上野村役場近辺を散策する

 昨日の記事と前後するが、一昨日、一泊お世話になったのは「旅館民宿不二野屋」さん。国民宿舎を除けば、上野村で一番大きな旅館である。最近は、JALの支援班の定宿になっている。画像御巣鷹山事故の際、ご主人は消防団員として捜索に参加されたと言う。ありがとうございます。
 庭先や広間の前には見事な花が咲いている。妻が手入れのやり方を伺うと、あまり水遣りしないのがコツだと奥様は言われる。

 夕食前に、神流川(かんながわ)沿いの上野村役場付近を散策する。岩魚の放流がされており、ルアーを手にした釣り人が多数。バケツや魚篭を持っていないので、キャッチアンドリリースのようだ。左下の写真の右奥、木陰の向こうに上野村役場がある。右下はサクラ?
画像画像









 JALも大変お世話になった上野村役場の庁舎と黒澤丈夫前村長の銅像(在職40年を称える)。
画像画像









 火の見櫓がある風景、懐かしいですね。隣町やJR(高崎線や八高線)に行くには、こんなマイクロバスが1日に8本のみ。
画像画像








 木組みを見せた農家が歴史を感じさせる。  民家の軒先に咲いたハナミズキ。
画像画像








 夕食には、イノシシとクマの陶板焼き、鹿肉の刺身、自宅で取れた山菜など、美味しい料理が並んだ。

この記事へのコメント

  • moo_

    黄色の桜は、無精庵さんが記録していた「ウコン(鬱金)桜」でしょう。中心部分のピンクが可愛いですね。
    2007年05月06日 21:46
  • 長さん

    ウコン桜らしいとは思っていました。ありがとうございます。
    2007年05月06日 23:24

この記事へのトラックバック