白馬五竜高山植物園(6) ハクサンフウロ、オタカラコウ、イワオウギ、ヤグルマソウ、キヌガサソウなど

 7月1日、白馬五竜高山植物園のロックガーデンや、その東側の林の中で高山植物の花を楽しんでいます。

タチフウロ → ハクサンフウロ(白山風露)
フウロソウ科フウロソウ属の多年草
nobaraさん、ご指摘、ありがとうございました
画像

ウラジロキンバイ(裏白金梅)
バラ科キジムシロ属の多年草。   葉の裏が白い
画像画像

オタカラコウ(雄宝香)
キク科メタカラコウ属の多年草
水のしみ出すようなところで咲いていた
画像

ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)
キンポウゲ科ゼンニンソウ属の落葉蔓性植物
画像画像

ミズキ(水木)
ミズキ科ミズキ属の落葉高木。別名、クルマミズキ(車水木)
画像画像

シコタンソウ(色丹草)
ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草
画像画像

イワオウギ(岩黄蓍)   初めて見た
マメ科イワオウギ属の多年草。別名:タテヤマオウギ
画像

オオバノヨツバムグラ(大葉の四葉葎)
アカネ科ヤエムグラ属の多年草
画像画像

ヤグルマソウ(矢車草)  咲き始め
ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草
画像

ギンリョウソウ(銀龍草)
イチヤクソウ科ギンリョウソウ属の多年草。別名ユウレイタケ
画像画像

キヌガサソウ(衣笠草)
メランチウム科(またはシュロソウ科)キヌガサソウ属の多年草
別名:ハナガサソウ(花笠草)
画像

モミジカラマツ(紅葉落葉松草、紅葉唐松 )
キンポウゲ科モミジカラマツ属の多年草
画像画像

オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
ハエドクソウ科(←ゴマノハグサ科)ミゾホオズキ属の多年草
画像
湧き水の流れの傍で咲いていた
画像

シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)
バラ科オランダイチゴ属の多年草。別名:モリイチゴ(森苺)
画像画像

 7月1日撮影。

 次回は、ロックガーデンをもう少し下って、外国産の高山植物などを紹介します。
 (つづく)


この記事へのコメント

  • river

    ウラジロキンバイは北岳と白馬岳だけに分布しますね。広く見られるのはミヤマキンバイです。オオバミゾホオズキが生えている所の近くには水場があると言われるほど水気を好む植物です。ギンリョウソウは尾瀬にはたくさんありますが少量ならば他の山でもよく見かけます。
    2018年07月10日 15:35
  • nobara

    ヤグルマソウは女神湖畔散策路で大群生を見ました。
    白馬はいろいろ早い? もっとも半月以上経ってるから?
    タチフウロはハクサンフウロではないかしら?
    僅かに花弁に切れ込みも見えますがそれは範囲内?
    タチフウロなら花弁に濃紅色の脈があると思います。
    フウロソウとしては少し遅めに咲きますね。
    たくさんの垂涎の花たちですね☆彡
    2018年07月10日 17:59
  • 無門

    こんにちは

    白馬は高山植物の
    宝庫ですね
    その場に立ちすくんでいても
    ひとめ数十の花が・・・・
    2018年07月10日 18:03
  • 寿々木

    亜高山植物いろいろ有って楽しませてもらいました。モミジカラマツは高山でも見る植物ですね。
    2018年07月10日 18:28
  • 信徳

    ハクサンフウロ、鹿沢、池の平、両方とも沢山咲いていました。可憐な花で好きです。
    ヤグルマソウは株は多く見られるのですが花の咲いているのは少なかったです。
    2018年07月10日 19:40
  • ♪のこ♪

    ヾ(*'-'*)ノ こんばんは.:゚+。 ☆
     
    珍しい! 高山植物を色々と
    見せて頂き♪感✿・⋄・✿謝♪です!
    ありがとうございました♪.+゚♬✿
    2018年07月10日 20:58
  • なおさん

    白山の名前を冠した草はいろいろありますよね。ハクサンイチゲやハクサンフウロはあるところでは群生しますので、タクサンイチゲとかタクサンフウロなどと軽口をたたくひともいますね。
     シコタンソウは色丹島に因む名前ですが、本州の高山でも見ますね。以前育てたことがありますが、夏場に蒸れてダメにしてしまいました。

     シロバナノヘビチゴは、ヘビイチゴという名ですが、オランダイチゴの仲間ですので、実は美味しいですね。花も小ぶりながら清楚で可憐で良いものですね。
    2018年07月10日 20:59
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ここのウラジロキンバイは恐らく植えたものと思われます。オオバミゾホウズキは仰るように湧き水から出来た小さな流れの傍で
    咲いていましたよ。流れが分かる写真を1枚追加しておきます。
    ギンリョウソウ、4年前に見たときよりかなり増えていました。
    2018年07月10日 21:19
  • 月奏曲

