箱根湿性花園にて(1) ヒヨドリバナ、オトコエシ、イビセラ、サギソウなど

2017年秋・富士・箱根・伊豆の旅(その1)
 9月5日から1泊で、富士山麓・箱根仙石原・伊豆熱川などを回ってきました。同行して頂いたのは高崎在住のTADAOさん・REIKOさんご夫妻で、10時に箱根湿性花園の駐車場で待ち合わせました。
 5日の午前中、私は箱根湿性花園の見学、TADAOさんは金時神社へ、妻とREIKOさんは星の王子さまミュージアムへ出かけました。

 今回から、箱根湿性花園で見た花などを投稿します。

 入口を入って右手にある売店のテラスから見た仙石原すすき草原方面です。右手前で咲いていたのは色が変わり始めたノリウツギです。
画像

 園内でカリガネソウを見なかったので、売店のものを写しました。雁金草、シソ科カリガネソウ属。別名ホカケソウ(帆掛草)。
画像

 入口から左奥へと進むと「外国の山草と園芸種区」に至ります。

チョウセンヨメナ(朝鮮嫁菜、キク科シオン属、別名朝鮮紫苑)
画像画像

ヒヨドリバナ(鵯花、キク科フジバカマ属)と吸蜜するシータテハ
画像画像

左下:サンショウバラの実(別名:ハコネバラ、箱根町の花)  
右下、ネバリノギク(粘り野菊、キク科シオン属、北アメリカ原産)
画像画像

オトコエシ(男郎花、オミナエシ科オミナエシ属)
画像

コンギク(紺菊、キク科シオン属) 咲き残り
画像画像

左下:アケボノフウロ(曙風露、フウロソウ科フウロソウ属) 
右下:ゲンノショウコ(現の証拠、フウロソウ科フウロソウ属)
画像画像

ポンテデリア(ミズアオイ科ポンテデリア属、アメリカ原産)
和名はアメリカ水葵
画像画像

イビセラ・ルテア(ツノゴマ科イビセラ属の食虫植物)
原産はブラジル~アルゼンチン。和名はキバナツノゴマ(黄花角胡麻)
画像

 ハナショウブが咲く湿地帯の手前にたくさんのサギソウが植えられていました。
サギソウ(鷺草、ラン科サギソウ属)
画像
画像

 続いて「落葉広葉樹林の植物区」へ入ります。

 9月5日撮影。

 (つづく)


 孫が二人で遊びに来てしまいましたので、コメント欄を閉じています。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック