埼玉県花と緑の振興センターにて(3) サザンカ(蜀紅錦、獅子頭)、ツバキ(西王母、紅侘助など)、コニファーの色々(その2)

 1月5日に訪れた、埼玉県花と緑の振興センターで見た花などの投稿を続けています。
 庭木や草花の見本園と言った感じですが、広さは2.3ヘクタールで、東京ドームの半分くらいです。


サザンカ 蜀紅錦 (ハルサザンカ群)
濃紅地に白星斑、一重、平開咲き、小~中輪、11~3月、葉にも黄斑が入る
HMS_052.JPG

サザンカ 獅子頭 (カンツバキ群)
別名:寒椿。紅色、八重、中輪、12~2月、樹は横張り性
HMS_087.JPG

ツバキ 西王母(せいおうぼ)
加賀侘助の自然実生と推定、幕末から金沢に伝わる茶席の銘花
淡桃、外弁に紅のぼかし、一重、筒咲き、中輪、9~4月
HMS_066.JPG

ツバキ 紅侘助
桃紅~紅色、一重、筒咲き、侘芯、小輪、12~3月。茶花として好まれる
HMS_064.JPG

キンギョバツバキ(錦魚葉椿、金魚葉椿)
変わり葉椿の代表種で、葉の先端が金魚の尾びれのように3つに分かれる
花は未開花だった(白、一重、中輪、2~4月)
HMS_041.JPG


コニファーの色々(その2)
 ここには91本、69品種が植えられているそうです。


ニオイヒバ(匂檜葉)‘イエローリボン’
ヒノキ科ネズコ属の常緑高木。北アメリカ北部~カナダ原産
黄金種。横幅が出ず、細円錐状となる。樹高4m程度
HMS_115.JPG
HMS_116.JPG

ニオイヒバ(匂檜葉)‘ライオンゴールド’
橙色を帯びた黄色(橙色に近い)。冬は銅色を帯びる。樹高2m程度
HMS_121.JPG
HMS_122.JPG

ニオイヒバ(匂檜葉)‘ミニマ’
矮性種
HMS_124.JPG
HMS_125.JPG

シダレアカマツ(枝垂赤松)
マツ科マツ属の常緑高木。日本、朝鮮に分布
枝垂れ性の赤松。別名:テンモクショウ(天目松)
盛岡市玉山には樹高20m以上の天然記念物がある
HMS_168.JPG
HMS_169.JPG
 1月5日撮影。
(つづく)

この記事へのコメント

  • 寿々木

    やっとカンツバキ獅子頭が出てきましたね。当方庭に3本あります。この木はうっかりすると毒蛾の幼虫アメリカシロヒトリ(白地に黒い輪の模様)がつきます、毛虫にも刺されたら大変です。そちらでも金魚椿咲いていませんでしたか、当地でも1月5日に花はありませんでした。
    2021年01月11日 13:19
  • なおさん

    獅子頭の寒椿は、あちこちの植え込みで見かけます。あまり大きくなるのは見かけませんで、こじんまりとした印象ですね。

     西王母は、ふくよかなピンクで聖なる桃の実というイメージがぴったりですよね。紅侘助、金魚葉椿ともども武蔵丘陵森林公園の椿園で見られます。

     針葉樹というと、西洋ネズの実を香り付けに使う、埼玉初のクラフトジン「棘玉」が昨年川越マツザキで発売されました。うちのそばの店でも買えるのですが、まだ買ったことがないのです。
    2021年01月11日 13:24
  • 秋月夕香

    こんにちは。金魚椿~すごい葉っぱの椿なのですねえ。初めて見ました。お花もまだのようですが、こちらの椿もまだまださきそうにもありません。
    それにしても寒いですね。まだまだまた今夜から雪だそうです。
    ここはふっていませんが、どこかが雪だと思い切りさむくて、水は氷水のようです。
    2021年01月11日 13:55
  • イッシー

    一二枚目の花が綺麗ですね~。
    色も鮮やかです。エッツ!金魚みたいな葉っぱ!!
    目からうろこ・・・
    2021年01月11日 14:41
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    サザンカの獅子頭は勘次郎と共に割合普及している品種です。お宅には3本もありますか。ツバキやサザンカを好むのはチャドクガやアメリカシロヒトリの幼虫ですね。
    キンギョバツバキはまだつぼみが殆ど見えませんでした。
    2021年01月11日 15:04
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    獅子頭は勘次郎と共に赤いサザンカとして普及していますね。
    西王母は秋から咲いているのですが、今回は良い花がありませんでした。
    金魚葉ツバキは遅咲きなので、花が見られず、残念でした。
    西洋ネズの実がジンの香り付けに使われましたか。ジンは強すぎて、ソーダ割りなら飲んだことがあります。
    2021年01月11日 15:10
  • 長さん

    秋月夕香さん、コメントありがとうございます。
    金魚葉ツバキ、面白いですよね。花が咲いていれば良かったのですが。
    奈良も盆地だから、冬は冷え込みますね。こちらも4日連続で朝は氷点下です。
    2021年01月11日 15:11
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    この日はつかの間日が差しましたが、殆ど曇りで、露出アンダーが多かったです。
    金魚葉椿、面白いですね。一種の帯化現象らしいです。
    2021年01月11日 15:16
  • 目黒のおじいちゃん

    長さん
    お目当てのサザンカやツバキが見られてよかったですね。
    好天気が続いた関東でも明日は降雪もあるかと予想されていますね。寒中ご自愛ください。
    2021年01月11日 15:21
  • nobara

