モントブレチア、ブラックベリーなど & 大型客船の旅(49) 神戸北野地区・萌葱の館

< 今日の花 >
 モントブレチアはかなり前から咲いていたのですが、あまり良い被写体がなかったので、投稿が遅れました。

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
アヤメ科クロコスミア属の球根植物
ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種。別名モントブレチア
画像
画像

ブラックベリーの実が黒くなり始め、そろそろ食べ頃?
画像
画像画像
バラ科キイチゴ属の落葉低木

終盤のカシワバアジサイ
画像
一重の場合はこうなる
画像
 以上、6月25日撮影。

ヒマワリ、色々
画像
画像
 6月17日撮影。


~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~


大型客船の旅(49) 5月5日(航海8日目)
    神戸北野地区・萌葱の館

 MSCスプレンディダ号で日本一周のクルージング中に神戸港で上陸し、北野地区を散策しています。
 北野町広場に面した異人館の一つ「萌葱の館」(国指定重要文化財)を見学することにしました。
南西側から見た建物
画像
   西側から         東側(入り口)から
画像画像
萌葱の館(小林家住宅・旧シャープ邸)
 大きな楠に囲まれた国の重要文化財「萌葱の館」は、明治36年(1903)にアメリカ総領事ハンター・シャープ氏の邸宅として建築された。
 木造2階建て、下見板張りの異人館で、2つの異なった形のベイ・ウインドー(張り出し窓)を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が随所に見られる。開放的な2階のベランダからは、神戸の市街地が一望出来る。
 NHK朝ドラ「べっぴんさん」では、主人公(板東すみれ)の姉ゆりの友人:クリスティーナ(ドイツ国籍のイギリス人女性)の自宅としてロケに使われた。

 萌葱の館の平面図です。下の写真と当てはめながらご覧下さい。
画像
1階 応接室
画像画像

1階 書斎 (右下は当時の写真)
画像画像

1階 食堂
画像画像

階段室
画像画像

2階 居間と子ども部屋
画像画像

2階 化粧室と浴室
画像画像

2階 寝室
画像画像

2階 ベランダ
画像
2階ベランダからの眺め(左:南側、右:東側=北野町広場方向)     
画像画像

 萌葱の館を出て、北野町広場からトーマス坂を下っていきます。
 (つづく)


 コメント欄を閉じています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック