日光植物園にて…その8(アイヅシモツケ、ジロボウエンゴサク)

 5月20日、21日に行った日光植物園の花たちを紹介しています。
 名前の分からない花を整理していくうちに白い5弁花が残りました。これ、どうやらズミの花のようです。酢実、バラ科 リンゴ属。別名コナシ(小梨)。
画像

 アイズシモツケと名札が出ていました。会津下野、バラ科シモツケ属。会津地方で発見された下野だからという命名だそうですから、本来はアイヅシモツケと書くべきなんでしょうね。シロバナシモツケとも異なり、葉が丸っこく、大きめな鋸歯があります。花のアップは少々後ピン。
画像

 左下は、シキミ(樒、シキミ科シキミ属)の花です。街中で見たものより小さい花でした。フラッシュ使用。
 右下は、サワフタギ(沢蓋木、ハイノキ科ハイノキ属)はまだ蕾でした。秋には藍色の小さな実をつけるそうです。
画像画像

 左下、ウワバミソウもまだちょっと早かった。蟒蛇草、イラクサ科ウワバミソウ属。うわばみ(大蛇)がいそうなところに生えるからというのが和名の由来。
 右下、オオヤマフスマ(大山衾、ナデシコ科オオヤマフスマ属)です。名前が分からず、これも植物園にメールして教えてもらったひとつです。別名ヒメタガソデソウ。
画像画像

 左下、オオバコチチコグサ(大葉子父子草、キク科アンテナリア属=エゾノチチコグサ属)。花名は北米産のチチコグサ(父子草)であり、葉がオオバコ(大葉子)に似ていることからとのこと。
 右下、ハリブキ(針蕗、ウコギ科ハリブキ属の落葉低木)。葉が蕗に似て、葉の葉脈に沿って針のような棘があるからということから。この葉にはまだ棘が出来ていないようです。雌雄異株だそうですが、そのどちらかは不明。赤い実が出来ます。
画像画像

 初めて出会ったジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索、ケシ科キケマン属)です。名前の由来はこちらに詳しく書かれています。
画像

 今回で日光植物園で見た花たちの紹介を終わります。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 これ、何の花かご存知ですか? 6月6日、近所で。
画像

画像 実は、アスパラガスの花なんです。ユリ科アスパラガス属(APG植物分類体系ではクサスギカズラ科)。雌雄異株で、これはシベが多いから雄花でしょうね。
 原産は地中海東部。和名はオランダキジカクシ(阿蘭陀雉隠)、オランダウド(阿蘭陀独活)、マツバウド(松葉独活)。

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 今日(6月7日)は、日航労組OB・OG会主催の「ぶらり千葉ミステリーツアー」に参加し、17,600歩ほど歩いてきました。
 千葉にもこんなお城があったんですよ。報告は後日。
画像

この記事へのコメント

  • ケン坊

    ウワバミソウは、別名”みず”とか”みずな”と言われていて、春先には、山菜取りの名人達が競って採っているようですね。
    最近では、お年を召された方が採ってきて”道の駅”の店頭に並べています。結構おいしいです。
    ケン坊は絶対に採りに行きません。だってニョロが出そうで...
    ジロボウエンゴサクの由来を初めて知りました。面白いもんですね。
    2011年06月08日 05:54
  • 寿々木

    アイズシモツケですか、花だけ見ますと、アップしたピラカンサのようですね。
    2011年06月08日 07:28
  • あいべん

    お早う御座います
    花の写真拡大で毎回見ています。でも解説は
    右から左です。(御免なさい)
    千葉ミステリーツアー楽しめましたか?
    万歩計からすると広範囲の散策ですね。
    健康が何にもまして宝です・・。
    アスパラガスにも花が。当然ですよね、それでも
    スーパーのアスパラガスしか知らない私には何だか
    アスパラガスの花が神秘的に見えます。
    2011年06月08日 07:28
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    ウワバミソウをみずなと呼んで、山菜として売られているんですか。美味しそうな葉には見えませんでしたが、調べてみたら皮を剥いた茎を食べるんですってね。粘り気があって美味しいそうですね。ニョロはウワバミソウが生えているような環境は好みではないそうですから安心してどうぞ(笑)。
    太郎坊、次郎坊、と言って遊んだそうですね。
    2011年06月08日 08:02
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    アイヅシモツケはピラカンサと同じバラ科ですね。確かに、花は似ていますね。
    2011年06月08日 08:05
  • 行き当たりばったり

    おはようございます。日光植物園、かなりの種類あるようです。珍種も数多くあって--。スタッフの意気込みが感じられます。
    それにしても、アスパラガスのお花といい、千葉のお城といい、これらも珍品です。
    2011年06月08日 08:08
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    解説は右から左……我が妻も同様です(笑)。
    久しぶりに行った千葉市内、まだ自然が残っているところがありました。万歩計の数値は自宅から自宅までです。しっかり歩いたのは2700歩、あとはブラブラです。
    アスパラガスは若い芽を食べるもので、花を咲かせるようでは農家失格ですから、花はめったに見られません。雌株には赤い実がなるそうです。
    2011年06月08日 08:11
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    日光植物園は東大大学院の研究施設でもあるので、約2200種類があるそうで、春から秋まで色々な花が楽しめるようです。
    千葉のお城については後日報告しますよ。
    2011年06月08日 09:45
  • たかようじ

