ローゼルの実、タマリクス・ラモシッシマ、ケイトウ(トサカ系)、コムラサキの実、小玉スイカ、ムラサキナツフジ、ハゼランなど

 ウォーキング中に見た花などです。
 昨年と同じ場所で、ローゼルの実がたくさん出来ていました。午後4時半頃だったので、今年も花を見ることは出来ませんでした。


ローゼル
アオイ科フヨウ属の一年生または多年生の亜灌木(亜低木)
西アフリカ原産、インド~マレーシアにかけた地域が原産、など諸説あり
別名:ハイビスカス・ローゼル、ロゼリ草、レモネードブッシュなど
F2009_20.JPG
赤いものは、花後に萼と苞の部分が膨らんだもの
タイ王室が国賓をもてなすときに出すというローゼルティーはこの赤い
萼を乾燥させたもの。沖縄では萼を使ってリキュールを作っている
F2009_22.JPG
花期は8~11月で、クリーム色かピンクの花が咲く
写真はつぼみ=左と、花後(花の写真はこちら Wikipedia より)
F2009_18_1.jpg

タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’
ギョリュウ科ギョリュウ属の落葉中木。東欧から朝鮮半島にかけて分布
今年8月始めに、初めて知った植物ですが、まだ花がたくさん咲いていました
F2009_42.JPG
F2009_38.JPG

ケイトウ(鶏頭)
ヒユ科ケイトウ属の多年草(一年草扱い)。アジア、アフリカの熱帯地方原産
あまり見かけなくなったトサカ系、探せば色々あるものです
F2009_34.JPG
F2009_01.JPG
F2009_59.JPG
F2009_07.JPG

コムラサキ(小紫)の実
シソ科ムラサキシキブ属の落葉低木。別名:コシキブ
少しずつ紫色になってきました
F2009_54.JPG
F2009_56.JPG

こちらは シロミノコムラサキ です
和名はシラタマコシキブ(白玉小式部)。コムラサキの変種
F2009_66.JPGF2009_65.JPG

小玉スイカ
ウリ科スイカ属の一年草。原産は熱帯アフリカ
この農家では収穫するつもりがないのか、カラスが突いたものも・・・
F2009_46.jpg
葉の形が特徴的ですね
F2009_44.jpg

ムラサキナツフジ(紫夏藤)
マメ科ナツフジ属の蔓性低木。原産は台湾~中国南部
和名はサッコウフジ(酢甲藤)。別名:タイワンサッコウフジ
花期は7~8月。サッコウフジには白や紅の花が咲く品種もある
F2009_101.jpg
F2009_100.jpg

ハゼラン(爆蘭)
ハゼラン科ハゼラン属の多年草。メキシコ~南米原産
別名:サンジソウ、サンジカ、ハナビグサなど。花期は8~10月
和名は硬いつぼみが爆ぜるように咲くから。別名は午後2時から3時頃咲くので
F2009_85.JPG
ヤマトシジミが吸蜜に来た(シジミチョウ科シジミチョウ亜科)
F2009_80.JPG
 9月3日、7日撮影。

この記事へのコメント

  • river

    ケイトウと言えば昔はトサカ系でした。でも最近は見ることが少ないです。我が家のナツフジは白です。コムラサキはこちらでも色づいてきました。
    ハゼランは菜園に自然に出てきます。
    2020年09月09日 14:06
  • nobara

    ローゼルの実はなんだか肉厚ですね。
    何かに使えそうですね(*^-゚)⌒☆
    実だけじゃなくて茎も濃赤なんですね。
    ギョリュウですね。昭和公園で白い花の種類を見ました。
    変わっていますよね。
    トサカ系のケイトウ、珍しいです、素朴ですね。
    これの表面に黒ゴマみたいな種が浮いてきますよね。
    小玉スイカ、昨年は庭先販売でいっぱい頂きましたが
    今年はまったく見かけませんでした
    ハゼランは我が家の鉢のあちこちから出てきました。
    2020年09月09日 15:40
  • 寿々木

    珍しい花を楽しませて頂きました。ケイトウもいろいろあるのですね。コムラサキの実私も撮りました。爆ぜランですか、ピント合わせるのが難しそう、アカバナユウゲショウの花に似ています。
    2020年09月09日 15:51
  • なおさん

    ローゼルティーはハイビスカスティーとも言いますね。美容効果があるそうですね。以前武蔵丘陵森林公園の売店で袋入りで売られていたのを飲んだことがあります。リラックマ??ならときどき見かけるのですが、ラモッシマの方は見ませんねえ。

     まさに鶏頭、というトサカ系統のケイトウをご覧になりましたか。探すと見つかるものですね。

     ハゼランは3時のあなただの三時草だのいろいろ別名がありますね。うちの近くにもありますが、ちいさい花で大写ししようとすると、姿勢を気にしていられなくなるので、ヘンなオジさんが道端で寝そべっている、と通報されかねませんので、うちの近くでは、横目で見ながら素通りするだけです。シジミのてふてふさんもばっちり撮れてスバラシイですねえ。
    2020年09月09日 17:44
  • はるる

    ハゼラン、小さすぎる花ですね。
    小玉スイカが見られたんですか。スイカの畑って見たことないです。ケイトウも季節ですね。
    タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’ずいぶん長い名前です。いい花ですね。
    ローゼルの実、変わった実です。他の植物に交じっていたんですか。花も遅くまで見られるようですね。
    2020年09月09日 18:36
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    トサカ系のケイトウ、少なくなったとは言え、隙がお宅があるのですね。
    ナツフジとムラサキナツフジは同属でも別種ですね。
    ハゼランは側溝と舗装の間なんかにも根を下ろすので、お宅なら当然あるでしょうね。
    2020年09月09日 19:23
  • ROKO

