初めて知る属が続々・・・池袋「世界のらん展2017」にて

サンシャインシティ「世界のらん展2017」にて(その9)
 「第56回 全日本蘭協会洋らん展 サンシャインシティ 世界のらん展2017 ~温室がなくても蘭~」(1月5日~9日開催)で見たランの中から、引き続き小さめなランを紹介します。

リンコスティリス ギガンテア ‘レッド’
Rhy. gigantea 'Red'
荘司 尭さん(茨城蘭遊会)
リンコスティリス ギガンテアの斑が濃い赤になっています
画像

ジュメレア メジャー
Jumellea major
七字 尭さん(茨城蘭遊会)
マダガスカルの北部、標高1200〜1500mに分布する着生種
初めて知った属です
画像

バーケリア メラノカウロン
Barkeria melanocaulon
衛藤玉枝さん(茨城蘭遊会)
メキシコ、グアテマラ原産の着生種。小さな花ですが、草丈がある
画像

リカステ ビリデセンス
Lyc. viridescens (=Lycaste macrophylla subsp. viridescens)
小佐野滋子さん(川崎洋蘭クラブ)
小さなリカステです。リカステ マクロポダの亜種だそうです
画像

シンビジウム 森の精 ‘おと’
Cym. Morinosei 'Oto'
石河利之さん(全日本蘭協会)
小型のシンビジウムで、テーブルシンビジュウムと言われる品種です
純白のシンビジウムは珍しいです
画像

ファレル タイダ・パール
Phal. Taida Pearl
澁澤宏司さん(全日本蘭協会)
ミディ胡蝶蘭です。花色が濃いですね
画像

エピデンドルム ポーパックス
Epidendrum porpax 'J&L'
吉田雅子さん(全日本蘭協会)
メキシコ~ペルーに分布する着生種。エピデンドルムのミニサイズです
画像

 1月9日撮影。
 次回はちょっと変ったランを取り上げたいと思います。
 (つづく)

<br>

この記事へのコメント

  • 信徳

    世界のラン、奥が深いですね。
    純白のシンピジュームがとても綺麗です。
    こんなにきれいな純白は初見です。
    2017年01月24日 16:17
  • river

    ジュメレアはマダガスカルを中心にマスカリン、コモロ両諸島に約50種分布するランですね。属名のジュメレアはマダガスカルのランを調査したフランスの植物学者H・ジュメルによるものですね。
     テーブルシンビジュウムが登場しましたね。元々小型のランではなく普通サイズのランを品種改良により小型化したものです。株を充実させやすく花を咲かせやすいと評判のランですから人気が出ると思います。純白のシンビジウムが良いですね。
    2017年01月24日 16:33
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    純白のシンピジューム、初めて目にしました。テーブルシンピジュームというという、日本の生産業者が開発した新商品なんですって。
    2017年01月24日 17:32
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    ジュメレア属について、私の参照したサイトには、アフリカを含め約60種と記載してありましたが、大筋、ご指摘の通りです。
    テーブルシンピジュームという分野は今年初めて知りました。高知の石田蘭園が一昨年くらいに開発したものらしく、手頃な大きさで育てやすいとあって、これから流行ると思います。
    2017年01月24日 17:36
  • eko

    小さめのランもいろいろあって興味深いですね。
    純白のシンビジューム素敵ですね。こんな真っ白な花は初めて見ました。
    2017年01月24日 18:09
  • 無門

    こんにちは

    純白のシンピジュームには
    控えめに生きている
    私の心が
    写っているようです
    2017年01月24日 18:12
  • 寿々木

    珍しいラン属がぞくそく登場ですね。リンコスティリスの香りは如何でした?白花でしたが、ドリームセンターのカトレア温室出口左手(出口が2つあります)に特に香りのあるものが集められていて(香りの回廊)、そこで見たような気がします。
    2017年01月24日 18:14
  • イッシー

