ブルーリボン(第一席)はカトレアが多かった・・・池袋「世界のらん展2017」にて

サンシャインシティ「世界のらん展2017」にて(その3)
 「第56回 全日本蘭協会洋らん展 サンシャインシティ 世界のらん展2017 ~温室がなくても蘭~」(1月5日~9日開催)での受賞作品を紹介しています。今回はその2回目です。

< 大葉オーキッド賞 >
リンコスティリス ギガンテア
Rhy. gigantea 'Red Lip'
荘司尭さん(茨城蘭遊会)
インド・タイ原産。交配種を含め、個体ごとの花の色と模様が多様です
画像

< 太陽園芸賞 >
デンドロビウム ワンダー・ニシ
Den. Wonder Nishi (Den. atroviolaceum x Den. alexandrae)
都築智さん(京葉洋ラン同好会)
画像
花弁がうねっている
画像

< 国際園芸賞 >
パフィオペディルム スピケリアヌム

Paph. spicerianum 'Asahina No.2'
諸星勝博さん(横浜蘭友会)
ミャンマーからインド・アッサムに自生する地生種
画像

< フジナーセリー賞 >
カトレア トリアネイ コンカラー
C. trianaei fma concolor 'Verde Limon'
松島伊都子さん(藤沢洋蘭愛好会)
トリアネイはコロンビア原産の着生種。コロンビアの国花
画像

< サトックスジャパン賞 >
カトレア ワルケリアナ
C. Walkeriana 'Perfect Blush' x 'Sakura Snowball'
小岩井悟さん(日本ワルケリアナ協会東日本支部)
カトレア原種の中でも非常に人気の高い原種の一つ
画像

< αオーキッド賞 >
カトレア パーシバリアナ
C. percivaliana 'Canajns Queen' x 'Select'
堀あさ子さん(下舘愛らん会)
コロンビア、ベネズエラに原生する着生種(標高1300~2000m)
画像

< 中藤洋蘭園賞 >
エリア フィリピネンセ
Eria philippinense
金子保雄さん(オーキッドクラブ藤沢)
インドネシアやフィリピンのマングローブ林に分布する着生種
画像

< 大場蘭園賞 >
デンドロビウム トバエンセ(変種)
Den. tobaense var. giganteum 'Green Devil
榎本俊夫さん(むさしの蘭会)
スマトラ島の中高地に原生する着生種
唇弁の赤が悪魔の舌を思わせる
画像

< みちのく洋らんセンター賞 >
カトレア ワルケリアナ(変種)
C. walkeriana var. semi-alba 'Sancha'
二藤幸子さん(船橋蘭友会)
セミアルバの最優良個体の一つで、受賞の人気種
画像

< M’sオーキッド賞 >
プロステケア ビテリナ
Psh. vitellina (select)
日浦タツ子さん(多摩蘭友会)
珍しいオレンジの花を付けるメキシコ産の人気種
画像

 1月9日撮影。
 受賞作品の紹介を続けます。
 (つづく)


この記事へのコメント

  • 信徳

    受賞作品を見ると初めて見るようなランばかりです。
    審査基準に珍しい交配種も一つの大きな基準になっているのでしょう。
    素敵なランばかりです。
    2017年01月17日 16:22
  • 無門

    こんにちは

    受賞作品は
    さすがに見ごたえがありますね
    2017年01月17日 16:50
  • river

    リンコスティリス・ギガンテアはリンコスティリスを代表する原種ですね。バンダに似ていますが下垂か半下垂でボリュームある花穂が見事です。
    2017年01月17日 18:09
  • イッシー

    良くもあんなに花が咲きますよね。
    機嫌よく育ってるんだろうなー。
    愛情を持って育てられているんでしょうね。
    以前、話かけて育てるのもいいって聞いたことがあるような気がします。
    2017年01月17日 18:12
  • 寿々木

    どれも変わった格好をしてますね。なんだか私のイメージが壊れそうです。デンドロビウムはもっと可愛い感じなんですが・・
    2017年01月17日 19:50
  • shuuter

    プロステケアビテリナ オレンジ1色がいいですね。
    野性味のある花がいいです。
    2017年01月17日 21:02
  • なおさん

    見事なランがたくさんあると気分もランラン♪ですねえ。

     リンコスティリス・ギガンティアは以前の東京ドームの世界らん展のフレグランス部門に出ていたのを見たことがあります。ずいぶんと良い香りですね。
     うちではこのギガンティアとフウラン「朱天王」の交配種の「紅雫」という銘の品種を育てています。やはりギガンティアの血が入りますと、草丈もフウランより大振りになりますね。
    2017年01月17日 21:16
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    審査基準の中に部門別(属別あるいは近縁グループ別)のようなものがあるのかも知れませんね。
    2017年01月17日 22:23
  • mori-sanpo

    受賞作品はいずれも見事ですね。
     安心して美しさを楽しめるのは、やはりカトレアの花々ですね。
    2017年01月17日 22:24
  • うふふ

    きれいですねぇ。
    蘭に魅入られた方々の気持ちが分かります。
    どのお花も素晴らしくて、賞を決めるのも大変でしょうね。
    わが家には小さなデンドロビュームがありましたが、昨年枯らしてしまいました。
    残念です。
    2017年01月17日 22:24
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    こうしてみると、カトレア類のように花の形の良さで、あるいは、花をたくさん咲かせたかどうかで、評価が上がるようです。
    2017年01月17日 22:28
  • 長さん

    riverさん、コメントありがとうございます。
    リンコスティリス ギガンテアの花はバンダに似ていますね。花をたくさん付ける上に、花色や斑の入り方に変化があり、人気の高い品種らしいです。
    2017年01月17日 22:31
  • 長さん

