世界遺産シエナの歴史地区(後編) カンポ広場

イタリア旅行記(24) 3月8日(木)
 シエナのドゥオーモを見学しています。ファサードの切り妻部分に施されたモザイク画と丸い薔薇窓、入口上部の彫刻。多くの彫刻と装飾が見事です。
画像
画像

ドゥオーモの向かい側にあるサンタ・マリア・デッラ・スカラ救済院の内部をちょっとだけ見ることが出来ました。
画像
 正面の祭壇と宗教画。
画像


 ドゥオーモからカンポ広場に向かいます。中央は、国立絵画館。右下、マンジャの塔が見えてきました。
画像画像画像


 旧市内の中心にあるカンポ広場の全景です(2枚を合成)。扇型のすり鉢状と言ったら良いでしょうか。ガイドブックによると「世界一美しい広場」なのだそうです。中世の雰囲気いっぱいの広場でした。
画像

 右手がゴシック様式のプッブリコ宮(市庁舎)と、煉瓦造のマンジャの塔(高さ102m)、いずれも13世紀末から14世紀にかけての建造。市庁舎の2階の一部と3階は市立美術館。
画像

 小さな煉瓦が緻密に並べてあります。
画像

 半円形に並ぶ白い屋根は市場や土産物店。チョコレートが有名らしい。
画像画像


 夕食はフィレンツェに戻って、ツアー客全員で夕食です。メニューはベジタブルスープ、ポーク、パン、ケーキ。赤ワインのハーフボトルを頼みました。
画像

 ホテルは連泊です。昨晩と同様、ロビーでWiFi接続を試みるも全く繋がらず、ブログアップは出来ませんでした。原因は、若者たちが一斉にiPhonを使うので、ホテル側の回線が満杯になったため。
 明日はベネチアに向かいます。
 (つづく)

この記事へのコメント

  • なおさん

    日光の陽明門ではないですが、こまかいところまでじっくり見ていたら日暮らしどころか、何日あっても足りないくらい細部まで芸が細かいというか、念の入った装飾・彫刻が施されて、絵も造りも素晴らしいですね。

     カンボ広場、確かに世界一素晴らしい、と言われるだけのことはあります。日本の駅前ロータリーとはエライ違いです。

     ホテルでは若者に回線占拠されてつながりませんでしたか。それはタイヘンでしたねえ。
    2013年04月15日 05:04
  • 信徳

    豪華な建物に只々見入ってしまうだけです。彫刻なども屋内外に沢山あってもう時間が足りなくなってしまうでしょう。好きな人にはやめられない旅ですね。
    2013年04月15日 06:46
  • nobara

    素晴らしい装飾彫刻ですね~~~
    和の欄間などの意味合い?なんでしょうか・・
    広場もお土産屋さんを含めて美しい☆
    煉瓦好きには堪りませんね。
    夕食なのに?シンプルですね~
    長さん。旅行中。体重は???
    2013年04月15日 07:25
  • 寿々木

    歴史を感じさせる建物です。外壁の細かい飾りも見事です。
    2013年04月15日 07:33
  • 行き当たりばったり

    おはようございます。
    只々圧倒されるだけ。ものすごい迫力です。
    かなりの大きさですね。夕食もお国柄でしょうか。
    2013年04月15日 07:40
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    ドゥオーモの建設はシエナ市民の思いがいっぱい詰まったものと聞いています。同時期にあちこちで素晴らしいファサードが作られていますから、張り合ったのでしょうね。
    カンポ広場を駅前ロータリーと比べてはいけません(笑)。世界遺産が泣きます。
    ホテルのWiFi、結局誰も繋がりませんでした。
    2013年04月15日 07:49
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    シエナ到着時は霧雨が降っていたのですが、ドゥオーモについた頃は完全に止んでくれたので、豪華なファサードや彫刻を鑑賞できました。カンポ広場はとても良い雰囲気でした。
    2013年04月15日 07:52
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    大聖堂の前面を飾り立てるのは当時の流行?だったようです。
    すり鉢型の広場というのは珍しいです。
    夕食はジャガイモと人参が入ったスープの量が多く、ポークも大きかったです。パンもあって満腹です。
    旅行中はよく歩いたので、体重は変わらず、体脂肪率が減りました。
    2013年04月15日 07:58
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    ドゥオーモの前面は100年近くかかって造られたのだそうで、素晴らしい出来栄えでした。
    2013年04月15日 07:59
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    こんなに素晴らしいものを建てた住民のエネルギーに圧倒されますね。
    食事はその土地の特徴的な料理が選ばれたようです。
    2013年04月15日 08:09
  • りりい

    すばらしいの一言に尽きます。ドゥオーモにつづくカンポ広場・・・世界一美しい広場を見られたら最高!
    13~14世紀建造の重みを感じます。
    この夕食のお料理、材料だけを見れば、我が家でも再現できそうな気がします。でも、味付けが難しいですね。
    2013年04月15日 08:53
  • 長さん

    りりいさん、コメントありがとうございます。
    シエナはとても良い雰囲気の町で、オプションで行った価値があると思いました。ローマ、フィレンツェ、ピサ、そして、シエナと今回4つめの世界遺産です。
    この夕食は、フィレンツェの家庭料理という感じですね。
    2013年04月15日 09:46
  • あいべん

