清瀧院(千葉県流山市)にて(2) 桜(エドヒガン系枝垂れ桜、ソメイヨシノ)、カエデ、ゴールデンクラッカー、ドウダンツツジ、ツバキ、ゲンペイモモ

 千葉県流山市にある清瀧院に枝垂れ桜とソメイヨシノを見に行ってきました。  前記事では、シダレザクラの古木や本殿前のソメイヨシノ、墓地との境に植えられた陽光桜を紹介しましたが、今回はそれ以外の場所で見た桜などを紹介します。 枯山水 この寺は、近年、墓地を開発。売れ行きが良かったようで、2018年に 庫裡や客殿を新築し、墓地の北側には枯山水の庭園が造られました その周囲にも3本の…

続きを読む

清瀧院(千葉県流山市)にて(1) 桜(枝垂れ桜、ソメイヨシノ、陽光)

 千葉県流山市にある清瀧院に枝垂れ桜とソメイヨシノを見に行ってきました。近くには運転免許センターがあり、近々免許の更新に行く予定です。  荒井山清瀧院は1450年代の創建とみられ、戦国時代に53ケ所の末寺を有した真言宗宗豊派の寺院です。本尊は不動明王で、小金牧牧士頭を勤めた綿貫家の墓所としても知られています。  境内には樹齢400年とも言われるシダレザクラ(江戸彼岸)があります。4月2日に下…

続きを読む

キンセンカ、ネモフィラ、ルッコラ、イヌシデとアカシデの雄花序、ヒメツゲ、ゲンペイモモ、ハナズオウ

 最近の街中歩きで撮り溜めた花です。 キンセンカ(金盞花) キク科キンセンカ属の多年草(春咲き一年草)。原産地は地中海沿岸。宿根 草タイプは冬を越すので「冬知らず」と呼ばれる。別名:カレンデュラ、 ポットマリーゴールド。舗装道路と敷地の細い隙間も根を下ろしていた ネモフィラ・インシグニスブルー(メンジェシー) ムラサキ科ネモフィラ属の一年草。北アメリカ原産 ネモフィ…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その8) 越後丘陵公園にて(4) アザレア展示 & 我が家のアザレアなど

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、越後丘陵公園の雪割草展と同じ場所で見た「アザレア」の展示を紹介します。  アザレアはツツジ科の常緑低木で、東南アジア原産のツツジがヨーロッパへ渡り、室内観賞用として改良された品種です。  日本国内では新潟県が鉢物生産量第…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その8) 越後丘陵公園にて(3) 雪割草の色々③ & 近所の花たち(ボケ、フリージア、キバナハナニラ、アネモネ)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、1日目に訪れた越後丘陵公園で開催されていた「雪割草展」(国際雪割草協会甲信越支部による)の紹介の続きです。 展示の様子です(100鉢以上あるでしょうか) 「万両」 標準花 「春の宴」(妖精咲き) …

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その7) 越後丘陵公園にて(2) 雪割草の色々② & 近所の花たち(ナガミヒナゲシ、ノゲシ、ツタバウンラン、ラッセルルピナス、ムスカリ)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、1日目に訪れた越後丘陵公園で開催されていた「雪割草展」(国際雪割草協会甲信越支部による)の紹介の続きです。 展示の様子です(100鉢以上あるでしょうか)  ご存じの方も多いでしょうが、「雪割草」は日本に自生する品…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その6) 越後丘陵公園にて(1) 雪割草の色々①

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、1日目に訪れた越後丘陵公園で開催されていた「雪割草展」で見た花の紹介です。この日は「国際雪割草協会甲信越支部による展示」の最終日で、ポット植えの即売会も行われていました。他に、アザレア展なども開催中でした。 越後丘陵公園の…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その5) 雪国植物園にて(3)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、2日目に訪れた雪国植物園で見た花などの続きです。  敷地の北西部、南向き斜面を登りますが、下ってきた方々に伺うと、異口同音に雪割草が咲いていないと仰る。それでも自分の目で確かめようと登っていきましたが、やはり見つかりません…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その4) 雪国植物園にて(2)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、2日目に訪れた雪国植物園で見た花などの続きです。 ミズバショウ(水芭蕉) サトイモ科ミズバショウ属の多年草 フキノトウ(蕗の薹) キク科フキ属の多年草 キクザキイチゲ(菊咲一華)の群落 …

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その3) 雪国植物園にて(1)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、2日目に訪れた雪国植物園(関越自動車道の長岡ICより車で10分ほど)で見た花などの報告です。 雪国植物苑の東口です(南口は閉鎖中) 「雪割草街道」と「雪国植物園」の幟旗が風になびいています 今年から入園料が40…