    蜀紅錦って肥後椿にもあります。赤白の斑入り
    おキャンな感じでとってもかわいらしいんですよ。
    ベニワビスケ、可愛いですね。淡ワビスケは薄いピンクですね。
    コニファー類も綺麗に植え込んでらっしゃる
    マンションの植え込みなど見ますが
    なかなか美しいものですね。
    2021年01月11日 15:24
  • mina

    こんにちわ
    サザンカ 獅子頭、素敵な色ですね
    コニファーも沢山種類があって。
    これは実家に植えてあったとか
    思い出しながら見せて頂きました
    2021年01月11日 15:47
  • 信徳

    キンギョバツバキ、以前にもコメント書いた記憶がありますが高尾山ケーブル上り口に一本あります、葉が面白いですね。
    自分のブログ、キクセンナ(黄色い花)こっそり直しておきました。有難うございます。
    2021年01月11日 16:25
  • river

    サザンカは今でも咲いていますがツバキは春先です。家にはツバキは30種類およそ80本あるのですが名前が分からなくなってしまったものが多いです。
    ぐんまフラワーパークのにもコニファーガーデンがあるのですが品種名が表示されていません。
    2021年01月11日 17:05
  • 月奏曲

    ツバキのほうがサザンカより傷み気味?
    ユニファーはまだまだ私にはわからない世界だなぁw
    お花ついてないとどうにも…興味がw

    都内はほぼほぼ休園しちゃっててどういたものかと…
    2/7に『はい、解除~♪』とか絶対無理そうだしw

    なんだかんだで豪州除いて世界各国で日本と同じ感じで激増中ですからこれ今季節要因結構高いんでしょうねぇ…

    となると3月いっぱいまで無理そう
    2021年01月11日 19:23
  • もこ

    サザンカ 獅子頭綺麗ですね
    キンギョバツバキ実物を見たことはありません
    シダレアカマツ(枝垂赤松)手を加えずにこんなに枝垂れる松があるとはビックリです
    2021年01月11日 20:17
  • 降魔成道

    埼玉県は私の故郷ですが、埼玉県花と緑の振興センターのことは全く知りませんでした。(^^;
    サザンカとツバキの区別は難しいです。花が首から落ちるのがツバキで、花びらが散るのがサザンカということくらいしか知りません。並べて比べれば色々と違いがあるのかも知れませんけどね。
    2021年01月11日 20:36
  • eko

    蜀紅錦、獅子頭、華やかなに咲いていますね。花色が素敵です。
    西王母の薄桃色も可愛いです。紅侘助も良いですね。
    コニファーも様々な葉色の木が並んでいると良いものですね。
    シダレアカマツは初見です。松にもシダレがあるんですね。
    2021年01月11日 20:56
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    サザンカはまだしも、ツバキがもっと咲いていて、梅も咲き出していれば良かったのですが・・・。
    明日は都内も雪が降りそうですね。予報によると、我が家の辺りはぎりぎりで降らないかも。
    2021年01月11日 21:05
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    サザンカやツバキの品種名って、双方に同じ名前があるものがありますね。蜀紅というのは、中国の四川省にある蜀で産する赤染めの錦のことなんですって。
    西王母もそうですが、紅侘助も鼻が痛んでいたのは残念。
    コニファーは本数が多いので、密に植え込んでありました。
    2021年01月11日 21:12
  • 長さん

    minaさん、コメントありがとうございます。
    サザンカの獅子頭は濃い赤で、街中でも見かける品種です。
    庭が広ければ、コニファーを選んで植えたいですね。
    2021年01月11日 21:13
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    キンギョバツバキ、そんなことがありましたか。最近記憶力が衰えているもので・・・。ネットで画像検索したら、高尾山のキンギョバツバキが出てきましたよ。
    マメ科の黄色い花はモクセンナでしたか。ハナセンナより葉が小さいようですね。
    2021年01月11日 21:25
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    お宅のツバキの花は中休みですか。名札を付けておいても長年のうちに消えて読めなくなってしまいますよね。
    コニファーも名札がないと品種が分りません。
    2021年01月11日 21:30
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ツバキの方が花弁が厚めなのでしなやかさに欠け、花弁が痛む確率が高いです。おまけに鳥が花弁に止まったりしますからね。
    新型コロナは寒くて乾燥しているとうつりやすいようですよ。TVニュースを見ていると楽観的な人が何と多いことか。
    2021年01月11日 21:35
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    サザンカの獅子頭、色が良いですね。
    キンギョバツバキの葉、面白いですね。花も見たいものです。
    松に枝垂れがあるなんて思いも寄りませんでしたよ。
    2021年01月11日 21:40
  • 長さん

    降魔成道さん、コメントありがとうございます。
    千葉県は江戸川を超えればもう埼玉県ですが、近くを通りながら、ここは知りませんでしたよ。
    サザンカとツバキ、花の形などは1月4日の記事で比較しましたか、その他の部分も含めて対比表を作ってみましょう。
    2021年01月11日 21:43
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    やはり赤い花には華やかさを感じますね。ツバキの花は痛みやすいので、良い花が探せませんでした。
    コニファーは同じ樹種でも葉色や立ち姿まで変化するようです。枝垂れ松なんて、珍しいですよね。初めて知りました。
    2021年01月11日 21:58

この記事へのトラックバック