メキシカン・ハット、エキナセア

花ファンタジアにて(5) 
 野田市にある清水公園「花ファンタジア」で見た花を紹介しています。
 これも大きな池を回る遊歩道で見た花です。黄色とえび茶の小さな花ですが、お分かりになりますか?
画像

 もう少し寄ってみましょう。どうですか、面白い形の花でしょう。
画像

 これは、ラティビダというキク科ラティビダ属の耐寒性多年草で、北アメリカが原産です。花の形がソンブレロに似ているため、メキシカン・ハットとも呼ばれるそうです。
画像

 こちらは開花前の姿です。
画像


 これも花弁が下に垂れるタイプの菊で、エキナセア・パラドクサです。キク科ムラサキバレンギク属の耐寒多年草。原産は北アメリカ。和名はバレンギク。イングリッシュガーデンで見ました。
画像
画像

 6月8日撮影。
 (つづく)

この記事へのコメント

  • なおさん

    この頃、花壇ではキク科のこの類の花がよく見られるようになりましたね。
     ソンブレロに似ているメキシカン・ハットの花も沢山咲いていると可愛らしいです。そばに寄って見る花ですね。

     エキナセアも黄色が鮮やかですね。ムラサキバレンギクもこの仲間でこれもハーブ園では良く見ますよね。
    2012年06月19日 04:28
  • ケン坊

    別名メキシカンハットになるほどと納得。開花前の雰囲気は”ヘラオオバコ”に似てますね~
    最近、エキナセアに似た花を多く観ますが同種かどうかは不明です>黙<
    2012年06月19日 05:21
  • 火龍果

    おはようございます。ラティビダ初めて知りましたが、、
    >花の形がソンブレロに似ているため、メキシカン・ハットとも呼ばれるそうです。言われてみるとそのように
    見えるから不思議ですね・・・
    2012年06月19日 06:05
  • 無門

    こんにちは

    色合いが
    メキシカンな感じですね
    黄色は他の草に紛れても
    目立ちたがり屋だから
    しっかりわかりますね
    2012年06月19日 06:29
  • ekomountain

    《ラティビダ》初めて見ました。ソンブレロに似ているからメキシカンハット、納得です。誰が名付けているんでしょうか、じょうずにつけますね~。色もメキシカンですしね。
    《エキナセア・パラドクサ》バレンギクですか、版画などに使うバレンに似ているからなんてことはありませんよね~(笑)
    2012年06月19日 06:51
  • あいべん

    お早う御座います~(^^)
    上だけ見れば雑草の花の様ですが近寄れば
    面白い花ですね。
    花びらが下を向いてる・・
    メキシカンハット・・解りますね此の別名。
    他に何に見えるか考えて見ましたがインプットされた
    ムキシカンハットが頭から離れません(笑)
    2012年06月19日 07:03
  • 寿々木

    なるほど、メキシカンハットですね。花の感じがヘラオオバコに似ています。
    2012年06月19日 07:33
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    キク科の仲間は実に多彩ですね。
    ムラサキバレンギクは見たことがありますが、この2種類、初めて見ました。
    メキシカン・ハットは花が小さいので、近くで見ないとその良さが分かりませんね。
    2012年06月19日 07:52
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットとはうまい名前を付けたものです。へらオオバコの花の咲き始めのイメージですね。
    エキナセアに似た花はたぶんムラサキバレンギクだと思いますよ。
    2012年06月19日 07:54
  • 長さん

    火龍果さん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットと聞くと、もうそれ以外には見えませんね。黄色と海老茶のコントラストも利いています。
    2012年06月19日 07:56
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    ラティビダの減産はカナダ~北アメリカ西部~メキシコだとのことですから、メキシカン・ハットという命名は、形も原産地もあらわすもので、ピッタリですね。
    2012年06月19日 08:01
  • 長さん

    ekomountainさん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットとは特徴をよく表していますね。
    バレンギクのバレンは、昔の町火消が持っていた馬簾、いわゆる「まとい」のことです。
    2012年06月19日 08:05
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    この花、メキシカン・ハットと言われると、もうそれ以外に見えませんね。わたしも他に思いつかない。
    2012年06月19日 08:08
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットとはうまい名前を付けたものですね。寿々木さんもヘラオオバコを連想されましたか。
    2012年06月19日 08:10
  • まねき猫

    インフルエンザ予防に、エキナセアと聞いたことがあります。
    こんな変わった花だったんですね。
    2012年06月19日 09:12
  • nobara

    メキシカンハットのフォルムがいいですね~
    とっても魅力的な写真です。
    特に2番目に、ビビビビ☆ときましたよ。
    この類の菊科、多いので覚えるのは大変!
    バレンギク、ムラサキバレンギクの紫のもありますね~
    まといなんですね~納得です。
    2012年06月19日 09:22
  • 長さん

    まねき猫さん、コメントありがとうございます。
    エキナセアには風邪やインフルエンザなど、ウイルスや細菌に対する体の免疫力を高める効果があるそうですね。日本でよく見るエキナセアはもっと花弁が幅広な、ムラサキバレンギクですね。
    2012年06月19日 09:23
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハット、面白い形の花ですね。ムラサキバレンギクも筒状火の部分が盛り上がっていますが、それをもっと上に引き延ばしたらこんな形になりそうです。
    ムラサキバレンギクの白花もあるのだそうで、これだとまといそっくりになるでしょう。
    2012年06月19日 09:29
  • shuuter

    ヘラオオバコ はメキシカンハットとおもっていたのですが、 エキナセアも確かにメキシカンハットですね。
    何かに譬えておくとわすれません。
    2012年06月19日 12:20
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットとは面白いでしょう。
    ヘラオオバコにメキシカン・ハットという別名がありましたか?立派な和名があるのに・・・。
    2012年06月19日 12:43
  • hanasaku

    こんばんは
    とんがり帽子!
    風が吹いたら飛んで行かないように抑えないと・・・
    なんて想像できそうな不思議なお花ですね。
    色まで個性的です。
    2012年06月19日 19:27
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    北アメリカには面白い菊がありますね。
    風に吹かれたら飛ばされるどころか、ジェットエンジンを噴射して飛んでいるよな形をしています。
    2012年06月19日 20:53
  • 小梨

    なるほど、メキシカン・ハットですね。 面白い咲き方!
    2012年06月20日 00:58
  • 長さん

    小梨さん、コメントありがとうございます。
    面白いでしょう、メキシカン・ハットという名はピッタリですね。
    2012年06月20日 07:47
  • 花咲か爺

    何とも、面白い形の花が有るものですね。
    良く見れば、メキシコの帽子に見えてきます。
    花の色も情熱的な黄色が利いている花ですね。
    2012年06月20日 13:53
  • 長さん

    花咲か爺さん、コメントありがとうございます。
    メキシカン・ハットとは何とぴったりな名前を付けたものです。花弁の黄色とえび茶のツートンも利いています。
    2012年06月20日 14:07

この記事へのトラックバック