    ウラジロキンバイ、裏確かに真っ白w

    ウラジオキンバイと読み間違えてウラジオストクに咲いてるものとばっかりwww
    2018年07月10日 21:21
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ロックガーデン際のヤグルマソウは咲き始めでしたが、少し下ったら花が増えていました。4年前と比べて、早い花も遅い花もありました。
    タチフウロじゃなく、ハクサンフウロですね。ご指摘、ありがとうございます。
    2018年07月10日 21:26
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    確かに花の数は多いです。しかし、4年前に咲いていた花が全くなくなっているものもあり、自然の厳しさを感じます。
    2018年07月10日 21:28
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ここは亜高山から高山にかけて咲く花を揃えているようですが、標高が1500mちょっとですから、自生のものは亜高山に多く咲くもののようですね。
    2018年07月10日 21:30
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    ハクサンフウロが鹿沢や池ノ平で咲いていましたか。生存域が広いですよね。
    ヤグルマソウは場所によって早かったり遅かったりです。栂池自然園に登る途中、乗換駅付近で見たものはもう果穂が出来ていました。
    2018年07月10日 21:34
  • 長さん

    ♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。
    一口に高山植物と言っても、亜高山帯から高山帯まで、各種の花が咲きますから、バラエティ豊かですね。
    2018年07月10日 21:36
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    特に白山だけで咲く花でなくても、研究者がハクサンでたくさん発見したからと言うことでハクサンが頭に付いた植物が多いそうですね。シコタンソウもその類いでしょう。
    シロバナノヘビチゴはここの案内板に少しなら食べてみてくださいとありましたよ。今は実が出来ていないので残念でしたが・・・。
    2018年07月10日 21:42
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    写真を1枚載せればどこが裏白なんて説明を書かなくても良いですからね。カタカナ表記はあまり読み慣れないから、そのような勘違いはあり得ますよね。
    2018年07月10日 21:44
  • mori-sanpo

    高山植物には独特の雰囲気があって良いですね。
    脚力の低下とともに、高山植物に触れる機会がなくなりましたが、「自然百景」や「花の百名山」などのビデオをかなり集めましたので、北アルプスを主体に見直してみたくなりました。
    2018年07月10日 22:21
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    今回私たちが訪れた白馬五竜高山植物園と栂池自然園は健脚でなくても十分楽しめます。時間をかければ展望の良いところまで登れますので、お勧めですよ。
    2018年07月10日 22:53
  • eko

    ハクサンフウロは可愛いですね。フウロソウも種類が様々あって見分けが難しいと思います。伊吹山にもハクサンフウロ、グンナイフウロ、イブキフウロが咲きます。また見に行かなければと思っています。
    メタカラコウはいつも見ますがオタカラコウ初めて見ました。
    珍しい高山植物、やはり見応えがあります。
    2018年07月10日 22:58
  • shuuter

    シロバナヘビイチゴ 園芸種でなくて自生のものですか。
    見てみたいです。
    2018年07月10日 23:08
  • うふふ

    高山植物は可愛らしいものが多いですね。
    フウロの仲間はいろいろありますが、ハクサンフウロはまだ見たことがありません。
    植物園でも高山植物となるとあまり見ることはないですね。
    2018年07月10日 23:09
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    フウロソウ、種類が多いですね。今回は花の形にとらわれて同定に失敗してしまいました。
    伊吹山に登ったのはもう5年も前のことになりました。その時は切りが出てしまったので、天気の良い日に登ってみたいものです。
    オタカラコウ、私も初めてでしたよ。
    2018年07月10日 23:10
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    シロバナノヘビチゴ、たくさんあるようなの多分自生のものか、それを移植したものと思われます。
    2018年07月10日 23:12
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    高山植物は厳しい環境で生きているので、小振りなものが多いですね。亜高山帯のものは大きくなりますが・・・。
    植物園で高山植物を展示しているところは少ないです。大阪の咲くやこの花館は高山の気候を再現した温室があるそうです。
    2018年07月10日 23:14
  • イッシー

    おお!珍しい植物がこんなに。。
    こりゃボケてる場合じゃないですね~。
    うーん。来年は行こうかな~。
    2018年07月10日 23:15
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    高山植物は平地で見ることは極めて希ですから、こうした植物園は貴重です。是非お尋ねください。
    2018年07月10日 23:23
  • 行き当たりばったり

    おはようございます。
    見たことがあるような、それでいて違う種類。
    お花の分類---難しいですね。
    ギンリョウソウ---そういえば、もう出てくる季節になっているのですね。
    私も会いに「小鳥の森」「信夫山」などに行きたくなりました
    2018年07月11日 07:01
  • すーちん

    お早うございます
    ウラジロキンバイ
    お正月に使われるウラジロの
    様に葉の裏が白いんですね
    モミジカラマツは見たこと
    有るような気がします
    2018年07月11日 07:20
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    フウロソウは似たようなものがあって間違えてしまいました。
    ギンリョウソウ、今年はたくさん生えていました。薄暗がりで見たらぎょっとしますね。
    2018年07月11日 10:27
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    ウラジロはシダの仲間でしたね。植物は葉の様子も撮っておくのが望ましいので、こんな写真も付けてみました。
    モミジカラマツとカラマツソウがあります。花は似ていますが、葉の形が違うので区別出来ます。
    2018年07月11日 10:30
  • はるる

    どの花も珍しくきれいで可愛いです。
    たくさんの高山植物を見ていると、時間も忘れてしまうでしょう。
    2018年07月11日 19:29
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    2度目の訪問ですが、初回には見られなかった高山植物も目にすることが出来て、満足です。
    2018年07月11日 21:09

この記事へのトラックバック