    面白いですねー!
    珍しいお花が続々。
    わくわくするんじゃないですか。
    2017年01月24日 18:44
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    純白のシンピジューム、初めて見ました。テーブルシンピジュームという分野を開拓した、石田蘭園の若い技術者は凄い技術を持っています。
    2017年01月24日 19:24
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    控えめに生きているですって?私には十分活発に生きておられるように見えますが(笑)。
    2017年01月24日 19:26
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    リンコスティリス ギガンテアは良い香りがするそうですが、写真を撮るのに夢中で・・・。熱帯ドリームセンターで確かめてみたいと思いますが、らん展を開催中ですから、常設の鉢は奥に移動されている可能性がありますね。
    2017年01月24日 19:30
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    出展数が多いらん展では、珍しいランが登場するので、凄い楽しみなんです。東京ドームの世界らん展日本大賞は入場券が高いですが、ここは無料なので外せません。
    2017年01月24日 19:36
  • なおさん

    リンコスティリス・ギガンティアもこんな濃い紅のがあるのですね。そのほかもいろいろ面白いものが続々登場してきますね。

     今年は久々に東京ドームの世界らん展覗いて来ようかなあ、と思案しています。
    2017年01月24日 21:04
  • 月奏曲

    どこがどう違うのかすらわからん(;´Д`)

    むじゅかしい…
    2017年01月24日 21:11
  • mori-sanpo

    純白のシンピジュームは珍しいですね。
     シンピジュームは、ベランダで3鉢を20年近く育てていましたが、昨年引越しに際して手放してしまいました。
     また、始めたくなりました。
    2017年01月24日 21:31
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    リンコスティリス ギガンテアは白い花にピンクや紫の斑が入るのが一般的ですね。こんなに色が濃いのは珍しいですよね。
    東京ドームのらん展、妻を誘ったら断られましたが、前売り券を買ってしまいました。
    2017年01月24日 21:57
  • 長さん

    月奏曲さん、コメントありがとうございます。
    ひとつひとつよく見ると、みんな形が違うし、色が違う。そういうものを選んだのですがね。
    2017年01月24日 22:01
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    シンビジュームは大属ですからバラエティもあるのですが、純白の花を見たのは初めてです。
    引っ越しすると置く場所がなかったりしますよね。我が家も11年前に転居(仮住まいを含めて2回)しましたが、植木も鉢植えも全て諦めました。
    2017年01月24日 22:04
  • shuuter

    蘭は品種が多くまた愛好家もまた沢山です。自分の世界を作って楽しんでおられます。
    現地で樹木に着生している姿を見て見たいものです。
    2017年01月24日 22:24
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    現地で着生しているランをご覧になりたいですか。
    野生そのままの姿は難しいでしょうが、シンガポールのナショナルオーキッドガーデンなら疑似体験は出来ると思います。
    2017年01月24日 22:44
  • ロシアンブルー

    こんにちは。
    真っ白いシンピジュームいいですね。
    何だかずっと見ていたい気分になります。
    ミニ胡蝶蘭の色も不思議な感覚になります。こういう色は心を鎮める力があるような気がします。
    2017年01月25日 11:52
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    純白のシンピジュームはテーブルシンピジュームと言われるもので、大きくなりませんから、食卓に於いて楽しむことが出来そうです。これから流行ると思いますよ。
    2017年01月25日 13:46
  • はるる

    ブルーの色が爽やかと言いましたが、白もまたいいですね。
    その下の紫のもいい色です。
    結局すべて美しいのだと思いました。
    でも名前は覚えられませんね。
    高額で取引されるのですか。
    お金がかかるんですね。
    2017年01月25日 19:25
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    純白のシンピジュームも爽やかで良いものです。この位のサイズなら普通の家庭でも育てやすいのじゃないかと思いました。
    高いと言っても、殆どは4桁までで買えると思いますよ。
    ランの名前は難しいです。覚えることは諦めています。
    2017年01月25日 21:07

この記事へのトラックバック