赤い花のイチゴ

 「まさか」と目を疑いました。イチゴの赤い花を初めて見たのですから。アカバナイチゴと呼ばれる観賞用のイチゴです。6月22日、大田区羽田で。
画像

 こちらの花が一番赤かった。
画像

 食用のイチゴはバラ科オランダイチゴ属、アカバナイチゴはバラ科イチゴ属、ベニバナイチゴはバラ科キイチゴ属。
 千葉県のホームページには、こんなことが記載されていました。
 近年、イチゴは実を食べるだけでなく、ガーデニングなど花を観賞するためにも利用されるようになってきました。「女峰(にょほう)」など実を食べる従来の食用イチゴは白い花ですが、観賞用イチゴの花は一般にピンク色や赤色です。
 これまでの観賞用イチゴは、花は楽しめるものの、果実が小さく、甘くないことから、食用には適していませんでした。
 そこで、農林総合研究センターでは「花を見て実を食べたい」という消費者ニーズと、「イチゴを新たな鉢花として商品化したい」という生産者の要望に応え、花がきれいで、実は大きくておいしい「桜香」(ピンクの花が咲く)と「紅香」(赤い花が咲く)を育成し、平成18年9月に品種登録出願をしました。

 イチゴは英語でストロベリー、下の写真はブラックベリー。6月19日、近所で。
画像画像

~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ 

 昨日の暑さで、やっと近所のマサキに花が咲きました。しかし、やっぱり目立たない。ニシキギ科ニシキギ属。
画像
画像

 6月22日撮影。

この記事へのコメント

  • 小梨

    赤い花のイチゴ初めてです。 もっとも苺の白い花もきれいで観賞に耐えますよね。ブラックベリーのピンクの花もいいですね。
    2011年06月24日 00:20
  • なおさん

    紅いイチゴでも実が食べられるのも開発されているのですね。やはり花も実もある、という方が良いですよね。
     マサキの花が咲いてきましたか。やはり地味でおとなしいですね。
    2011年06月24日 05:03
  • あいべん

    お早う御座います。
    イチゴに観賞用が有るのですね。
    好奇心の強い私は多分観賞用と知らなければ
    少し口にしてみるでしょう。
    散歩道で熟した果実が有ると良く口にします。
    考えてみれば乱暴ですね。
    昔食べた事のある果実は安心して口に出来ますが
    知らない果実は恐る恐るペロです。
    最近散歩で気になるのは熟した果実がそのまま
    で収穫っされない事ですね。
    美味しくないのか贅沢になったのか・・・。
    野菜ですらプランタンで収穫時期を過ぎたのを
    見かけます。
    野菜に観賞用は無いはずなのに・・。
    2011年06月24日 05:22
  • 目黒のおじいちゃん

    常識が常識でなくなる瞬間、そんなものを感じました。
    新しい品種をつくることはいいことですね。
    2011年06月24日 05:31
  • ケン坊

    イチゴにも観賞用のイチゴが...
    イチゴの名で思い出すのは”ヘビイチゴ”位しか思い出せません>苦<が、赤系の花を咲かせるんですね。
    マサキの花が咲きましたか。辛抱強く待った甲斐がありましたね。でもあまり目立たない地味な花ですね。
    2011年06月24日 05:35
  • 無門

    おはようございます

    赤いイチゴの花
    世の中何でもありになってきましたね
    こう言った欲望は罪がなさそうで
    いいじゃないですか
    今は違和感があっても
    すぐに馴れてしまうかもね
    2011年06月24日 05:36
  • 信徳

    花を見て実を食べてまさに一石二鳥ですね。今年は孫の為にイチゴを沢山植えました。白い花ですが白い花も綺麗ですよ。
    2011年06月24日 06:33
  • 寿々木

    そちらでも赤花の苺が有りましたか。昨年当地フルーツパークで見かけ、実もなっていました。美味しくないとは書いてありませんでしたが・・・
    2011年06月24日 07:26
  • 長さん

    小梨さん、コメントありがとうございます。
    白いイチゴの花も綺麗ですが、これは赤ですからかなり目立ちます。ブラックベリーも良いですが、花後のしべの姿がちょっといただけません。
    2011年06月24日 07:44
  • 長さん

    なおさん、コメントありがとうございます。
    源氏と平家ではありませんが、白が好きな人もいれば赤の好きな人もいるんですね。千葉県で開発された赤やピンクの花が咲く品種、柔らかいのでいちご狩り専用との情報もありました。
    マサキの花、やっぱり地味ですね。
    2011年06月24日 07:48
  • 長さん

    あいべんさん、コメントありがとうございます。
    知らない果実を少量でも口にするのは考えものですね。一度ネット情報などを調べて、安全なら放置されているものを含め、たくさん食べましょう(笑)。とうが立った野菜が放置してされている光景、私もよく見ますよ。
    2011年06月24日 07:57
  • 長さん

    目黒のおじいちゃん、コメントありがとうございます。
    美しいもの、おいしいもの、そんな新種が出てくることは大歓迎ですね。
    2011年06月24日 07:59
  • 長さん

    ケン坊さん、コメントありがとうございます。
    白い花に赤い実がなるのが苺というイメージが強いですね。赤い花に赤い実だと両方食べたくなる、ってなことはないか。
    マサキの花、長らくお待たせの割にはちょっとがっかり。
    2011年06月24日 08:03
  • 長さん