    こんばんは
    ローゼルの実は久米島で買ったハーブティーがそうだったのかなと思い出しながら拝見しました。
    ケイトウの花を見ると秋を感じます。
    ハゼラン可愛いですね。ヤマトシジミも可愛いですね。
    すてきなシャッターチャンスでしたね。
    2020年09月09日 20:07
  • もこ

    タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’
    とても覚えられない名前ですね 
    でもこの花は印象に残ります 
    花火のようだと思いました
    小さな花も綺麗に鮮明に写されている画像に
    いつも感心して見させて頂いています
    2020年09月09日 20:46
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ローゼルの実は肉厚で光沢があります。花が咲く頃になると、茎も赤くなってくるようです。
    ギョリュウは普通、タマリクス・シネンシスを指すようで、ラモシッシマより大きな花穂になるようですね。
    ケイトウって種が出来ますか。見たことがないです。
    小玉スイカ、写真の4日後の通りましたが、収穫するような気配がありませんでした。勿体ないですね。
    ハゼラン、こぼれ種で増えるようですね。
    2020年09月09日 21:06
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    私が子供の頃、ケイトウといえば1枚目のようなものが多かったと記憶しています。
    ハゼランは花が小さい上に、茎が細くて揺れますから写真を撮るには風が収まるまで待たなければなりません。アカバナユウゲショウに似ていますか?
    2020年09月09日 21:10
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ローゼルのお茶は飲んだことがないです。タイ王室御用達だと、高いですかねー。
    ギョリュウの仲間は珍しいですね。植物園でしか見たことがないです。
    トサカのケイトウ、探すと色々あるものです。
    ハゼランは長い茎だったので、変な格好をしなくても撮れましたが、揺れるのが困りものです。
    2020年09月09日 21:14
  • うふふ

    子供の頃に見ていたケイトウはトサカ系ばかりでした。
    祖母が名の由来は「鶏の頭みたいだからケイトウなのよ」と教えてくれましたっけ。
    言われてみれば、最近は見かけなくなりましたね。
    ハゼランは小さくて撮るのにいつも苦労します。
    小さなヤマトシジミまで撮られていて素敵です~♪
    2020年09月09日 21:16
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ハゼランの花径は6~7mmですから小さいですよね。
    こちらでは田園地帯に行くと、たまにスイカ畑に出会います。
    タマリクス・ラモシッシマの園芸品種なので、長い名前になりました。
    ローゼルのように、萼が膨らんで見になる植物は他にありますかねー。プランターにローゼルだけが植えてありましたよ。
    2020年09月09日 21:18
  • 長さん

    ROKOさん、コメントありがとうございます。
    久米島のお土産だったらローゼルの可能性がありますね。
    ケイトウの花は夏から咲いていますが、今後も咲き続けますね。
    ヤマトシジミ、止まった瞬間に撮れました。
    2020年09月09日 21:21
  • 長さん

    もこさん、コメントありがとうございます。
    タマリクス・ラモシッシマ ‘ピンクカスケード’ 、長い名前ですね。細い花茎が次々に伸びて、長期間、花が楽しめるようです。こういう小さな花はアップにして撮ろうとすると難しいです。少し離れて撮って、ピントが合った部分をトリミングした方が簡単です。
    2020年09月09日 21:25
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    私の子供の頃も、ケイトウというとこんな形(1枚目のような)の花が多かったと記憶しています。
    ハゼランの花は小さい上に揺れるから撮りにくいですね。ヤマトシジミは止まった瞬間に撮れたので、ブレずに良かったです。
    2020年09月09日 21:27
  • 月奏曲

    ローゼルってこんな実なんだ…
    タマリクス・ラモシッシマ…舌噛みそう(;´Д`)

    ケイトウはパスw

    小玉西瓜作って収穫しないのなんででしょうねぇ…土質改良の一環なのかしらん?それにしても食べてもいい気が…
    2020年09月09日 21:55
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ローゼル、ご存じでしたか。
    タマリクス・ラモシッシマ、学名はややこしいですね。
    小玉スイカが出来ていたのは農家の敷地です。温室で野菜などを作っているので、忙しいのかも。
    2020年09月09日 22:48
  • すーちん

    おはようございます
    散策中珍しい花によく
    出合います
    どういうところで購入
    されたのかななんて
    思ってしまいますー
    2020年09月10日 07:33
  • イッシー

    真っ赤な実もまた情熱的ですね~。
    タマリクスは初めて見た気がします。
    ハゼランとシジミ、小さくってかわいいですね。
    2020年09月10日 07:37
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    珍しいものが好き、という花好きさんもおられますね。そんな花でも、通販サイトを覗くと大抵載っていますよ。
    2020年09月10日 09:45
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    ローゼルの実から作るお茶って、どんな味なんでしょうね。
    タマリクスはギョリュウのことですが、一般家庭で植えているのは、珍しいと思います。
    ハゼランは揺れるので撮るのに時間が掛かります。そんな時にシジミチョウが飛んできました。
    2020年09月10日 09:50
  • 草凪みかん

    ローゼルティーってこの実から作るんですね。
    ハーブティーとしての名前はよく聞くんですが、その実は初めて見ました。
    沖縄で作っているというリキュール、どんな味なのかな…。
    2020年09月10日 10:18
  • 長さん

    草凪みかんさん、コメントありがとうございます。
    ローゼルティー、ご存じでしたか。私は経験がありません。
    普段酒を飲まないので、リキュールがどんな酒かも知らないんです。
    2020年09月10日 12:18

この記事へのトラックバック