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その2) 大崎雪割草の里(2)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。2012年にバスツアーで初めて訪れ、今回で6回目です。今回は時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。  今回は、1日目に訪れた大崎雪割草の里のレポートの続きです。 遊歩道の最高地点には東屋がある その左手はヤブツバキ(薮椿) 雪割草を見ながら下ります …

続きを読む

越後雪割草街道の旅_2024年3月(その1) 大崎雪割草の里(1)

 3月24日から1泊で、「越後雪割草街道の旅」をしてきました。2012年にバスツアーで初めて訪れ、今回で6回目です。今回は時間的な関係もあり、初日に国営越後丘陵公園と大崎雪割草の里、2日目に雪国植物園を見学してきました。 越後雪割草街道とは  雪割草の群生地を保護・公開している「大崎雪割草の里(約30万株)」、「雪国植物園(約50万株)」、「国営越後丘陵公園(約22万株)」、「妙法寺(約…

続きを読む

第78回JOGA洋らん展にて(5) ホワイトリボンの作品から

 3月16日、国営昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「第78回JOGA洋らん展」(3/15~18)を見に行ってきました。なお、JOGAは「日本洋蘭農協協同組合」の略号です。  今回は、平台展示された作品の中から、レッドリボンの作品を紹介しようと思います。会場が暗いので、赤い花の色がつぶれてしまいました。 パフィオペディルム・ミクランサム ‘SIV-1’ Paph, micr…

続きを読む

第78回JOGA洋らん展にて(4) レッドリボンの作品から

 3月16日、国営昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「第78回JOGA洋らん展」(3/15~18)を見に行ってきました。なお、JOGAは「日本洋蘭農協協同組合」の略号です。  今回は、平台展示された作品の中から、レッドリボンの作品を紹介しようと思います。 パフィオペディルム・ミクランサム・アルバム ‘セクシー’ Paph. micranthum fma. album 'Se…

続きを読む

エドヒガン系の枝垂れ桜(松戸競輪場の近く)& 十月桜(我が家の近所)

 JR常磐線の北松戸駅から徒歩4,5分のところ松戸競輪場があります。その敷地の東側に、北から南に流れる新坂川があるのですが、その左岸に、早咲きの枝垂れ彼岸の並木があります。  オグリ君さんのブログ「オグリ君の散歩道 & 写真で一句」(こちら)によれば、3月16日頃に咲き始めた(昨年より2週間ほど遅い)とのことですが、もう見頃は過ぎたかなと思いつつ、快晴となった3月27日に見に行ってきました。 …

続きを読む

第78回JOGA洋らん展にて(3) フレグランス審査部門の作品から

 3月16日、国営昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「第78回JOGA洋らん展」(3/15~18)を見に行ってきました。なお、JOGAは「日本洋蘭農協協同組合」の略号です。  今回は、出入り口に近いスペースに展示された「フレグランス審査部門」に出展された作品の中から紹介します。 フレグランス審査部門の展示の様子 入口を入ってすぐ右手、以前、喫茶店が入っていたスペースです…

続きを読む

第78回JOGA洋らん展にて(2) 優秀作品(ブルーリボン)の紹介(2)

 3月16日、国営昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「第78回JOGA洋らん展」(3/15~18)を見に行ってきました。なお、JOGAは「日本洋蘭農協協同組合」の略号です。  今回は、優秀作品(ブルーリボン)の後半を紹介しようと思います。なお、各賞の重複受賞はありません。 ブルーリボン作品の展示の様子 < 大場グローバルプランツ賞 > フラグミペディウム・ノアルモ…

続きを読む

第78回JOGA洋らん展にて(1) 優秀作品(ブルーリボン)の紹介(1)

 3月16日、国営昭和記念公園の花みどり文化センターで開催された「第78回JOGA洋らん展」(3/15~18)を見に行ってきました。なお、JOGAは「日本洋蘭農協協同組合」の略号です。  今回は会場の様子と優秀作品(ブルーリボン)の前半を紹介しようと思います。 ウェルカムフラワー(デンドロビュームなど) ↑ 左奥は業者さんのブース  右奥はフレグランス審査部門 ↑ 更に進むと、右…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(11) 絶滅危惧植物温室にて(コウヤミズキ、フクジュソウ、ツクシチャルメルソウ、カンアオイの色々)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回はシリーズ最終回で、絶滅危惧商物温室で見た花などを紹介します。 コウヤミズキ(高野水木) マンサク科トサミズキ属の落葉低木。本州中部地方~四国・九州に分布 別名:ミヤマトサミズキ(深山土佐水木) フクジュソウ(福寿草)‘紅撫子’ キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。園芸品種…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(10) ジュエル・オーキットの色々