    無門さん、コメントありがとうございます。
    人間のあくなき欲望、と言ったら言い過ぎかも知れません。赤い花で赤い実ができる苺、いちご狩りに行った子供たちが喜びそう。
    2011年06月24日 08:05
  • 長さん

    信徳さん、コメントありがとうございます。
    お孫さんのために苺を植えましたか。たくさんなるといいですね。お孫さんたちも喜んでいちご狩りをすることでしょう。
    2011年06月24日 08:06
  • 長さん

    寿々木さん、コメントありがとうございます。
    フルーツパークでご覧になりましたか。赤い花が咲くオランダイチゴ属の実だったら美味しいはずですが…。
    2011年06月24日 08:10
  • 菜の花

    このイチゴ大分赤い花ですね。実も食べられる赤花があるなんていいですね。
     うちには何年も前からピンクパンダと言われて頂いたイチゴが庭で勝手に移動しながら咲いています。実は記憶にないです。観賞用です。ランナーが伸びて新しい株が出来ますので少しづつ移動してしまいます。庭を綺麗になさりたい方には移動など手のかかる植物になるかもしれないですね。
     うちはそんなこんなを少しづつ残して草取りをするので庭が綺麗になったように見えないのですよね。

     ブラックベリーもほんのりピンクの花でいいですね。これも植えてみると、あっちこっちから芽が出てしまい、抜くにはトゲがあるし、となってしまいますね。食べる事を考えれば楽しいですが。

     マサキは長さんの執念ですね。お陰で私も歩きながら目に付くマサキが気にかかります。
    2011年06月24日 08:40
  • nobara

    ピンクのイチゴの花は見た事ありますが
    これほど濃いのは初見です。@@/
    これなら観賞ようでもいけますね~
    花も実も楽しめていいかも。
    でも白いイチゴの花だって負けてないですヨネ。
    イチゴは場所を替えないと実にならないとか・・
    畝売りイチゴで次は違う形の畝植えとかききますね。
    2011年06月24日 08:52
  • 長さん

    菜の花さん、コメントありがとうございます。
    写真のアカバナイチゴは多分観賞用がメインで、実が小さいもののようです。観賞用にはピンクの花もあると知りましたが、それが菜の花さん宅にあるものでしょうね。
    イチゴはランナーを伸ばして植えていきますから‘移動性'ですね。実をつけるのに土からの養分を使いつくしてしまうからでしょうか。
    ブラックベリーには棘なし品種も開発されているとか。
    マサキの花、ニシキギ科ですからこんなものでしょうね。
    2011年06月24日 09:42
  • 長さん

    nobaraさん、コメントありがとうございます。
    赤いイチゴの花、初めてご覧になりましたか。花茎が立ち上がる性質らしいので、観賞用には良いでしょうね。
    白い花のイチゴも十分に鑑賞に耐えます。今、NHKの「あさイチ」でイチゴの植替えの仕方を放送していました。秋になったら苗を一時避難させ、土を20cm位掘り返し、堆肥と苦土石灰をよく混ぜて2週間おく、その後植えつける、と講師が説明していましたよ。
    2011年06月24日 09:50
  • teddyy

    こんにちは。
    私も観賞用のイチゴの花があるとは知りませんでした。
    果実が小さくて甘くないというトレードオフがあるとのことで、さすがに一石二鳥とはいかないのですね。何故か少し安心しました。
    2011年06月24日 11:04
  • 長さん

    teddyyさん、コメントありがとうございます。
    観賞用のイチゴとは別に、食用のイチゴでピンクや紅の花が咲く品種を開発したそうですから、こちらは一石二鳥ですね。
    2011年06月24日 12:26
  • 千水

    赤花イチゴを物珍しく買い求めてみましたが
    花はいいとしても、やはり実がイマイチ
    それに少し弱いようで絶えてしまいました
    一石二鳥を狙ったのですが難しいです(#^.^#)
    2011年06月24日 18:24
  • hanasaku

    観賞用のイチゴは初めて知りました。色々品種改良されるのですね。あの、今日おいしそうな木苺と思われる実を見つけたので食べてしまいました。甘かったのですが・・・ちょっと心配。
    2011年06月24日 19:28
  • 長さん

    千水さん、コメントありがとうございます。
    赤い花のイチゴを買ってみましたか。イチゴは同じ鉢に植えっぱなしだと、株が衰えてくるそうで、毎年植え替える必要があるそうです。
    2011年06月24日 22:29
  • 長さん

    hanasakuさん、コメントありがとうございます。
    観賞用のイチゴであっても花も見たいし、実も食べてみたい、人間の欲望は果てしがありません。
    キイチゴらしきものを食べましたか。毒苺と言われるヘビイチゴも食べられるから、殆どはOKなのでしょう。
    2011年06月24日 22:33
  • 海遊

    桜香(桜の香りがする?)とは
    不思議なネーミングですね(笑
    今年の栃木産トチオトメは
    風評被害で気の毒な気がします
    2011年06月26日 17:36
  • 長さん

    海遊さん、コメントありがとうございます。
    イチゴなのに桜とはね、もしかして、桜の香りがするのでしょうか。
    トチオトメに限らず、根拠のない風評には困ったものです。
    2011年06月26日 19:31

この記事へのトラックバック