宿根アマ

国営武蔵丘陵森林公園にて(3)
 ボーダー花壇で見た花たちです。
 宿根アマ(宿根亜麻、アマ科アマ属の耐寒性多年草)。ペレニアルフラックス、アマ、ブルーアース、リナム、リナムペレンネ、フラックスと、多くの別名があります。原産はヨーロッパ(おもにアルプス周辺に分布)。根を乾燥させ、染料にしたという。
画像

画像

 青花と白花がある。
画像

画像


 斑入り葉のオオベニウツギ(大紅空木、スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木)。別名オオタニウツギ。ベニウツギ(タニウツギ)の園芸種。
画像画像


 セントーレア・デルバータ(または、ケンタウレア・デアルバータ。キク 科ヤグルマギク属の多年草)。別名宿根ヤグルマギク。
画像画像


 メキシコマンネングサ(ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草)に吸蜜にやってきたニホンミツバチ(左下)とクモガタヒョウモン(右下)。
画像画像

 5月28日撮影
 (つづく)

この記事へのコメント

  • ケン坊

    宿根アマとそっくりな花(薄紫色)を撮りましたが”アグロステンマ”の名札が...葉が違う?
    (いま見比べたら筋のような文様が微妙に違いました)
    宿根ヤグルマギクは全く雰囲気が違いますね。
    2012年06月02日 05:44
  • 寿々木

    亜麻仁油がとれるのはこれでしたっけ?大航海時代を支えた帆船の帆に塗ったそうですね。
    メキシコマンネングサですか、満開ですね。花が多くて、葉が見えませんね。当方庭にも蔓延ったマンネングサが咲いています。
    2012年06月02日 07:00
  • 無門

    こんにちは

    この世に花がある限り
    蝶々もミツバチも大丈夫だね
    ニホンミツバチも
    西洋ミツバチと共存しているようだし
    2012年06月02日 07:14
  • 火龍果

    おはようございます。
    現在、5月17日より7月3日まで休みなし
    の多忙な状況なので、流石に疲れがでてきたようで
    早朝に左足の脹脛がつって激痛が走り寝ていられない
    状況でした。、
    長さんの宿根アマのクモガタヒョウモンの素晴らしい
    映像を拝見して癒され、痛みもやや和らぎつつあります。
    有難うございました。
    2012年06月02日 07:23
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    アグロステンマをご覧になりましたか。和名はムギセンノウ(麦仙翁)といい、ナデシコ科です。花弁の点線が特徴ですね。
    ヤグルマギクと宿根ヤグルマギクとは雰囲気が違うでしょう。
    2012年06月02日 08:09
  • 信徳

    シンプルな花ですけど花数が多くて他の花との共演が楽しめそうですね。広い花壇に最適な花の様です。オオベニウツギの花はベニウツギの三倍近くも有りそうですね。
    2012年06月02日 08:17
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    亜麻仁油は宿根アマの種子から作ったそうで、食用のほかに帆船の帆を強くするために使われたそうですよ。
    メキシコマンネングサははびこりますね。
    2012年06月02日 08:20
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    花にとって蝶や蜂などの昆虫に花粉を媒介してもらえるし、持ちつ持たれつの関係で発展してきたんですね。
    2012年06月02日 08:23
  • 長さん

    火龍果さん、コメントありがとうございます。
    かなりお忙しいようですね。体が第一ですから、ご自愛ください。
    この日の午前中は天気が良く、蜂や蝶などもたくさん花に群がっていましたよ。
    2012年06月02日 08:28
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    宿根アマはたくさん植えるとこんもりとしてきますから、広い庭だと見栄えがするでしょう。
    オオベニウツギはタニウツギの園芸種ですが、花はそれほど大きく感じませんでした。
    2012年06月02日 08:33
  • なおさん

    さわやかな色あいの宿根アマは群れ咲くさまが良いですよね。かわいらしいものです。いろいろ役に立つ有用なものですね。
     
     オオベニウツギは葉も花も楽しめて良いですし、メキシコマンネングサの黄色い星型の花も目立ちますね。これからの季節には花にくる虫も狙い目で楽しめますね。
    2012年06月02日 09:20
  • nobara

    宿根アマは大好きな花です。
    一度、吉祥寺で見つけて、原チャで持ち帰ったら
    細い茎が折れてしまった経緯があります。
    シロバナもいいですね~
    揺らぐような花姿、堪りませんね~~~
    オオタニウツギの斑入りの葉も素敵ィーーー
    セントーレア、ジムのシナムソロジー(頭の体操)で
    お手玉を投げながら『花』というと足と手を出しながら
    花の名前をいうのがあるのですが、私がセントーレアとかギボウシとかマニアックなのをいうので皆で笑っています。その説明まで始める始末でして~何のトレーニング?だか。
    2012年06月02日 10:29
  • あいべん

    宿根アマですか。
    二枚目の写真 花の写真戸してでなく
    一枚の写真として色調雰囲気などを含めて
    秀作ですね。
    拡大画像が小さくて少し不満が有りますが暫らく
    眺めました。
    2012年06月02日 11:31
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    宿根アマは群れて咲くととても雰囲気が盛り上がる花ですね。広い庭があったら植えてみたい花です。
    オオベニウツギも、斑入り葉も初めて見ました。このウツギも変色するようですね。
    昆虫好きの人なら一カ所でじっくり狙ってみるのも良いでしょうね。
    2012年06月02日 16:01
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    宿根アマは茎が細いですね。それなのにかなり長くなりますね。種から亜麻仁油を取ったなんて信じられないような可憐さです。
    頭の体操ゲーム、花の名前が限りなく出てくるnobaraさんならではのエピソードで面白いです。
    2012年06月02日 16:05
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    2枚目は写真としても合格点ですか、嬉しいですね。
    拡大画像はどれくらいが良いですか。900ピクセルくらいにしてみましょうか。
    2012年06月02日 16:10
  • あいべん

    そうですね。
    私は出来るだけ皆さんの写真拡大で拝見
    するよう心がけて居ます。
    長さんの様に皆さんが真剣に写真に取り組まれたら
    良いのにと何時も思います。
    2012年06月02日 16:43
  • shuuter

    オオベニウツギ まだ見たことないです。
    空木も種類が多いですね。

    メキシコマンネングサに蜂や蝶が寄ってきていますね。
    蜜がたくさんあるのでしょうね。
    2012年06月02日 18:16
  • hanasaku

    こんばんは
    宿根アマ美しい花ですね。
    色も形も可憐そのもの・・・憧れます!
    モガタヒョウモンばっちりですね。
    蝶が苦手なんですけど思わず見とれました。
    2012年06月02日 18:50
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    大きくすると、あらが目立つと言うこともあるんですよ。
    2012年06月02日 19:08
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    オオベニウツギは園芸種ですから、里山で見るのは困難かもしれませんね。
    メキシコマンネングサは小さい花ですが、それでも蜜はあるんでしょうね。蜂や蝶が次々にやってきていましたよ。
    2012年06月02日 19:10
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    宿根アマはなかなかいいもんですよ。花芯近くの筋が決め手ですね。
    クモガタヒョウモン、近くだと逃げられますから、250mmのテレ端近くで撮りました(勿論トリミング)。
    2012年06月02日 19:14

この記事へのトラックバック