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回は、受付がある教育棟で展示されたジュエル・オーキッドの中から紹介します。 ジュエル・オーキッドってなに? 多くの品種がガラスケースの中に密植されていました 上の写真の反対側から アネクトキルス・アルボリネアータス Anoectochilus albolineatus…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(9) 熱帯雨林温室にて(2)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回は、熱帯雨林温室で見た花などの紹介、その2です。 エスキナンサス・種名不詳 イワタバコ科エスキナンサズ属のツル性着生植物。原産はジャワ島など この属はアジアの熱帯や亜熱帯地域におよそ140種分布しており、 日本にも西表島に1種、ナガミカズラ(長実蔓)が知られています その1 …

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(8) 熱帯雨林温室にて(1)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回は、研修展示館で持参のランチを食べた後に入った、熱帯雨林温室で見た花などを紹介します。  この日は、いつもとは逆回りで、2階東側の回廊で見た花からです。 ヒッペアストルム・ミニアツム ヒガンバナ科ヒッペアストルム属(←アマリリス属)の多年草 原産はペルーなどのアンデス山脈。アマリリス…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(7) サバンナ温室にて

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回は、ラン展を見る前に入った、サバンナ温室で見た花などを紹介します。先ずは、サバンナ温室の入口前に置かれた鉢植えから・・・。 ラケナリアの一種  初見です キジカクシ科ラケナリア属の球根植物。ナミビアや南アフリカに115種類 ほど分布するが、名札にはsp.(species=種)としか記載…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(6) 「世界の美しいラン」(3団体共同展示会)の作品から(4)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  「世界の美しいラン」という表題となった、3つのラン愛好団体(つくば洋蘭会、水戸市植物公園蘭科協会、らん友会龍ケ崎)の展示で見た作品を紹介しています。 カトレア・ドゥバリアナ C. Duvaliana ( C. lueddemanniana × C. purpurata ) 古典的交配種 小野寺…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(5) 「世界の美しいラン」(3団体共同展示会)の作品から(3)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  「世界の美しいラン」という表題となった、3つのラン愛好団体(つくば洋蘭会、水戸市植物公園蘭科協会、らん友会龍ケ崎)の展示で見た作品を紹介しています。 平台展示の様子です 熱帯資源植物温室前の通路際にテーブルやバーを仮設しています 15時を過ぎると見学者も減ってきました。右手前はベニヒモ…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(5) 「世界の美しいラン」(3団体共同展示会)の作品から(2)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  「世界の美しいラン」という表題となった、3つのラン愛好団体(つくば洋蘭会、水戸市植物公園蘭科協会、らん友会龍ケ崎)の作品展示で見た作品を紹介しますが、今回は優秀作品の続きと、。 優秀作品の展示の様子(再掲) 今回は、最上段と上から2段目の中央~左の作品です カタセタム・ブラック パ…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(4) 「世界の美しいラン」(3団体共同展示会)の作品から(1)

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回から、「世界の美しいラン」という表題となった、3つのラン愛好団体(つくば洋蘭会、水戸市植物公園蘭科協会、らん友会龍ケ崎)の作品展示で見た作品を紹介します。 作品展示の案内板(熱帯資源植物温室前) つくば洋蘭会のウェルカムフラワー カトレア・ズイホー C. Zuiho …

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(3) 植物園の野生ランコレクションから(2) 

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回も、研修展示館に展示された「世界の珍しい野生ラン」(つくば植物園の野生ランコレクション)で見た品種から紹介します。  なお、いずれも今までに紹介したことが無い、珍しい品種です。 パフィオペディルム・デレナティイ Paph. delenatii  中国南部、ベトナムに分布 上と同じ…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(2) 植物園の野生ランコレクションから(1) おすすめの野生ラン、香りのコンテストなど

 3月10日、つくば植物園で開催された「つくば蘭展」(3/10~17)を見に行ってきました。  今回は、研修展示館に展示された「世界の珍しい野生ラン」(つくば植物園の野生ランコレクションから)で見た品種から紹介します。 研修展示館1階の展示室入口です 「野生ランコレクション展示」と染め抜かれた幟旗は初めて見ました まずは、植物園がおすすめの野生ラン 6種の紹介です (各種の…

続きを読む

つくば植物園にて_2024年3月(1) サクラ。ウメ。ミツマタ、ヤブツバキ、ユキワリイチゲ、セツブンソウ、オオミスミソウなど

 3月10日、つくば植物園でこの日から始まった「つくば蘭展」を見に行ってきました。良く晴れた日曜日とあって、駐車場は満車で、200mほど離れた筑波研究施設の駐車場へ案内されました。 植物園の門の右手前で、カワヅザクラが満開でした つくば蘭展の案内チラシです(画像クリックで2頁のPDFが開きます)  受付のある教育棟では「ジュエルオーキッド」の展示があったのですが、見学者…

続きを読む