ヒスイカズラ、アシスタシア・イントルサ、アマリリス

11月末のつくば植物園で(10)

 11月28日、つくば植物園で撮影した植物たちです。
 今回も、サバンナ温室の背後にある熱帯雨林温室の2階回廊で見た花たちです。

ヒスイカズラ (翡翠葛)

マメ科ヒスイカズラ属の熱帯性蔓低木。原産はフィリピン(ルソン島)

画像
今の時期に、大好きな花に出会えるとは思っていませんでした
画像
絶滅危惧種です
画像


アシスタシア・イントルサ

キツネノマゴ科アシズタシア属の常緑低木
原産はマレーシア半島~インド~アフリカ

画像
これは1階で咲いていたものです
画像


アマリリスの一種

アマリリスは、ヒガンバナ科ヒッペアストルム属の植物の総称
原種は中南米・西インド諸島に約90種存在、園芸種は多数
名札に yukawa と書かれており、園芸種と思われる

画像
画像

 次回は、熱帯雨林温室で見たランの花を紹介します。
 (つづく)


 国外逃亡中につき、コメント欄を閉じています(11日に再開予定)。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック