八重咲きペチュニア「ドレスアップネオ・シリーズ」

 とてもゴージャスなペチュニア(ナス科)を見つけました。新松戸のあるお宅の門扉前に置かれた鉢に、3種類咲いていました。ちょっと失礼して、商品名の名札を見せてもらうと、「八重咲きペチュニア ドレスアップネオⓇ 登録名:ペチュドレラージ」と書かれていました。 
 先ずは、白花(ドレスアップネオ ホワイト)です。2枚目は咲き始めのようです。
画像
画像

 続いて、ピンク(ドレスアップネオ ブラッシュ)。
画像

 3種類目は赤(ドレスアップネオ ローズ)です。これは上の2種類とはちょっとイメージが異なります。
画像

 ドレスアップネオ・シリーズはタキイ種苗から売り出されており、名札には次のように書かれています。
 最大で花径が9cm程度にもなる迫力満点の大輪八重咲き種。花弁の重ねが多く、牡丹を思わせるボリュームのある花は一際豪華です。枝がしなやかに枝垂れるため、高さのあるスタンド鉢で飾るのがおすすめです。※栽培・環境条件により花の大きさは異なります。

 ペチュニアの鉢の横に、蜂のピンが挿してありました。可愛さではビオラに負けません。
画像

 6月24日撮影。

この記事へのコメント

  • 行き当たりばったり

    今晩は。ペチュニアは成長が旺盛で液肥などを補充しないと、元気がなくなりますね。充実してるお花のようです。蜂のピンも面白いです。欲しいですね。
    お花屋さんでも売ってるのでしょうか?
    2011年06月24日 23:24
  • 長さん

    行き当たりばったりさん、コメントありがとうございます。
    成長が旺盛な草花は肥料が欠かせないようですね。
    この蜂の鉢飾り、フラワーピックというそうです。これと同じものがあるかどうか分かりませんが、園芸店に行くと色々な種類が置いてあります。
    2011年06月25日 00:30
  • ケン坊

    なるほど”ドレスアップ”というネーミングが良いですね...八重はさすがにゴージャスに見えます。
    しかも3色も揃えるなんて、この家の方も長さんと同じく花が好きなんでしょうね。
    2011年06月25日 05:35
  • 信徳

    上からクチナシ(八重)、ボタン、バラのようです。改良品種は凄いですね。
    2011年06月25日 05:47
  • 無門

    こんにちは

    八重咲きペチュア
    あの清楚なペチュアとは
    極端にイメージが違って
    認識を変えなくっちゃ
    いけませんね
    2011年06月25日 06:55
  • あいべん

    お早う御座います。
    ふと考えた、長さんが長い間色んなものを
    UP出来るのは何なんだろう?
    もちろん歩いてそして調べて色々な苦労
    も有ると思いますが、それにしても
    凄い事だと・・・。
    私の散歩道何時までネタが続くのか・・・。
    2011年06月25日 06:58
  • 寿々木

    八重咲きのペチュニアは豪華ですね。ドレスアップですか、西洋のよき時代の貴婦人というわけですね。
    2011年06月25日 07:21
  • 目黒のおじいちゃん

    ペチュニアは可愛いです。花好きの方が道行く方々に楽しみをわけてくだる心配りがうれしいですね。
    2011年06月25日 07:41
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    これまでにも八重のペチュニアを見たことがあるのですが、これほどゴージャスなものは初めて見ました。
    ビオラの鉢に挿したフラワーピックといい、花好きなんでしょうね。
    2011年06月25日 07:45
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    クチナシに、ボタンとバラですか。開発者の意図もその辺にあったのかも知れません。新種完成までには苦労があったんでしょうね。
    2011年06月25日 07:48
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    ペチュニアは大変ポピュラーな花ですが、こんなにゴージャスになると、ペチュニアのイメージが変わりますね。
    2011年06月25日 07:50
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    それは、なんと言っても植物の種類の豊富さでしょう。毎日2種類アップしても1000に届きません。それと、あくなき好奇心でしょうか。
    2011年06月25日 07:54
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    中世の貴婦人に例えましたか。確かに、フリルがたくさんついて、スカートをふくらませ、飾りがついた大きな帽子、そんなスタイルを思わせます。
    2011年06月25日 07:56
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    門扉の外にこうした草花を飾っているお宅があると、足を止めたくなりますね。おまけに、写真も自由に撮れますから、嬉しいです。
    2011年06月25日 08:02
  • 菜の花

    門扉前に置かれていた花でしたら日当たりをお考え以前に、もしかしたら通る方へのサービスだったのかもしれませんね。長さんの目を留める事が出来たのは魅力的な花の力ですね。Ⓡとはなるほどです。
     名前にたがわずゴージャスな花ですね。

     私は22日に出かけた時、道すれすれの所にステキなサボテンの鉢が置かれていたので、声をかけて写させて頂きました。「ありがとう。」と言われてしまいました。名前は分からないとの事でしたので帰宅後検索してみましたら、短毛丸という物のようでした。
     花は知らない人同士の話題のきっかけにもなり、いいですね。
    2011年06月25日 08:48
  • 長さん

    菜の花さん、コメントありがとうございます。
    大きめなスタンド鉢に3種類が別々に植えられていました。多分に通行人を意識した配置で、サービス精神の表れでしょう。ありがたい事です。
    短毛丸の花もゴージャスですね。私も知らない花に出会い、家人がいると声を掛けるようにしています。たまには話が弾んで20分も、ということがありました。
    2011年06月25日 09:26
  • SHIGE

    八重咲きペチュアはまた豪華衣装を着たような佇まいですね。
    普通のペチュアとはずいぶん違うよに感じます。
    最近は色んな八重の品種が出ていますので観賞も楽しさが増しますね。
    2011年06月25日 10:24
  • なおさん

    フリフリのドレスが確かにゴージャスな雰囲気に見えますねえ。普通に見るペチチュニアとは大違いです。

     僕の場合、小心者??ですので、なかなか声をかけられませんで、個人宅の花を撮る機会はほとんどなく、自然のなかや公園などで撮る機会がほとんどですねえ。
    2011年06月25日 11:33
  • 長さん

    SHIGEさん、コメントありがとうございます。
    一重のペチュニアとは別の種類の花と思えちゃうくらい豪華な花ですね。育て方によっては花が9cmにもなるというんですから驚きです。
    2011年06月25日 11:49
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    あのペチュニアとは思えないほど豪華な佇まいですね。
    私の場合は、近所が植物園ですから、家人がお見えになれば声をかけて写真を撮らせてもらいます。歳ですから恥ずかしさより、厚かましさです。敷地内で咲いている花でも、道路から見ることが出来れば、写真okと勝手に解釈していますが…。
    2011年06月25日 11:54
  • hanasaku

    豪華なペチュニア見事ですね。ペチュニアってナス科なんですか。驚きです。ついでながら昨日お腹痛くなりました。欲望は怖いと反省です。
    2011年06月25日 19:17
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    ペチュニアとは思えないほどゴージャスですね。
    腹痛になっちゃいましたか。たくさんつまんで食べたんじゃないんですか。
    2011年06月25日 22:05

この記事へのトラックバック