    イッシーさん、コメントありがとうございます。
    人間の子供も、愛情を持って、優しく話しかけると良く育つようですから、ランの世界も同じかもしれませんね。肥料や日照の管理も上手くいったのでしょう。
    2017年01月17日 22:35
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    今回の上位入賞作品は変ったものが多かったです。
    つくば植物園でデンドロビウムの原種を色々見てきましたが、花の形のバラエティは広いです。
    2017年01月17日 22:37
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    プロステケア ビテリナのような単色の花色がお好みですか。これはリップに入った黄色も効果的ですね。
    2017年01月17日 22:38
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    昔、プロの写真家から「審美眼を高めるには美術館で有名な作品をたくさん見ること、美味しいものを食べることが重要だ」という話を聞きました。らんも、やはり、上質なものをたくさん見ることがそれに当たると思います。
    今回の受賞作品は、手前にロープがあり、リンコスティリス ギガンティアなど、ひとつひとつの香りを感じることは出来ませんでしたが、作品全体から良い香りが漂ってきました。
    2017年01月17日 22:48
  • 長さん

    mori-sanpoさん、コメントありがとうございます。
    カトレアの花は見慣れているというか、見る方でもある程度イメージが出来ていますから、安心して眺められますよね。
    デンドロビウム ワンダー・ニシなんかだと、この花はどうなっているんだろうなんて疑問の方が先になってしまいます。
    2017年01月17日 22:50
  • 長さん

    うふふさん、コメントありがとうございます。
    一つの科の花で、こんなにバラエティがある科は他にないでしょうね。それが魅力です。
    我が家にもデンドロビウムが2鉢ありますが、簡単そうなのに上手く育ちません。一鉢は今年もつぼみが出来ず、一鉢は3つしか咲かないようです。
    2017年01月17日 22:54
  • eko

    どの花も素敵ですね。花姿も花色も様々でどんどん見たこともない花が登場しますね。
    カトレア ワルケリアナが良いですね。
    2017年01月17日 23:35
  • すーちん

    お早うございます
    花から受賞者の
    意気込みが伝わって
    きますね~
    2017年01月18日 07:23
  • nobara

    受賞作品、多岐にわたっているんですね。
    蘭も種類が多いのですね~@@
    パフィオペディルム はあまり関心がなかったですが、このスピケリアヌムは端正な感じがしますね。
    2017年01月18日 08:40
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    カトレア ワルケリアナは原種のままで美しい品種なので愛好家が多いです。そんな中での受賞ですから、文句の付けようがないと言うことでしょうね。
    2017年01月18日 09:20
  • 長さん

    すーちんさん、コメントありがとうございます。
    やはり、上位入賞の作品は作品から放たれるオーラみたいなものが審査員をうならせたのかもしれませんね。
    2017年01月18日 09:22
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    今回の受賞作品は人気のある代表種以外から選ばれたものが多いのが特徴だったと思います。
    パフィオも様々な種類がありますね。今回の展示もパフィオだけでコーナーが作られたほど多くの品種が出展されていました。
    2017年01月18日 09:33
  • ロシアンブルー

    おはようございます。
    最初の大葉オーキッド賞の花の付き方が素晴らしいですね。悪魔の👅って凄いです。
    ランに愛情注がれてるのがよく解りますね。
    2017年01月18日 11:35
  • ジュン

    見事な蘭のお花
    リンコスティリス ギガンテア
    素晴らしく驚きました
    蘭のファンが多いのがわかります
    2017年01月18日 14:45
  • 長さん

    ロシアンブルーさん、コメントありがとうございます。
    大場大葉オーキッド賞の作品は肥料が適切なのか、しっかりした大きな葉ですね。それだからこそ、これだけの花が咲くのでしょう。
    デンドロビウム トバエンセは黄色い顔の悪魔が赤い舌を出しているように見えますね。
    2017年01月18日 18:22
  • 長さん

    ジュンさん、コメントありがとうございます。
    リンコスティリス ギガンテアはいかにも養分をたくさん貯えた茎葉だからこその花付きの多さだと思いました。
    2017年01月18日 18:25
  • はるる

    次から次へと、いろいろな形や色が現れてびっくりします。
    このような美しい花をこの世に作られ見ることが出来ること、幸せだと思います。
    2017年01月18日 18:56
  • 長さん

    はるるさん、コメントありがとうございます。
    ランの花が種類が多いでしょう?これが楽しみで、シーズンになると良くらん展を見に行くのですよ。特に、このらん展は無料だから嬉しい。
    2017年01月18日 21:26
  • 行き当たりばったり

    今晩は。
    さすが、素晴らしい作品ばかりです。
    なかでも、デンドロビウム トバエンセの色合いにはびっくり。信じられないほどです。
    写真を撮り、お話を聞き----楽しい時間を過ごされたことでしょう。
    2017年01月18日 22:03
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    デンドロビウム トバエンセの個体名は‘緑の悪魔’ですが、唇弁はその色やざらつき感が悪魔の舌を思わせます。
    好きな花がこんなにたくさん展示してあると、時間を忘れます。
    2017年01月18日 22:49

この記事へのトラックバック