    真面目なツアー客の様ですね(笑)。
    私はあまり勝手な行動するので多分注意人物
    リスト入りのはずです。
    折角の旅行なのにホテルの食事しないで勝手に
    町の食堂めぐりなどしたのを思い出します。
    次の南イタリアツアー申し込んだら制約書云々でしたので
    旅行会社変えたら同じ事言われました。
    ブラツクリストの載ったんでしょうね(爆笑)。
    この日は曇天でも雨は降らなかった
    様子ですね(^^)。
    2013年04月15日 15:01
  • shuuter

    カンポ広場 中世の面影を残す広場 美しいです。

    レンガがをしきつめてあるのですか、紅い広場 いい雰囲気です。
    2013年04月15日 17:32
  • eko

    シエナのドゥオーモ、何度見ても彫刻に装飾画などが見事ですね。何時間でも見ていたい建築物です。
    サンタ・マリア・・・救済院の内部の宗教画も素晴らしいですね。
    カンポ広場も広くて、周りの建物も歴史が古くて素敵な景観ですね。実際に見てみたいです。
    2013年04月15日 17:34
  • 無門

    こんにちは

    たしかに素敵な広場ですね
    一周しましたが目の前にいる
    妻の姿に気が付かない程
    周りを見回して
    後で怒られました
    競馬場にもなるなんて
    面白い広場ですね
    2013年04月15日 17:45
  • ケン坊

    こんばんは。
    13~14世紀にこんな建築技術があったなんて信じられませんね~
    しかも100㍍超の高層建築(塔)も素晴しいです。世界一美しい公園...基準がハッキリしませんが、カタログ値なのでしょうね。
    2013年04月15日 18:55
  • hanasaku

    こんばんは
    ドゥオーモの上が見たいなって思ってたらUP!
    本当に美しいです。
    モザイク画なのですね。
    素晴らしい彫刻に唖然としています。
    救済院の中も美しいですね。
    宗教の力って凄いです。
    カンポ広場に圧倒されてしまいます。
    上でボール転がしたら大変!
    マンジャの塔も美しいです。
    不思議な模様があるんですね。
    この広場に1日中居たくなりました。
    2013年04月15日 19:41
  • ポン太

    素晴らしいですね。建物に施された装飾や彫刻など。13・4世紀にこのようなものがつくられたというのが驚きです。今のような重機も無かったでしょうに。救済院の宗教画、宗教のことは良くわかりませんがこれも素晴らしいですね。
    レンガの建物も味があって素敵です。落ち着いた色合いで世界一美しい広場、なるほどです。
    2013年04月15日 20:07
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    二人分の食事代となると、数千円覚悟しなきゃならないですからね。
    あいべんさんは添乗員泣かせな人ですね(笑)。旅行会社間でブラックリストの交換をしているのでしょうか。それに載っちゃったんですね。
    シエナに着いたときは小雨でしたが、すぐに止んでくれました。
    2013年04月15日 23:02
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    これまで見てきたイタリアの広場は黒っぽい石を敷き詰めたものでしたから、赤い煉瓦の広場は目新しく見えました。これが中世らしくて良い雰囲気なんです。
    2013年04月15日 23:05
  • 長さん

    ekoさん、コメントありがとうございます。
    中世のシエナはフィレンツェと覇を競ったと言いますが、フィレンツェとは全く違った雰囲気が感じられ、印象深かったですよ。
    2013年04月15日 23:08
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    シエナはこの広場で行われる競馬祭りの日が一番賑やかなんだそうですが、私たちが行った日は雨上がりのせいもあるのでしょうが、しっとりとした雰囲気で良かったです。
    奥様が目に入らないほど見回したというのも、頷けます。
    2013年04月15日 23:15
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    中世には既に石造りの建物を作る技術者集団があったんでしょうね。彼らが長い年月をかけて出来栄えを競ったのかも知れません。
    カタログ値とは面白い。ガイドブック値とも言います(笑)。
    2013年04月15日 23:20
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    三角のモザイク画、凄いですね。これだけで何年もかかったのは間違いないでしょう。彫刻だって刻むだけでも大変です。
    カンポ広場はとても雰囲気が良いところで、名物のチョコレートを食べながらバール(カフェ)からのんびり広場を眺めていたくなります。
    2013年04月15日 23:24
  • 長さん

    ポン太さん、コメントありがとうございます。
    ドゥオーモは外観も素晴らしいのですが、中も見事なのだそうです。宗教の力だけでなく、交易による利益が莫大なものだったことを伺わせます。
    煉瓦による広場と煉瓦積みの建物が調和して、とても良い雰囲気でした。
    2013年04月15日 23:28
  • hiro

    どの町にも荘厳で美しい建築物があり、甲乙つけがたいですね。私が行ったときはお祭りの直前で町中色美しい旗がはためきカンポ広場には土が敷かれ、競馬場の準備がされていました。異様に興奮した雰囲気が満ちていました。
    都市国家として栄えた町独特の雰囲気がいいですね。
    2013年04月16日 22:27
  • 長さん

    hiroさん、コメントありがとうございます。
    シエナは行って良かったですよ。カンポ広場は競馬祭りの頃が一番賑わうそうですね。粘土質の土をコースに敷き詰めるそうですが、準備が大変そうです。
    2013年04月16日 23:33

この記事へのトラックバック