    日光植物園で 沢山の新しい花との出会いがあり
    楽しませていただきました。ありがとうございます。
    ”ジロボウエンゴサク“ 草花遊びが名前になって
    いるなんて面白いですね。由来を教えてもらうと
    興味が 湧きます。白~い細長~い体に 紅紫色の 
    おどけた表情の花が 何とも言えず、愛らしいです。
    2011年06月08日 10:57
  • shuuter

    私 先日サワフタギ(?)の写真をとりました。現在タンナサワフタギか検討中です。葉の鋸歯を調べております。
    2011年06月08日 11:44
  • tomi

    長さん;こんばんは。
    アイズシモツケ ですか、下野の国と言いますねそれに関わって居るのでしょうか そこに会津が入るとちょっと続かないですね。
    草花は出自はどうであれ 作られた場所と人なんでしょうか?
    コメント有難うございます。
    2011年06月08日 15:21
  • nobara

    ジロボウに会えましたね~~
    苞葉が全縁ですね~こんなにはっきりしてるとヤマエンゴサクと悩まないで済みそう。可愛い花でいっぺんに好きになりました。アスパラ、意外に強くて年中咲いています。私もご近所に根性アスパラがあるので撮りたくなるんですよ。実もちっこくて可愛いです。日光植物園のお花有り難うございました。m(_ _)m
    2011年06月08日 18:54
  • 長さん

    たかようじさん、コメントありがとうございます。
    ジロボウエンゴサク、子どもの遊びに使われていたそうですから、昔はどこにでも咲いていたのでしょうね。
    腕を伸ばして、手を開いたらこんな格好に見えませんか。
    2011年06月08日 20:46
  • 長さん

    shuuterさん、コメントありがとうございます。
    サワフタギが咲いていましたか。ネットで見たら、タンナサワフタギの花もそっくりですね。タンナサワフタギのほうが葉が広いようですが、並べてみないと比較できませんしね。
    2011年06月08日 20:51
  • 長さん

    tomiさん、コメントありがとうございます。
    アイヅシモツケ、会津と下野の両方の地名が入っています。栃木県(下野の国)でよく見られるシモツケの変種が会津で発見されたから、会津下野。ややこしいですね。
    2011年06月08日 20:55
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    ジロボウに会えましたよ。運良くというか、少々後ピンだったので、苞葉がくっきり撮れた写真がありました。これが同定に有効だったとは、怪我の功名でしょうね。
    アスパラガスの花、今度は雌花を探してみることにします。
    2011年06月08日 21:04
  • なおさん

    ズミは戦場ヶ原などでも見かけますよね。清楚な花も可愛らしい実もいいですね。アイズシモツケご覧になりましたか。これもかわいいですね。
     ウワバミソウは山菜でも有名なものですね。オオヤマフスマも可愛らしいです。

     ジロボウエンゴサクも面白い形の花で楽しいですね。武蔵野の雑木林では4月の花ですが、やはり山の方はひと月くらい遅いですね。

     千葉のお城の方にお出かけされましたか。記事が楽しみですね。
    2011年06月08日 22:12
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    今回は初めて行ったので、どこに何が咲いているか分からず、目が左右に泳ぎっぱなしでしたよ。
    ウワバミソウはウドみたいに茹でて食べるらしいですね。粘り気もあるとか。
    ムラサキケマンに続いて、ジロボウエンゴサクにも、やっと出会えましたよ。
    ミステリーツアー、行き先をお楽しみに。
    2011年06月08日 22:46
  • 信徳

    ズミの花は奥日光ではまだ咲いていませんでしたがそろそろでしょう。北側にミョウガを引きぬきアスパラガスを植えたので花が見られるのかな?楽しみです。
    2011年06月09日 06:44
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    奥日光は東照宮周辺より更に1ヶ月春が遅い印象でしたから、ズミはまだかも知れませんね。
    アスパラガスの花は、咲いている期間が長いようですよ。
    2011年06月09日 07:35
  • hiro

    たくさんの花に出会えた実り多い旅でしたね。
    しっかりと楽しませていただきました。ありがとうございます。
    2011年06月09日 22:59
  • 長さん

    hiroさん、コメントありがとうございます。
    日光と奥日光で1、2ヶ月遅い春を楽しんできました。初めて見る花たちにたくさん出会いましたよ。
    2011年06月09日 23:50
  • 小梨

    ジロボウエンゴサクに出会えましたか、いいな~。針のないハリブキもあるんですね。なんだか雄蕊みたいなのが沢山ありますから雄株かもしれませんね。
    2011年06月11日 21:29
  • 長さん

    小梨さん、コメントありがとうございます。
    ジロボウエンゴサク、結構あちこちで目にしましたよ。
    ハリブキはこれから刺が出てくるのでしょうか。シベの本数が多いですから、多分雄株でしょうね。
    2011年06月12日 00:34

この記事へのトラックバック