたか。珍しいことが実際に起きたのですね。失礼しました。
    2021年08月17日 20:39
  • コスモス

    北海道に自生する品種ですか。
    エゾルリソウはここまでしか開かないようですね。
    エゾノハナシノブも小さな花ですね。
    礼文島には30年程前に行きましたが、そのころはたいしたカメラも持っていなかったので、また写真を撮りに行きたいです。
    レブンサイコは変わった花ですね。
    リシリヒナゲシは花の中に花があるみたいですね。
    2021年08月18日 11:24
  • 長さん

    コスモスさん、コメントありがとうございます。
    エゾルリソウは筒花なので、これが全開のようです。
    エゾノハナシノブの花はエゾルリソウと同じくらいでした。
    礼文島には30年も前に行きましたか。花のシーズンは宿泊施設が高くなっていて、ツアー代金が1人20万円くらいするようです。
    レブンサイコは変わった咲き方ですね。
    リシリヒナゲシの花の中央にあるのは小房(実になる部分)で、その先端に雌しべが6つに分かれているので、花の中に花が咲いたように見えます。
    2021年08月18日 16:00
  • ろこ

    お手数おかけしました。
    ありがとうございました。
    2021年08月19日 00:34
  • 長さん

    ろこさん、どう致しまして。
    2021年08月19日 09:33

この記事へのトラックバック